銀座「登亭」うな重(竹)
noboritei01.jpg

晴海通りにも光の花かご

昨年まではガードレールに巻きつけたイルミネーションだけ

noboritei02.jpg

今年は晴海通りにもイルミネーションオブジェを設置

解体工事が進むソニービル前にも光の花かご

noboritei03.jpg

そんな晴海通りからチョット入ったところに見える黄色い看板

noboritei04.jpg

登亭 銀座店

noboritei05.jpg

通りからは持ち帰りの売店窓口が目立つ

noboritei06.jpg

脇から入ると2人テーブル4卓にカウンター席のこぢんまりしたお店

以前は国産鰻を使用しながら格安うなぎで行列もできる人気だった記憶

noboritei07.jpg

今は標準的な価格

うな重 竹(3,426円/税別)

noboritei08.jpg

一尾分の鰻重は竹だと店員さんに確認して注文

noboritei09.jpg

国産鰻と新潟産コシヒカリ

noboritei10.jpg

肝吸い

noboritei11.jpg

お新香

noboritei12.jpg

やや甘めのタレだけど標準的な鰻重のおいしさかな

noboritei13.jpg

銀座四丁目交差点にも近い場所柄、
外国人客も多いようで英語と中国語でフルスペックのメニュー

noboritei14.jpg


■関連記事
≫ 銀座「登亭 銀座博品館店」特ランチ丼

登亭 銀座店
中央区銀座4-3-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2017/12/08 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(0) | page top
銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻丼&鰻重
hyoutansummer01.jpg

GINZA SIXの裏、三原通り沿いにある「ひょうたん屋 六丁目店」

hyoutansummer02.jpg

夏の土用の丑の日が近付くと混雑する日が多くなります。
(一の丑:7月25日、二の丑:8月6日)

カウンターに着席し「どんぶりをお願いします」と注文

hyoutansummer03.jpg

お漬物が先行登場するけど飲んでいないので温存

鰻丼(1,550円)

hyoutansummer04.jpg

ランチタイム数量限定のサービスメニュー

炭火で焼いた国産鰻の丼

hyoutansummer05.jpg

それがこの値段はお得ですね~

お吸い物も付きます。

hyoutansummer06.jpg

お漬物にも手を付けます。

hyoutansummer07.jpg

この日の鰻はとっても皮やわらかで身はふっくら
そう思って話を訊くと“新仔うなぎ”という養殖して一年未満の鰻だそう

hyoutansummer08.jpg

蒸さずに焼く「ひょうたん屋」にぴったりの新仔うなぎ
この時期に向けて出荷が増え仕入れやすいようです。

鰻丼は数量限定、なくなると『鰻丼売り切れ 梅よりお願いします』と張り出されます。

hyoutansummer09.jpg

その隣に書かれているのは“Cash only”
ここも一昨年位から外国人客が増えているんです。

鰻重/竹(2,600円)

hyoutansummer10.jpg

この話の流れだと“梅”を注文すべきだけど、
ここではついつい“竹”を注文しちゃうんです。

hyoutansummer11.jpg

写真だと“梅”より鰻が少ないように見えるけど、横長で“梅”のお重より大きいせい

hyoutansummer12.jpg

蒸さずに焼くこと以外は東京スタイルの鰻

hyoutansummer13.jpg

次回は丑の日も過ぎて落ち着いてからだなぁ…

hyoutansummer14.jpg


■過去記事
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&肝焼き
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&梅
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(松竹梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼(お昼)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」お昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋」の鰻重(松)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重とお知らせ
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな丼

ひょうたん屋 六丁目店
中央区銀座6-12-15 いちご銀座612ビル 1F

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2017/07/20 23:00] | 鰻・うなぎ | page top
銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(竹)
hyotansakura01.jpg

「ひょうたん屋 六丁目店」の前にも桜

ひょうたん屋の向かいは“GINZA SIX”

hyotansakura02.jpg

その観光バス乗降所の上には桜の木

hyotansakura03.jpg

再開発が進み、新しいお店がどんどん開店する銀座
そんな中でも変わらないお店があるのは嬉しい

hyotansakura04.jpg

鰻重・竹(2,600円)

hyotansakura05.jpg

写真だと両サイドのごはんが見えて鰻が小さく見えるけど
それは“竹”のお重が横に長いから

なので、ごはんは薄目に敷いてあります(大盛は+100円)

hyotansakura09.jpg

ごはんがおいしいのも鰻重としてグッド

お漬物

hyotansakura08.jpg

あっさりめのお吸い物

hyotansakura07.jpg

蒸さない地焼きの香ばしく脂ののった鰻にはちょうどいい

で、蒸さないこと以外は東京スタイルであって関西風ではない
銀座「ひょうたん屋」のうなぎは関西風?関東風?

hyotansakura06.jpg

この界隈でも少なくなった20世紀から通っているお店
その頃、同僚はここのを“締まった鰻”と呼んでいました。

hyotansakura10.jpg

“GINZA SIX”は4月20日オープン予定、もうすぐですね

hyotansakura11.jpg


■過去記事
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&肝焼き
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&梅
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(松竹梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼(お昼)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」お昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋」の鰻重(松)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重とお知らせ
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな丼

ひょうたん屋 六丁目店
中央区銀座6-12-15 いちご銀座612ビル 1F

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2017/04/04 23:00] | 鰻・うなぎ | page top
銀座「竹葉亭 木挽町本店」の定食
chiyouteishoku01.jpg

竹葉亭 木挽町本店

汐留寄りにはお座敷用の入口

chiyouteishoku15.jpg

お座敷は基本的に会席だけど、お昼に混雑していると通されることもあり

椅子席の入口

chiyouteishoku16.jpg

いつも鰻お丼かお茶漬けを食べるのでこっち

chiyouteishoku02.jpg

ビール中瓶(600円/税別、以下同じ)

chiyouteishoku03.jpg

私にとって鰻といえば“うな丼”
でも、ある休日ランチには定食(4,000円)

chiyouteishoku04.jpg

先付けは胡麻豆腐

chiyouteishoku05.jpg

それにしても“定食”とはシンプルなメニュー名(笑)

chiyouteishoku06.jpg

お吸い物

chiyouteishoku07.jpg

肝吸い

香の物

chiyouteishoku08.jpg

ごはん

chiyouteishoku09.jpg

蒲焼

chiyouteishoku10.jpg

東京のオーソドックスな鰻蒲焼

「足りなかったらどうぞ」と置かれたタレもあるし・・・

chiyouteishoku11.jpg

・・・結局、後半は自分で鰻お丼に(笑)

chiyouteishoku12.jpg

もちろんごはんにもタレをかけて~

水菓子

chiyouteishoku13.jpg

洋梨

休日とは言え、そんなに飲むのではないとすると、
何か一品か二品注文して鰻お丼を食べるのが私にとっては満足度が高いと改めて認識

chiyouteishoku14.jpg


■過去記事
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」じゅんさいと鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼のA&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼A&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼A
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け(新)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭」木挽町本店の鰻お丼
■関連記事
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鮪茶漬け

竹葉亭 木挽町本店
中央区銀座8-14-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2016/12/12 23:00] | 鰻・うなぎ | page top
銀座「竹葉亭 木挽町本店」じゅんさいと鰻お丼(B)
junsaibdon01.jpg

手前が椅子席の入口「竹葉亭 木挽町本店」

ビール小瓶(500円/税別、以下同じ)

junsaibdon02.jpg

休日の遅い時間でBGMもなく静かな店内

肝焼きは売り切れていたので季節の一品から注文

じゅんさい(700円)

junsaibdon03.jpg

鰻お丼・B(2,900円)

junsaibdon04.jpg

鰻お丼BはAより大振りの鰻一尾

junsaibdon05.jpg

鰻お丼は小吸物付き

junsaibdon06.jpg

以前は肝吸いではないことが多かったお吸い物
お願いすれば肝吸いに変えてくれたのですが、
昨年あたりからデフォルトで肝吸いのことが続いています。
一見客が増えてスタンスを変えたのかなぁ・・・なんて推測

お新香付き

junsaibdon07.jpg

鰻を白焼きにして蒸し上げタレをつけて焼く東京の蒲焼
丁寧に蒸されて上手に焼かれてふんわり

junsaibdon08.jpg

江戸末期創業の老舗、いつも安心のおいしさ。
この内容と格なのに相変わらずこの値段は安い~
(しかも小振りの鰻お丼Aだと2,400円)

junsaibdon09.jpg

汐留寄りはお座敷の入口

junsaibdon10.jpg


■過去記事
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼のA&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼A&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼A
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け(新)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭」木挽町本店の鰻お丼
■関連記事
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鮪茶漬け

竹葉亭 木挽町本店
中央区銀座8-14-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2016/07/10 23:00] | 鰻・うなぎ | page top
| ホーム | 次のページ>>