大森「月の小路」和柑橘のジントニック&司牡丹ゆず酒のスプリッツァ
komichibar01.jpg

和とBAR「月の小路」 2017年1月16日オープン

2016年12月26日にプレオープンしたホテル「グランティオス 別邸」の2階

komichibar02.jpg

ホテルのグランドオープンは2月20日予定

工事していた昨年の秋に2月開業予定と確認して、そう思っていたんだけど、
たまたま通り掛りに祝い花を見て開店に気が付きました。

komichibar03.jpg

寿司カウンターとバーカウンターの二刀流

komichibar04.jpg

右手には寿司カウンター

和柑橘のジン&トニック(700円/税別、以下同じ)

komichibar05.jpg

かぼすを使ってライムに比べるとほんわか

お通し(500円)

komichibar06.jpg

白子があると日本酒が欲しくなる~ということでチョット近いモノ

司牡丹ゆず酒のスプリッツァ(700円)

komichibar07.jpg

土佐れいほくの柚子を使用した日本酒ベースのリキュールのスプリッツァ

テーブル席もあり

komichibar08.jpg

“和とBAR”だけにワインは日本のモノ

高畠バリック上和田ピノ・ブラン樫樽熟成(800円)

komichibar10.jpg

日本ワインにしてはコクのある白ワイン

北海道ミュラートゥルガウ(800円)

komichibar09.jpg

ドイツワインっぽいサッポロビールのワイン

階段だとキツい場合はホテル内のエレベーターでアクセス可能

komichibar11.jpg

大森駅周辺を中心に「だら毛」などを展開する地域密着系ティオスグループのお店
大半のお店は品川区南大井だけど、新店は大田区大森北一丁目

komichibar12.jpg


■過去記事
≫ 大森「月の小路」新店オープン&月花

和とBAR 月の小路(つきのこみち)
東京都大田区大森北1-1-7 グランティオス 別邸 2階

テーマ:バー - ジャンル:グルメ

[2017/01/23 23:00] | 大森)バー | コメント(0) | page top
大森「月の小路」新店オープン&月花
komichiopen01.jpg

和とBAR「月の小路」 2017年1月16日オープン

2016年12月26日にプレオープンしたホテル「グランティオス 別邸」の2階

komichiopen02.jpg

ホテルのグランドオープンは2月20日予定

工事していた昨年の秋に2月開業予定と確認して追記もしたけど、
たまたま通り掛りに祝い花を見て開店に気が付きました。

komichiopen03.jpg

ホテル脇の竹が並ぶエントランスから二階へ

寿司カウンターとバーカウンターの二刀流

komichiopen04.jpg

掘ってあるタイプの寿司カウンターに靴を脱いで着席

北雪 純米/グラス(800円/税別、以下同じ)

komichiopen05.jpg

ワイングラスとは別のオサレなグラス

お通し(500円)

komichiopen06.jpg

早くもそら豆が登場

十三夜(1,200円)

komichiopen07.jpg

十三夜は刺身三種、イナダ・鮪・平目

会津中将 純米初しぼり/グラス(850円)

komichiopen08.jpg

グラスの日本酒は120ml

菜の花のからしあえ(600円)

komichiopen09.jpg

初春ってカンジ~

本日の白ワイン(800円)

komichiopen10.jpg

“和とBAR”だけに日本のワイン、この時は大分県のソーヴィニヨンブラン

お魚は刺身の他に焼魚や煮魚を選べます。

komichiopen11.jpg

その日のお魚は“今宵のおすすめ”のページに記載

超王祿/一合(1,400円)

komichiopen12.jpg

そして一人前寿司皿を注文

月花(3,000円)

komichiopen13.jpg

「月花」は一人前寿司皿、カウンターだったので鮪(マグロ)から順番に

平目(ヒラメ)

komichiopen14.jpg

鱸(スズキ)と鮪(マグロ)

komichiopen15.jpg

赤貝(アカガイ)

komichiopen16.jpg

子持ち昆布

komichiopen17.jpg

雲丹(ウニ)とイクラ

komichiopen18.jpg

たまご焼き

komichiopen19.jpg

巻物はトロめの鉄火巻

komichiopen20.jpg

ここまでが「月花」

光り物を食べたくて小肌(コハダ)を注文

komichiopen21.jpg

穴子(アナゴ)は2個注文

komichiopen22.jpg

“和とBAR”、“お寿司とバーのダブルカウンター”という謳い文句に
実は握り鮨にはあまり期待していなかったのが正直なところ。
居酒屋系寿司店のような中途半端な職人とお寿司かもしれないと思ったけど、
ここの親方は握りの技術がありスタンダードな握り鮨で嬉しい誤算(^^)

もちろん値段を見ても銀座の高級店とお魚の質は違うけど、
すし種・すし飯・握りの技術の三位一体と思っている私
その中ですし種の質は値段と比例するところがあり難しいところ
でも、他の二つが揃えばお寿司としてはおいしいはず

この手のお店だとすし飯は砂糖と調味料が多くベチャッとすることが多いけど、
すし飯は味付け控えめで割とすっきり(もっとお酢と塩が効いている方が好みだけど)

komichiopen23.jpg

大森駅周辺を中心に「だら毛」などを展開する地域密着系ティオスグループのお店

振り返るとバーカウンター、その話は次回~

komichiopen24.jpg


和とBAR 月の小路(つきのこみち)
東京都大田区大森北1-1-7 グランティオス 別邸 2階

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2017/01/22 23:00] | 大森)鮨・お寿司 | コメント(2) | page top
大森「ソバダイニング クワトロ」Yama(山)
quattroyama01.jpg

SOBA DINING QUATTRO(ソバダイニング クワトロ)

Umi 海、Sora 空、Yama 山、Kawa 川と四種類のそばを提供するから“quattro”

quattroyama02.jpg

オープンからこれまで『海』と『空』の2種類で営業
他は準備中だったけど1月11日から3種類目登場

Yama/山(780円)

quattroyama03.jpg

Yama(山)は熟成醤油鶏そば

quattroyama04.jpg

アゴ出汁も選択可

「海」の麺よりチョッピリ太いかな?のストレートな細麺

quattroyama05.jpg

そして「海」のに比べるとパッツンとした麺、おいしい

チャーシューというよりローストポークはちょっと燻製なカンジ

quattroyama06.jpg

お肉が花びらで柚子皮がめしべかな?

それに薄切りのラディッシュ

quattroyama07.jpg

メンマ、ほうれん草、お肉、そして海苔が単縦陣にて航海
まだ解説書は改訂されていなかったので単縦陣の意図は不明(笑)

今日のご飯(200円)

quattroyama08.jpg

最初の頃ごはんは昼のみ、その後も昼で売り切れだったりで初めて
この日は鳥五目ごはん

濃厚芳醇鶏そば系というより、ラーメンとか中華そば寄りの印象

quattroyama09.jpg

あっさりじんわりの醤油ラーメン
これでソバダイニング トレ(TRE)です(^^)

quattroyama10.jpg

普通のグラスになったの?と思ったら底にお店のマーク

quattroyama11.jpg

切子なグラスは予備になったらしい

“山”を発売したことだし、しばらく無休で営業するとのこと。

quattroyama12.jpg


■過去記事
≫ 大森「ソバダイニング クワトロ」Umi(海)特製
≫ 大森「クワトロ」新店オープン&Sora(空)

SOBA DINING QUATTRO(ソバダイニング クワトロ)
品川区南大井6-8-9

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2017/01/20 23:00] | 大森)麺・ラーメン | コメント(2) | page top
銀座「CROSSING CAFE」MACCHI-ART(マキアート)
crossingcafe03.jpg

NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)

サッポロ銀座ビルにあった「日産ギャラリー」がNISSAN CROSSINGとして復活
変わり行く銀座の中で、そこにあるのが当たり前のものが戻ってきてウレシイ

crossingcafe01.jpg

昨年9月銀座プレイスの開業と同時にオープン

crossingcafe02.jpg

1階のセンターステージだけではなく2階にも展示

crossingcafe04.jpg

目立たないけど2階の奥(築地寄り)にも続いています。

crossingcafe05.jpg

そこには「CROSSING CAFE」

crossingcafe06.jpg

カウンターで注文

MACCHI-ART(400円)

crossingcafe07.jpg

カフェラテにプリントできるMACCHI-ART(マキアート)
さすがにこれは人の技によるラテアートではなくマシンが描画

テーブルへ運んでも崩れない~

crossingcafe08.jpg

9種類のデザインからSKYLINE 2000GT-Rを注文
昔、ロレンス父もGT-Rではないけどハコスカに乗っていたらしいので選択

その場で店員さんにタブレットで撮影してもらって顔写真を描くことも可能
外国人観光客らしきカップルが注文して、出来上がりを見て喜んでいました。

crossingcafe09.jpg

卓上には館内情報などを閲覧できるタブレット

NISSAN GRIPZ CONCEPT

crossingcafe10.jpg

これは展示されていたコンセプトカー

crossingcafe12.jpg

チョット時間が空いて休憩したい時、でもお店に入るのは面倒、
そんな時にちょうどいいスポット。それにとっても便利な場所

crossingcafe11.jpg


CROSSING CAFE
中央区銀座5-8-1 銀座プレイス2F NISSAN CROSSING内

その他の情報は
続きを読む

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

[2017/01/18 23:00] | カフェ・喫茶・甘味 | コメント(0) | page top
大森「入新井 愛知家」鴨焼き
aichikamoyaki01.jpg

昭和八年創業の「入新井 愛知家」

そば焼酎(720円)

aichikamoyaki02.jpg

寒い日には蕎麦湯割り

aichikamoyaki03.jpg

自分のペースで配分できるもいい

鴨焼き(1,550円)

aichikamoyaki04.jpg

あちらほどではないけどなかなかのボリュームの国産鴨肉

aichikamoyaki05.jpg

もちろん鴨といえばの葱も

aichikamoyaki06.jpg

ここでも鴨肉はその時々で個体差があるカンジ

aichikamoyaki07.jpg

寒いと温かいそばを注文することが多い

天ぷらそば(1,600円)

aichikamoyaki08.jpg

「愛知家」は「チューボーですよ!」の『街の巨匠』として“天ぷらうどん”や“カレーうどん”で登場

aichikamoyaki09.jpg


■過去記事
≫ 大森「入新井 愛知家」さらし冷麦&さらしそうめん
≫ 大森「入新井 愛知家」鴨せいろ&七草がゆ
≫ 大森「入新井 愛知家」天ぷらそば&七草がゆ
≫ 大森「入新井 愛知家」とり南蛮カレー
≫ 大森「入新井 愛知家」ざるそば
≫ 大森「入新井 愛知家」の湯豆腐
≫ 大森「入新井 愛知家」の鴨しゃぶ御膳
≫ 大森「入新井 愛知家」のカレー南蛮
≫ 大森「入新井 愛知家」のかき玉子そば&七草がゆ
≫ 大森「入新井 愛知家」の玉子どじそば&さらしそうめん
≫ 大森「入新井 愛知家」の鍋焼きうどん
≫ 大森「入新井 愛知家」のかきそば
≫ 大森「入新井 愛知家」のそば

入新井 愛知家
大田区大森北1-26-2 愛知家ビル1F

周辺情報は
続きを読む

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

[2017/01/17 23:00] | 大森)そば・蕎麦・うどん | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>