芝「マンチズバーガーシャック」テリヤキバーガー
munchsteriyaki01.jpg

夜のマンチズバーガーシャックはビールいろいろ~

munchsteriyaki02.jpg

つまみもいろいろ~

オニオンリング・スモール(350円)

munchsteriyaki03.jpg

ケチャップとマスタードを混ぜて食べました。

munchsteriyaki04.jpg

クラフトビール

ブルームーン(650円/1/2pint)

munchsteriyaki05.jpg

オレンジ添えのホワイトビール

チリビーン(200円)

munchsteriyaki06.jpg

ディップミニサイズがつまみに丁度いい

ラグニタス IPA(700円)

munchsteriyaki07.jpg

6.2%とアルコール度数高めなので飲み過ぎ注意(^^)/

テリヤキバーガー(1,200円)

munchsteriyaki08.jpg

自家製フライドポテト付き

munchsteriyaki09.jpg

ナチュラル系のフライドポテト

テリヤキソースのかかったパティ

munchsteriyaki10.jpg

他にはマスタ-ド・マヨネーズ・レタス・トマト・スイートレリッシュ・クラッシュオニオン

ソフトドリンクは一部除いて380円

munchsteriyaki11.jpg

まだ夕飯時でも明るさの残る季節だったのでアイスコーヒー

もちろん昼間も食べられるテリヤキバーガー

munchsteriyaki12.jpg

ランチはフライドポテトかサラダの選択

munchsteriyaki13.jpg

ランチドリンク(+150円)

munchsteriyaki14.jpg

ジンジャーエール

ランチスープ(+300円)

munchsteriyaki15.jpg

ランチスープは日替わり、この日はガンボ

USビーフの赤身肉を中心に切ったり叩いたりして作られたパティ

munchsteriyaki16.jpg

相変わらず肉々しいパティ

トランプ大統領が来日してここのハンバーガーを食べてから一年経過
さすがに大行列はなくなったけど人気のランチスポットとして昼時は混雑

munchsteriyaki21.jpg


■過去記事
≫ 芝「マンチズバーガーシャック」モッツァレラチーズバーガー
≫ 芝「マンチズバーガーシャック」ライスプレート
≫ 芝「マンチズバーガーシャック」グリルオニオンバーガー
≫ 芝「マンチズバーガーシャック」のハンバーガー
≫ 芝「マンチズバーガーシャック」ペッパージャックチーズバーガー
≫ 芝「マンチズバーガーシャック」ゴーダチーズバーガー
≫ 芝「マンチズバーガーシャック」リブアイステーキバーガー
≫ 芝「マンチズバーガーシャック」コルビージャックチーズバーガー
≫ 芝「マンチズバーガーシャック」スタンダードバーガー
≫ 芝「MUNCH'S BURGER SHACK」チェダーチーズバーガー

MUNCH'S BURGER SHACK(マンチズバーガーシャック)
港区芝2-26-1 i・smartビル1F・2F

その他の情報は
続きを読む

テーマ:ハンバーガー - ジャンル:グルメ

[2018/11/14 23:00] | 芝・芝公園 | コメント(0) | page top
大森「喜多方ラーメン 坂内」喜多方ラーメン
kitakataramen01.jpg

喜多方ラーメン 坂内

たまに食べるけど全国展開しているチェーンだしアップしていなかったけど、
運営する「麺食」の本社は大森北二丁目、京急大森海岸駅の近くの地元企業

kitakataramen02.jpg

アメリカにも進出し、なんとニュージャージー州にも昨年出店
ニュージャージー州から“自由の女神”へ向かうフェリー乗り場のある
JerseyCityのLiberty State Parkの近く

喜多方ラーメン 坂内 大森店

kitakataramen03.jpg

1988年に一号店を出店した喜多方ラーメン坂内、
その三年後の1991年と早い時期に開店した店舗

西口を出てすぐ、同じく麺食が運営する「麦の城」があり、
それを回り込むような場所に入口があり、「香梅」の隣

kitakataramen04.jpg

一階には小さなカウンターとテーブル、二階はテーブル席

生ビール・中(520円)

kitakataramen05.jpg

餃子(360円)

kitakataramen06.jpg

ヤサイな餃子は3個だと240円

窓の向こうには町田書店

kitakataramen07.jpg

右へ上がって行くと同じ麺食の「笑庵」があります。

喜多方ラーメン(650円)

kitakataramen08.jpg

澄んだ豚骨スープのあっさり醤油ラーメン

kitakataramen09.jpg

ラーメンを注文する際に「太麺と細麺が選べます」と告げられるので太麺を選択
喜多方ラーメンを現地(たしか「あべ食堂」)で食べたのはずいぶん前のことだけど、
やっぱり喜多方ラーメンといえば太麺のイメージ

kitakataramen10.jpg

ピロピロした食感が楽しい平打ちで太めの縮れ麺

そして、大森には二店舗

喜多方ラーメン 坂内 大森東口店

kitakataramen11.jpg

「鳥久」の近く、安田病院の隣

kitakataramen12.jpg

こちらも1993年と開店は比較的早く、以前は“小法師”

その頃に食べた味玉のお皿にも“小法師”

kitakataramen13.jpg

昨年9月にリニューアルし今ではここも“坂内”

喜多方ラーメンとミニ炙り焼豚ご飯(830円)

kitakataramen14.jpg

喜多方ラーメンと甘く濃いタレのミニ炙り焼豚ご飯の組み合わせ

kitakataramen15.jpg

客層はラーメン店にしては年齢層高めなカンジ
麺は違うけどいわゆる東京ラーメンに近いのがあるかも

kitakataramen16.jpg

二店とも安定した人気の喜多方ラーメン坂内

kitakataramen17.jpg


喜多方ラーメン 坂内 大森店
大田区山王2-2-11

喜多方ラーメン 坂内 大森東口店
大田区大森北1-11-18

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2018/11/12 23:00] | 大森)麺・ラーメン | コメント(0) | page top
新横浜ラーメン博物館「RYUS NOODLE BAR」鶏白湯味噌ラーメン
misoryus01.jpg

新横浜ラーメン博物館の逆輸入ラーメン第五弾はカナダから~

misoryus02.jpg

2018年10月にオープンした「RYUS NOODLE BAR」

misoryus03.jpg

初回は代表的な塩ラーメン、今回は味噌ラーメン

ヱビス マイスター(500円)

misoryus04.jpg

匠の大山鶏チャーシュー切り落とし(100円)

misoryus05.jpg

西京味噌薫る鶏白湯味噌ラーメン(950円)

misoryus06.jpg

“西京味噌薫る”というだけにやや甘めで香りの良い味噌ラーメン

鶏白湯スープに味噌ダレのスープ

misoryus07.jpg

前回の塩ラーメンの麺よりも太めの縮れ麺

misoryus08.jpg

自家製スモークメイプルバター(100円)

misoryus09.jpg

今回はメープルリーフではなく星、ちょうどいいシリコーンモールドがないそうで・・・
前回より合う気がするのは味噌バターになるから当然か?コーンも追加すればヨカッタ

misoryus010.jpg

RYUS鶏白湯ラーメンも悪くないけど、味噌ラーメンの方が個性的な風味
東京には洗練された鶏白湯があるのでどうしても比較しちゃうし・・・
次はカリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン

misoryus11.jpg


■ラーメン博物館過去記事
≫ 新横浜ラーメン博物館「RYUS NOODLE BAR」RYUS鶏白湯ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢お楽しみプラン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」地酒飲み比べセット
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢ラーメン “Null”
≫ 新横浜ラーメン博物館「YUJI RAMEN」ツナコツラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「利尻らーめん 味楽」焼き醤油らーめん
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢ラーメン(新)
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」グルテンフリーラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」二周年記念鶏だしラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」つけ麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「こむらさき」ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢日式らーめん
≫ 新横浜ラーメン博物館「支那そばや」鍋焼きらぁ麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」ぐるぐるソーセージ
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」ソーセージ2種盛り
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」ベジタリアン味噌ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「CASA LUCA(カーザ ルカ)」 ペペロンチーノ和え麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「居酒屋りょう次」スクガラス豆腐
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」焦げ味噌ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「NARUMI-IPPUDO」コンソメヌードル
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」TONKOTSU
≫ 新横浜ラーメン博物館「元祖 名島亭」築炉釜出しとんこつラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢ツヴァイテラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「すみれ」のチャーハン
≫ 新横浜ラーメン博物館「IKEMEN HOLLYWOOD」ジョニーディップ
≫ 新横浜ラーメン博物館「谷口食堂」鍋焼きラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「二代目 げんこつ屋」塩ら~めん
≫ 新横浜ラーメン博物館「かもめ食堂」気仙沼ラーメン 潮味
≫ 新横浜ラーメン博物館「麺の坊 砦」のりと半熟玉子
≫ 新横浜ラーメン博物館「中華そば 坂本」中華そばセット
≫ 新横浜ラーメン博物館「頑者」つけめん&つけあつ
≫ 新横浜ラーメン博物館「中華そば 坂本」中華そば
≫ 新横浜ラーメン博物館「大砲ラーメン」の昔ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「らぁ麺むらまさ」玄界灘塩らぁ麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「蜂屋」みそラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「らーめんの駅」の味噌ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「牛乳屋食堂」牛乳屋ミニセット
≫ 新横浜ラーメン博物館「けやき」の味噌コーンバターラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「一力」ワンタンメン
≫ 新横浜「新横浜ラーメン博物館」の夏麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「一力」の中華そば
≫ 新横浜ラーメン博物館「こむらさき」の春麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「春木屋」の冬麺
≫ 「新横浜ラーメン博物館」の冬麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「Bar 35ノット」のチャイナ・ブルー
≫ 新横浜ラーメン博物館「ふくちゃん」のラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「蜂屋」の復刻ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「支那そばや」の醤油らぁ麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「井出商店」の特製中華そば
≫ 新横浜ラーメン博物館「こむらさき」の王様ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「けやき」の味噌ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「春木屋」の中華そば
≫ 新横浜ラーメン博物館「龍上海」の赤湯からみそラーメン

新横浜ラーメン博物館
横浜市港北区新横浜2-14-21

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2018/11/11 23:00] | ラーメン博物館 | コメント(0) | page top
大森「茶々」閉店
chachalast01.jpg

「茶々」2018年10月31日をもって閉店

chachalast02.jpg

終盤にはお疲れさまの祝い花が贈られていました。

chachalast03.jpg

5月に閉店予定を知った時に「はつ半さん閉店の時のようになりますね」と話をしたら、
「いえいえ、ウチは静かに終わると思います」と言っていたけど、そんなワケはない

9月まではほぼ普段通り、10月に入るとまず土曜日が混雑し、中旬からは平日も行列
特に最後の土曜日は大混雑で、前を通った人に聞いたら10時には数人並んでいたそう

chachalast04.jpg

開店後は店内に数人、階段にも人がいる状態
外から見える行列以上に入店待ちの人だったはず

chachalast05.jpg

昼のみの営業で食べられる機会が限られるけど10月は所用で休んだ日に訪問

まだ混雑していなかった頃にはビール

chachalast06.jpg

お通しは柿ピー

釜揚げしらすオムレツ

chachalast07.jpg

最終月の復刻メニューのひとつ

9月に来た時に、最終月には何か考えていると聞いていたんだけどそれが復刻メニュー
もともと人手の問題で揚げ物等をやめたので、復刻メニュー実現には人手がポイント
昔ここで働いていて今は遠方にいる人を呼んで厨房に入ってもらい復活できたメニュー

chachalast08.jpg

桜海老しらすめし

chachalast09.jpg

最終日の一週間くらい前に桜海老しらすめしは販売終了

chachalast10.jpg

シールを作成し箸袋に貼付

chachalast11.jpg

ここの印象は、まじめ、几帳面、誠実

復活メニュー実現のためにわざわざ人を呼んだのもそうだし、
何かあれば早めにお店の外に情報が張り出されていました。
最終日の夜も、閉店のお知らせが張り出されていました。

chachalast12.jpg

閉店後は“ご自由にお持ちください”と置かれた食器などの他に大きなガス炊飯器もあり、
そこにはだいぶ前に購入したと思われるのに取扱説明書をビニール袋に入れて添付

おいしい鰯フライ

chachalast13.jpg

飲みたいところだったけど、待っている人も大勢いて遠慮

ソースと胡麻醤油

chachalast14.jpg

以前は胡麻醤油は強過ぎると思っていたけど、それはよく混ぜなかったからみたい(汗
最初はそのままで → レモンを搾って → 胡麻醤油をかけてが好みだと最後にわかった

しらすめし

chachalast15.jpg

最後はベーシックなしらすめし

chachalast16.jpg

やっぱり駿河湾のしらすはおいしい~
でも、今年は駿河湾の内側では不漁なようで、あっても高いらしい
いつもは静岡産のしらすがある紀ノ国屋でも今年は数回しか見ていない。
「大変ですね」と言ったら、優先的にまわしてもらっているとのこと。

ひじき煮

chachalast17.jpg

いつも安定のおいしさ

お漬物

chachalast18.jpg

大根おろし

chachalast19.jpg

私はしらすめしには載せずに箸休め

最後もお茶漬けにはせず、そのまま食べた私

chachalast20.jpg

残念だったのは、桜海老のかき揚げには遇わず食べられなかったこと・・・
もう一つ、こちらが実家の拝郷メイコさんが手伝いに来たいと言ってたと聞いたので、
数年ぶりに顔を見られるかもと期待したけどライブが続いていて無理だったとのこと。
お店に顔は出したようですが・・・

chachalast21.jpg

好物のしらすがおいしいだけではなく、他にあまりないお店という価値、顔馴染みお店…
そこにあるのが当たり前だと思っていたお店がなくなるのはさびしい。。。

chachalast22.jpg


■過去記事
≫ 大森「茶々」きのことちりめんじゃこのまぜご飯
≫ 大森「茶々」サイドメニュー&桜海老しらすめし
≫ 大森「茶々」閉店のお知らせ&桜海老しらすめし
≫ 大森「茶々」とん汁セット
≫ 大森「茶々」桜海老しらす飯付きとん汁セット
≫ 大森「茶々」明太子しらすめし付きとん汁セット
≫ 大森「茶々」黒はんぺんの素揚げ&とん汁セット
≫ 大森「茶々」しらす飯&だし巻きたまご
≫ 大森「茶々」海老フライセット
≫ 大森「茶々」生桜海老かき揚げセット+とん汁
≫ 大森「茶々」桜オムレツセット
≫ 大森「茶々」しらすオムレツセット
≫ 大森「茶々」ミニしらすめし(お茶漬け)
≫ 大森「茶々」魚フライのセット(鯵)
≫ 大森「茶々」くろはんぺんのフライ
≫ 大森「茶々」くろはんぺんの素揚げ
≫ 大森「茶々」の豚汁セット(炊き込みごはん)
≫ 大森「茶々」のポテトコロッケセット
≫ 大森「茶々」の桜海老しらす飯
≫ 大森「茶々」のカキフライセット
≫ 大森「茶々」のいわしフライセット
≫ 大森「茶々」の生桜海老かき揚げセット
≫ 大森「茶々」のしらすめし

茶々
大田区大森北1-13-14

テーマ:定食屋 - ジャンル:グルメ

[2018/11/09 23:00] | 大森)食堂・定食 | コメント(4) | page top
大森「ハーブ&スパイス イムイェム」のランチ
lunchyimyeem01.jpg

2018年10月29日にオープンした
Herb & Spice Yimyeem(ハーブアンドスパイス イムイェム)

lunchyimyeem02.jpg

静かにオープンしたモダンエスニック料理のお店

ガパオライス(1,000円)

lunchyimyeem03.jpg

スープ付き

lunchyimyeem04.jpg

スープは先行登場

私にとってもピリ辛程度、さらに辛味抜きもできるようです

lunchyimyeem05.jpg

コーヒー(300円)

lunchyimyeem06.jpg

土日もランチ営業あり、週末ランチとなればビール

シンハー(600円)

lunchyimyeem07.jpg

鶏肉のフォー(850円)

lunchyimyeem08.jpg

鶏ガラベースの上品なスープ

ミニサラダ付き

lunchyimyeem09.jpg

サラダも先行登場

最初はそのままで~

lunchyimyeem10.jpg

しみじみおいしい系のスープ

次はレモンを搾って~

lunchyimyeem11.jpg

さわやかさプラス

lunchyimyeem12.jpg

終盤はナムプリックを加えて~

lunchyimyeem13.jpg

深みが増すけど辛さも増すのが悩ましいところ・・・

lunchyimyeem14.jpg

このあたりでは少ない週末のランチスポットに定着しそう~

lunchyimyeem15.jpg


■過去記事
≫ 大森「ハーブ&スパイス イムイェム」新店オープン&ドライグリーンカレー

Herb & Spice Yimyeem
ハーブアンドスパイス イムイェム
大田区大森北4-8-9 大森マンション1F

周辺情報は
続きを読む

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

[2018/11/07 23:00] | 大森)カレー・エスニック | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>