大森「いさ美庵」新玉ねぎの天ぷら&きつねそば
isamishintama01.jpg

大森駅前住宅の裏にある「いさ美庵」

石臼挽きそば粉を使用のおそば屋さん

isamishintama02.jpg

おいしいお蕎麦と季節の天ぷら

生ビール(540円)

isamishintama03.jpg

お通しは切り干し大根

新玉ねぎの天ぷら(520円)

isamishintama04.jpg

運ばれて来た時の香りでそれとわかる新玉ねぎの天ぷら

isamishintama05.jpg

新玉ねぎらしい甘さ

栗林 純米生酒(520円)

isamishintama06.jpg

ここはお酒が手頃な値段なのもウレシイ

そら豆の天ぷら(650円)

isamishintama07.jpg

天つゆと塩の二つが用意されています。

isamishintama08.jpg

天つゆが合う天ダネ、塩が合うもの、違った味わいでどちらもOKなど色々あるけど、
これは断然塩

isamishintama09.jpg

きつねそば(720円)

isamishintama10.jpg

大阪だと“たぬき”

isamishintama11.jpg

暖かいような寒いような日があって、
ビールや冷酒を飲んだものの、温かいそばを食べたい気分

isamishintama12.jpg

ここでは冷たい方がおいしく蕎麦を食べられる気がする・・・

isamishintama13.jpg

もうすぐ大井水神公園も花見の季節

isamishintama14.jpg


■過去記事
≫ 大森「いさ美庵」春やさいの天ぷら&田舎そば
≫ 大森「いさ美庵」ぎんぽの天ぷら&田舎そば
≫ 大森「いさ美庵」穴子天せいろ
≫ 大森「いさ美庵」玉子とじそば
≫ 大森「いさ美庵」はぜ天もり
≫ 大森「いさ美庵」の田舎そば
≫ 大森「いさ美庵」のそば(せいろ)

いさ美庵
品川区南大井6-20-18

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

[2017/03/24 23:00] | 大森)そば・蕎麦・うどん | コメント(0) | page top
三田「黒バラモン」新店オープン&黒バラ焼肉ランチ
kurobaramon01.jpg

「焼肉 黒バラモン」2017年2月10日オープン

慶応仲通り沿いにある建築会館の地下

kurobaramon02.jpg

以前は蔵元居酒屋「清龍」があった場所

ダイヤモンドダイニングの子会社社ゴールデンマジックのお店
どちらも本社は芝四丁目の地元企業

kurobaramon03.jpg

同じ系列の「五島人」と入口は一緒、中で分かれています。

「焼肉 黒バラモン」の席は見えないけ正面奥に二つのエリア

kurobaramon04.jpg

ランチメニューは主に牛肉重系と定食
せっかくなので『九州牛』とマークされているメニューから選択

黒バラ焼肉ランチ(1,500円)

kurobaramon05.jpg

ごはんとスープは焼肉ランチってカンジ

kurobaramon06.jpg

サラダのドレッシングは別皿

kurobaramon07.jpg

最近は“ドレッシングなしで”と注文する人もいるから合理的かも

ナムル三種

kurobaramon08.jpg

お肉も三種

kurobaramon09.jpg

ロース、カルビ、ハラミ

kurobaramon10.jpg

よくある1,000円くらいの焼肉ランチよりもお肉が多いので割高ではない

kurobaramon11.jpg

牛肉重系なら1,000円前後と日常ランチ価格

kurobaramon12.jpg

テーブル脇のスイッチで強火・中火・弱火の調整

kurobaramon13.jpg

長崎県五島市のサイトによると
『「バラモン」とは五島の表現で「活発な、元気のいい」という意味です。 』
五島に古くから伝わる大凧「バラモン凧」が「五島人」に飾られています。

kurobaramon14.jpg


焼肉 黒バラモン 田町店
港区芝5-26-20 建築会館B1F

テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

[2017/03/23 23:00] | 三田・田町 | コメント(0) | page top
広島「かなわ 広島空港店」広島プレート
hiroshimakanawa01.jpg

広島空港にある「かなわ 広島空港店」

hiroshimakanawa02.jpg

「かなわ」の創業は慶応三年(1867年)

広島プレート(2,200円/税別、以下同じ)

hiroshimakanawa03.jpg

広島県産の生がきセット

ワンドリンク付き

hiroshimakanawa04.jpg

スパークリングワインを選択

広島

hiroshimakanawa05.jpg

本日の牡蠣の中でも最もふっくら牡蠣らしい

先端は2個

hiroshimakanawa06.jpg

小ぶりでつるんと

ウィスキー登場

hiroshimakanawa07.jpg

これは合うとは思う・・・

hiroshimakanawa08.jpg

でもウィスキーがあまり得意じゃないのでやっぱりレモン

店内に案内表示板があるのが空港店らしい

hiroshimakanawa09.jpg

生牡蠣にはやっぱり日本酒

hiroshimakanawa10.jpg

広島県呉市の「雨後の月」

そして、生がき

hiroshimakanawa11.jpg

広島(600円)、大黒神島(500円)、先端(350円)

大黒神島

hiroshimakanawa12.jpg

これも潮の香りがする牡蠣

小鰯洗い(900円)

hiroshimakanawa13.jpg

今シーズンあまり生牡蠣を食べていなかったので満足

空港店はまだ七年だけど今年で創業150周年を迎える「かなわ」

hiroshimakanawa14.jpg


■過去記事
≫ 広島「かなわ 広島空港店」オイスタープレート&穴子めし
■関連記事
≫ 銀座「銀座 かなわ」生ガキ&かきフライ膳
≫ 銀座「銀座 かなわ」かきフライ膳
≫ 広島「ASSE かなわ」の牡蠣料理
≫ 銀座「銀座 かなわ」のカキフライ膳
≫ 銀座「銀座 かなわ」移転リオープン
≫ 銀座「オストレアかなわ」のかきフライ定食

かなわ 広島空港店
広島県三原市本郷町善入寺64-31 広島空港ビル3F

その他の情報は
続きを読む

テーマ:オイスター - ジャンル:グルメ

[2017/03/22 23:00] | 広島 | コメント(0) | page top
広島「美味彩膳」生しらすと釜揚げしらすの丼
bimisaizen01.jpg

広島といえば“ひろでん”

そんな広電の八丁堀電停前にある老舗百貨店「福屋」

bimisaizen02.jpg

その9階レストラン街にある「美味彩膳」

bimisaizen03.jpg

調べてみるとJ.フロントフーズのお店
レストランピーコックと松栄食品株式会社が合併した会社
松栄食品は松坂屋系で銀座松坂屋の食堂も営んでいたみたい

bimisaizen04.jpg

広島県産生しらすと釜揚げしらすの丼
小いわしの天ぷらと共に(1,380円)

bimisaizen05.jpg

生しらすと釜揚げしらすの両方あるのがいい

bimisaizen06.jpg

やっぱりごはんには釜揚げのしらすが合う

小いわしの天ぷら

bimisaizen07.jpg

鰯だけではなく野菜の天ぷらも

味噌汁

bimisaizen08.jpg

お漬物

bimisaizen09.jpg

よくある生卵トッピングのしらす丼

bimisaizen10.jpg

たっぷりのしらすにすると原価がかさむので仕方ないけど、
卵が崩れると卵の味になってしまう。。。

わかっていてもこれを注文したのは小いわしの天ぷらも食べたかったから

bimisaizen11.jpg

これも親子定食かな?

中心街にあって買い物客と勤め人で賑わっています。

bimisaizen12.jpg


美味彩膳 福屋八丁堀本店
広島市中区胡町6-26 福屋八丁堀本店9階

広電の車両情報は
続きを読む

テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

[2017/03/20 23:00] | 広島 | コメント(0) | page top
新横浜ラーメン博物館「利尻らーめん 味楽」焼き醤油らーめん
mirakuopen01.jpg

「利尻らーめん味楽」
2017年3月1日、新横浜ラーメン博物館にオープン

以前は「CASA LUCA(カーザ ルカ)」 があった場所

mirakuopen02.jpg

利尻島からの出店、利尻昆布を使用したスープが話題
開店後しばらくは平日の夜も長い行列でパス
ようやく落ち着きこの日は並んでいなかったので入店

店内には昆布のオブジェ

mirakuopen03.jpg

利尻産昆布はほとんど市場に出回らないと書いてあるけど紀ノ国屋にはある
置いてはあるけど利尻昆布は高いのであまり買わない・・・

ビール(400円)

mirakuopen04.jpg

北海道らしくサッポロビール

チャーシュー(150円)

mirakuopen05.jpg

トッピングをおつまみに

焼き醤油らーめん(900円)

mirakuopen06.jpg

焦がした醤油ダレが香ばしい

利尻産の利尻昆布を使った和風スープと豚骨・鶏ガラの動物系スープをブレンド

mirakuopen07.jpg

ラー博のガイドでは“ややこってり”にマークされているけど、
こってりな濃さではなく、旨味いっぱいの濃厚さ

中太の縮れ卵麺

mirakuopen08.jpg

札幌ラーメン的な麺

具材はチャーシュー、もやし、メンマ、葱

mirakuopen09.jpg

それに味付昆布、象徴の具材

カウンターの端には利尻昆布の箱

mirakuopen10.jpg

これ一箱でいくらするんだろう・・・
店主の親戚が昆布漁をしているので安価で仕入れできるのだそう

オプションのとろろ昆布(100円)

mirakuopen11.jpg

店員さんから「後で入れてくださいね」と、もちろん言われなくてもそのつもり

mirakuopen12.jpg

たしかに昆布感は強くなる、でも昆布ラーメンってカンジ
なので醤油ラーメンとしては入れない方が好み

『最も食べに行くことが困難なラーメン店の一つです』と、
その場所で話題になっているかと思いきや、おいしいラーメン
今後のメニュー拡充にも期待

mirakuopen13.jpg

今では全国のご当地ラーメンを東京で食べられるようになり、
新横浜ラーメン博物館の運営も難しくなっていると思うけど、これは
『全国各地のラーメンを、飛行機に乗らずに食べに行ける』そんなラー博らしい出店

mirakuopen14.jpg


■ラーメン博物館過去記事
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢ラーメン(新)
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」グルテンフリーラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」二周年記念鶏だしラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」つけ麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「こむらさき」ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢日式らーめん
≫ 新横浜ラーメン博物館「支那そばや」鍋焼きらぁ麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」ぐるぐるソーセージ
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」ソーセージ2種盛り
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」ベジタリアン味噌ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「CASA LUCA(カーザ ルカ)」 ペペロンチーノ和え麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「居酒屋りょう次」スクガラス豆腐
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」焦げ味噌ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「NARUMI-IPPUDO」コンソメヌードル
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」TONKOTSU
≫ 新横浜ラーメン博物館「元祖 名島亭」築炉釜出しとんこつラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢ツヴァイテラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「無垢(muku)ツヴァイテ」無垢ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「すみれ」のチャーハン
≫ 新横浜ラーメン博物館「IKEMEN HOLLYWOOD」ジョニーディップ
≫ 新横浜ラーメン博物館「谷口食堂」鍋焼きラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「二代目 げんこつ屋」塩ら~めん
≫ 新横浜ラーメン博物館「かもめ食堂」気仙沼ラーメン 潮味
≫ 新横浜ラーメン博物館「麺の坊 砦」のりと半熟玉子
≫ 新横浜ラーメン博物館「中華そば 坂本」中華そばセット
≫ 新横浜ラーメン博物館「頑者」つけめん&つけあつ
≫ 新横浜ラーメン博物館「中華そば 坂本」中華そば
≫ 新横浜ラーメン博物館「大砲ラーメン」の昔ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「らぁ麺むらまさ」玄界灘塩らぁ麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「蜂屋」みそラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「らーめんの駅」の味噌ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「牛乳屋食堂」牛乳屋ミニセット
≫ 新横浜ラーメン博物館「けやき」の味噌コーンバターラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「一力」ワンタンメン
≫ 新横浜「新横浜ラーメン博物館」の夏麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「一力」の中華そば
≫ 新横浜ラーメン博物館「こむらさき」の春麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「春木屋」の冬麺
≫ 「新横浜ラーメン博物館」の冬麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「Bar 35ノット」のチャイナ・ブルー
≫ 新横浜ラーメン博物館「ふくちゃん」のラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「蜂屋」の復刻ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「支那そばや」の醤油らぁ麺
≫ 新横浜ラーメン博物館「井出商店」の特製中華そば
≫ 新横浜ラーメン博物館「こむらさき」の王様ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「けやき」の味噌ラーメン
≫ 新横浜ラーメン博物館「春木屋」の中華そば
≫ 新横浜ラーメン博物館「龍上海」の赤湯からみそラーメン

新横浜ラーメン博物館
横浜市港北区新横浜2-14-21

飛行機でも日帰りで本店の利尻らーめんは食べられないのか?は
続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2017/03/18 23:00] | ラーメン博物館 | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>