福岡「とり割烹 博多華味鳥」博多名物水たき鍋
hanamidoritenjin01.jpg

福岡といえば西鉄(西日本鉄道)

hanamidoritenjin02.jpg

その西鉄福岡(天神)駅直結のソラリアステージ

hanamidoritenjin03.jpg

福岡も外国人観光客が多く地下のお寿司屋さんは行列
私が行ったのは「とり割烹 博多華味鳥 ソラリアステージ店」

hanamidoritenjin04.jpg

華味鳥は博品館にあった頃から行ってたので
本店へ行ってみたかったけど、営業は夜のみ
それに鍋は2人以上からみたいで断念

休日ランチなので生ビール小 (320円 )

hanamidoritenjin05.jpg

お通しは胡麻鳥豆腐

ここは“とり割烹”という位置付け(ブランド)
(本店や銀座四丁目店は“水炊き料亭”)
水たきと親子丼が二本柱というカンジ

hanamidoritenjin06.jpg

銀座でも何回も水たきの御膳を食べたけど、
それは出来上がったものが載った定食

せっかく博多に来たんだから鍋で食べたい~

博多名物水たき鍋(2,400円)

hanamidoritenjin07.jpg

ここは“お一人様からどうぞ”とあります。

カセットコンロに続いて道具や薬味が用意されます。

hanamidoritenjin08.jpg

博多水炊きは白濁した鶏スープの鍋

最初に“スープをどうぞ”は御膳と同じですね~

hanamidoritenjin09.jpg

“水炊き”といえば出汁昆布を入れるくらいで
水から煮立たせるから“水炊き”と思っていたけど
近年は鶏スープの博多水炊きが勢力を拡大している気がします・・・

骨付きのブツ切りは最初に入っています。

hanamidoritenjin10.jpg

柚子胡椒が九州ですね~

凛華の雫(480円)

hanamidoritenjin11.jpg

博多華味鳥のオリジナル芋焼酎

hanamidoritenjin12.jpg

特製ミンチは乙女な店員さんがつみれとして鍋に加えてくれます。

hanamidoritenjin13.jpg

ひとり旅や出張で名物をひとりで食べられるのがいいですね~
福岡にはもつ鍋をひとり鍋できるお店も結構あるようです。

hanamidoritenjin14.jpg

キャベツ・水菜・エノキダケ等の野菜は自分で少しずつ投入

hanamidoritenjin15.jpg

切身と肝

hanamidoritenjin16.jpg

できあがった水炊きを盛った御膳よりも鍋の方がおいしいー
少しずつ投入して丁度いいタイミングで食べられるからかな?
・・・乙女な店員さんが作ってくれたのもある(汗

〆は雑炊またはちゃんぽん麺

hanamidoritenjin17.jpg

雑炊を選択

目の前で作ってくれます

hanamidoritenjin18.jpg

さすがに濃厚~

やや甘めに感じたら、めんたい高菜で調整

hanamidoritenjin19.jpg

ひとり鍋できるお店、しかも天神駅へ続く地下にあるので便利
お昼ということもあり、親子丼やランチを注文する人の方が圧倒に多かった。

2006年に博品館へ出店したのが本州初出店
今では海外にも出店している「華味鳥」

hanamidoritenjin20.jpg


■関連記事
≫ 銀座「博多華味鳥 銀座二丁目店 」の水たき御膳
≫ 銀座「博多華味鳥 銀座四丁目店」水たき御膳再び
≫ 銀座「博多華味鳥 銀座四丁目店」の水たき御膳
≫ 銀座「博多華味鳥 銀座四丁目店」親子丼御膳
≫ 銀座「博多華味鳥 銀座四丁目店」水たき御膳
≫ 銀座「博多華味鳥 銀座店」の博多御膳 雅
≫ 銀座「博多華味鳥 銀座店」の博多御膳

とり割烹 博多華味鳥 ソラリアステージ店
福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージビルB2

テーマ:水炊き - ジャンル:グルメ

[2015/07/01 23:00] | 福岡 | コメント(0) | page top
福岡「二葉鮨 中州店」の酒肴と特上にぎり
futabanakasu01.jpg

博多の夜は賑やかな中州へ~
(中州から撮ったけど、対岸から中州も撮ればよかった・・・)

futabanakasu02.jpg

そんな中州にある「二葉鮨」

futabanakasu03.jpg

ここは私が好きな銀座にある「二葉鮨」の暖簾分け

futabanakasu22.jpg

店内での写真撮影NGなのでブログにはアップしていないけど先日も訪問
蝦蛄の味が濃くて旨いのでオカワリしたら小柴の蝦蛄でした~

中州の初代は銀座の現親方の祖父が師匠だったみたい
創業は昭和十四年(1939年)と博多でもかなりの老舗のようです。
現在は四代目、麹町の二葉鮨で修行したそう

futabanakasu04.jpg

場所柄、早い時間は同伴のお客さんが多いみたい
東京で見掛けるのと違い、くだけた雰囲気の同伴

「庭のうぐいす 特別純米 なつがこい」

futabanakasu05.jpg

福岡県久留米市の山口酒造場の季節限定酒

お通しはホタテ

futabanakasu06.jpg

ハーフバージョン刺身の盛合せ(2,000円)

futabanakasu07.jpg

カンパチ、平目、鰹、甘海老、鯵、雲丹、烏賊、鮪
盛りだくさんでチョットずつでいいですね~
まわりを見ていると人気メニューみたい

お寿司には日本酒と思うけど、九州に来たからには焼酎も飲もう~
米焼酎ならお寿司に合うかなと「吟香露」

futabanakasu08.jpg

杜の蔵という福岡県久留米市の酒粕焼酎
水割りにも合うの?と訊いたら、
親方が「この香りはストレートかロックで是非」というのでロック

対馬(西側)の焼穴子(1,800円)

futabanakasu09.jpg

焼穴子と書いてあるので、西日本だなぁと思ったら
登場したのは江戸前な煮穴子の炙り

メニューに(西側)とわざわざ記してあるのは、
対馬といっても東西で水深が違うのだそう

そして握り鮨へ

futabanakasu10.jpg

甘くないガリは二葉鮨から受け継いだ辛さ(^^)

特上にぎり(3,500円)

たまご焼き

futabanakasu11.jpg

しっとり系

間八(カンパチ)

futabanakasu12.jpg

胡麻をまぶしてあるのはここのお店のスタイルみたい

鯵(アジ)

futabanakasu13.jpg

鮪(マグロ)

futabanakasu14.jpg

ここでも佐渡の鮪が登場

平目(ヒラメ)

futabanakasu15.jpg

銀座みたいな男前のすし飯ではないけど
すし飯に気を配っているのがわかります。

甘海老(アマエビ)

futabanakasu16.jpg

雲丹(ウニ)

futabanakasu17.jpg

北海道産の雲丹
唐津の雲丹を期待したんだけど今は高くてまだ出せないのだそう・・・

ひとくち鮑(アワビ)

futabanakasu18.jpg

ひとくちアワビはとこぶしではなく3年モノあたりの鮑を使っているようです。

鉄火巻き

futabanakasu19.jpg

穴子(アナゴ)

futabanakasu20.jpg

つまみでおいしかったので握り鮨も追加
ツメが甘めなのは醤油も甘い九州好みか?

たまご焼き

futabanakasu21.jpg

暖簾分けから76年、銀座と違うのは当然のこと
江戸前鮨じゃなきゃいけないことはないけど、
魚が良ければいいってものでもない。
鮨ダネとすし飯と握りの技術が揃ってのお寿司
ここはそのあたりもしっかりしているので
福岡に来たらまた訪れたいですね~

futabanakasu23.jpg


二葉鮨 中州店
福岡市博多区中洲2-3-20

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2015/06/30 23:00] | 福岡 | コメント(0) | page top
福岡「うどん和助」ごぼううどん
goboudonwasuke01.jpg

博多といえばうどん

goboudonwasuke15.jpg

私の中では福岡は丸天うどんのイメージ
でも、最もスタンダードなのはごぼう天うどんらしい

ということで「うどん 和助」の天神店へ

goboudonwasuke02.jpg

昨年の夏にオープンした2号店みたい

うどん和助は豊前裏打会の会員店だそう

goboudonwasuke03.jpg

豊前裏打会って何?和助のHPによると
『讃岐うどん等の昔ながらの伝統の製造方法が表とするなら、
我々の麺はそれを進化させた打ち方で裏打ちと名乗る。
豊前とは昔から伝えられた北都九州の豊前國を表す。』

goboudonwasuke04.jpg

カウンターには天かすが用意されています。

goboudonwasuke05.jpg

でも、この日は不要・・・

ごぼううどん(600円)

goboudonwasuke06.jpg

薄くスライスされたごぼうの天ぷら

蓋するようなごぼう天

goboudonwasuke07.jpg

目を引くルックス、それだけではなくメリットもあります。

いきなりうどんつゆに浸らないので
ごぼう天はサクサク、おつゆもキレイなまま

goboudonwasuke08.jpg

まぁ、それなら別皿でお願いすればいいんですが(笑)

透明感のあるうどん

goboudonwasuke09.jpg

以前食べた福岡のうどんに比べるとやや細く、
やわらかではあるけど少しコシがある麺

昆布と節類の出汁が効いたうどんつゆもおいしい

goboudonwasuke10.jpg

かえしは抑え目

かしわごはんも食べたかったけどメニューは消されていました。
なので、お稲荷さんを注文

goboudonwasuke11.jpg

いなり(160円)

goboudonwasuke12.jpg

ごぼうは薄くスライスされているとはいえ、この量
そして徐々にたぬきうどん状態になりお腹いっぱい

goboudonwasuke13.jpg

旅行者もいるけど、近隣の勤め人が多いランチタイム
女性客も多く、やはりごぼううどんは一番人気でした。

goboudonwasuke14.jpg


うどん和助 天神店
福岡市中央区天神3-4-30

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

[2015/06/23 23:00] | 福岡 | コメント(2) | page top
福岡「音羽鮨」の特選にぎり
otowatokusen01.jpg

芸がないけど、帰りも福岡空港内で食事
フライト変更をしたかったのでまず空港へ来たのです。
(PCを持っていればWebで変更したのですが…)

「博多 音羽鮨」

otowatokusen02.jpg

昔ながらのお寿司屋さんという雰囲気

otowatokusen03.jpg

カウンターに座ったら少しずつ出してくれたようだけど、
いろいろ注文して長くなったり飲み過ぎる懸念があったので
テーブル席にしました。(早めの便に変更したのです)

特選にぎり(3,240円)

otowatokusen04.jpg

鮪(赤身・中トロ)、イカ、シマアジ、カンパチ、鳥貝、海老、鯵、雲丹、穴子(…たぶん)

otowatokusen05.jpg

すし飯は甘めではあるけどべチャッとしていなくてOK
味が付いていて白身に合う系のすし飯

この中で一番は雲丹(ウニ)

otowatokusen07.jpg

唐津の赤うに、味が濃いー

もうひとつ特徴的なのは穴子

otowatokusen06.jpg

西方らしく焼穴子

お吸い物も懐かしい

otowatokusen08.jpg

今は味噌汁を出すお寿司屋さんが多いけど
昔はお寿司屋さんではお吸い物が標準的だった気がします。

otowatokusen09.jpg

福岡市の繁華街、天神で屋台からスタートしたお店だそう。
昭和二十二年ということは創業六十年以上ですね~

otowatokusen10.jpg


博多 音羽鮨 福岡空港第二店
福岡市博多区大字下臼井 767-1
福岡空港ビル国内線第2ターミナル 3F

福岡空港情報は
続きを読む

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2014/09/18 23:00] | 福岡 | コメント(0) | page top
福岡「はち屋」丸天うどん&かしわおにぎり
※追記:2016年12月21日より「博多やりうどん別邸 福岡空港店」としてリニューアル

hachiyamaru11.jpg

2014年9月1日から機内での電子機器の使用制限が緩和

ということで羽田空港や福岡空港で撮ってみました~

hachiyamaru12.jpg

市街地に近い福岡空港
移動して食べるところを見つけて…でも、久しぶりで自信ナシ
行ってみたらお昼時の待ち行列なんてことになるとお昼抜き?
次の予定まで時間がないので空港で食べてから移動することに…

…で、博多と言えばラーメン?
ラーメンは東京でもいろいろ食べられるし、
私の中ではうどんの印象が強いのです。

hachiyamaru01.jpg

「博多うどん はち屋」

ここでは『博多名物』『博多のソウルフード』とごぼう天オシ
それを注文している人も多い。
私は天ぷらの気分じゃなかったので“天ぷら”

丸天うどん(520円)

hachiyamaru02.jpg

魚の練り物を揚げたものは“天ぷら”、丸いので丸天

だいぶ前ですが“天ぷらうどん”を注文した同僚が、
出てきたう丸天どんを見てびっくりしたことがありました。

昔は丸天づどんではなく“天ぷらうどん”と表記されていたお店が
もっとあったように記憶しています。(だから同僚もびっくり)
今は空港や駅などのメニューを見ると“丸天うどん”という表記が多い。
この同僚のように旅行l者も多くなり、誤解が生じるからでしょうか…

そういえば、大阪でも単に“きつね”ではなく
“きつねうどん”と表記するお店が増えた気がします。

hachiyamaru03.jpg

東京の練り物より甘味と旨味が強い丸天

西方らしく見た目は薄いけど塩は効いているうどんつゆ

hachiyamaru04.jpg

麺が軟らかいのも特徴的

hachiyamaru05.jpg

でも、ゆるい頼りない軟らかさではなく、
太めで弾力はあるのでこれはこれでおいしい

hachiyamaru06.jpg

卓上に柚子胡椒があるのも九州らしい

かしわおにぎり(220円)

hachiyamaru07.jpg

サイドメニューのイチオシ

hachiyamaru08.jpg

かしわめし(鶏肉の炊き込みごはん)のおにぎり

hachiyamaru09.jpg

どちらも博多では定番のメニュー

hachiyamaru10.jpg

企画モノには「官兵衛うどん」

hachiyamaru13.jpg

ごぼう天も丸天も食べてみたい、でもうどんは一回だけという旅行者向き?
北海道では“せっかくだから…”を注文した私ですが、今回は定番メニュー

hachiyamaru14.jpg


博多うどん はち屋 2ビル店
福岡市博多区大字下臼井 767-1
福岡空港ビル国内線第2ターミナル 3F

機内からの画像は
続きを読む

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

[2014/09/15 23:00] | 福岡 | コメント(0) | page top
| ホーム |