茗荷谷「ソーニヤ」のボルシチセット
borshchsoniya01.jpg

信号待ちで停まった時に、ふと横にあったレストランを見ると…

あれっ?もしかして。。。

もう少し先で昼飯を食べようと思っていたけど
お店を決めていたワケでもなかったので車を駐車して入店

borshchsoniya02.jpg

メニューを見ると『ソーニヤは昭和41年10月、東京都大田区上池台にてオープン。』
上池台か…違ったかなぁと思ったけど、そういえば上池台の一部は旗の台と隣接
で、お店の方と話して・・・やっぱり!

かつては旗の台にあった「ソーニヤ」
ハタノダイヤーだった頃に訪問するも満席で断念
その次に訪れた時には閉まっていたんです。

ここに移転し2002年12月30日オープンしたそうです。

borshchsoniya03.jpg

昭和41年(1966年)にオープンしたかつてのお店は、
細長くてカウンターがメインのこぢんまりしたお店の記憶
今のお店はテーブル席、家庭的な雰囲気

車だったのでノンアルコール

borshchsoniya04.jpg

かわいらしい木製のジョッキとスプーン

borshchsoniya05.jpg

ボルシチセット1(1,400円)

borshchsoniya06.jpg

前菜的なサラダが先行登場

午後3時30分までのボルシチセット
7つの組み合わせがあったけどベーシックな組み合わせを選択

borshchsoniya07.jpg

手作り感ある牛肉と野菜が煮込まれたボルシチ
ビーツも入っているけどスープはトマト寄りの味かな

borshchsoniya08.jpg

久しぶりに外でボルシチを食べられてウレシイ

ピロシキの中身はひき肉・こしあん・かぼちゃからの選択

borshchsoniya09.jpg

それにしても、ピンときたのはラッキー
そして実は道を間違えていたんです(笑)

次はグルジアワインを飲みながら食べたいけど
茗荷谷まで来ることはあるだろうか。。。

borshchsoniya10.jpg


ロシア料理 ソーニヤ
文京区小石川5-31-6 文京パークハイツ101

テーマ:ロシア料理 - ジャンル:グルメ

[2014/10/01 23:00] | 城北 | page top
浅草橋「丸山吉平」お昼の大特ロースかつ定食
maruyamak01.jpg

蔵前橋通りの秋「鳥越神社」

maruyamak02.jpg

蔵前橋通りを挟んで近くに建つ高層ビルの1階にある「丸山吉平」

maruyamak03.jpg

ここの店主は、私のお気に入り蒲田「檍(あおき)」で修業していたそうです。
(とは言うものの見掛けた記憶はない…と思うのは私だけではないはず。
営業時間中にお店に立つことはあまりなかったようです。)

でも、最初にここを訪れたのはそれを知ってではなく、
たまたま仕事でこの界隈に来たから。

maruyamak04.jpg

その時はお昼の上ロースかつ定食(1,300円)

maruyamak05.jpg

この時にはかわいらしい店長さんがいて、後に蒲田の「檍」で
実は店主の奥さんだと知ったのですが現在は出産後のためお休み。

そのため今は店主ひとりでとっても大変そう~

maruyamak06.jpg

お昼休み時間を過ぎてもお客さんが途切れない、
そんなランチにまたまた来る機会がありました。

店内に置かれていた雑誌に掲載されていた記事を読むと
「丸山吉平」という店名は店主の名前ではないようです。

お昼の大特ロースかつ定食(2,000円)

maruyamak07.jpg

「檍」と同様、林SPF豚を使用したサクッと揚がったとんかつ。

ごはん・味噌汁・お新香付きで、平日ランチは少し安くなっているみたい。

maruyamak08.jpg

たまたまか?そうなったのか?はわかりませんが、
味噌汁は前回に比べてとっても具沢山になっていましたー

maruyamak09.jpg

久々に食べてみたかった特上的・極上的ロースかつ。
程よく脂の入った部分はやわらかで甘くておいしいー
塩も三種類用意されているけど最初は何も付けずに食べます。

maruyamak11.jpg

予想していたほどレアではなかったけど、
やっぱり脂の多い部分は食感が相変わらず得意ではないかな。
それは想定できたのに注文した自己責任、お店が悪いワケじゃない。

maruyamak10.jpg

やっぱり私には上ロースかつあたりがちょうどいいかな。
それと次の機会にはひれかつ系を食べてみたいー

ひとり体制だからでしょう、現在はほぼ昼営業のみ。
店頭の案内によると、夜営業は11月だと9,16,23,30の各土曜日
早く体制が整うといいですね~

maruyamak12.jpg


とんかつ 丸山吉平
台東区浅草橋5-20-8 CSタワー107

テーマ:とんかつ - ジャンル:グルメ

[2013/11/27 23:00] | 城北 | page top
新御徒町「ロッキー」のランチ


佐竹商店街は金沢の片町商店街に続き明治三十一年(1898年)に
商店街組合を結成した日本で二番目に古い商店街なんだそうです。



そんな佐竹商店街でのランチは、
こちらの方がその業態に悩むファミリーだけどスナッキングな「ロッキー」



それにしても随分前に訪問済みとはさすがにナポの第一人者です。

ショーケースにナポリタンがあるのを見てそれにしようかとも考えたけど、
みんなが“ランチ!”と言って注文している『本日のおべんとう』(795円)



お弁当の対角線上にはツナスパサラダともやしとニラ炒め。




そして、みそ汁に漫画付き。もちろん新聞もあります。

メインは一口カツ×2の玉子とじ



コーヒーも付いてこの値段、お得ですね。



伝票やお皿には『Cafe de ROCKY』と書かれています。



お店の前にたくさんの自転車が止まっている地域密着系の喫茶店。



ファミリー・スナック ロッキー(Cafe de ROCKY)
台東区台東4-1-4

テーマ:喫茶店 - ジャンル:グルメ

[2012/11/23 23:00] | 城北 | page top
新御徒町「韓国家庭料理 宗家」半鶏湯ランチ


開業からもう5年経過したんですね~の「つくばエクスプレス」



始点の秋葉原駅を発車して最初の駅は新御徒町駅

そして都営地下鉄大江戸線も通る新御徒町駅のA2出口すぐの「佐竹商店街」



「韓国家庭料理 宗家」



半鶏湯(800円)



韓国家庭料理のお店らしく副菜がいっぱい!




半鶏湯は自分で塩加減を調節します。



もちろんキムチも付いているのでごはんもススミます。

副菜もいっぱいあるのでオナカいっぱい~




店内ではお客さんも店員さんも会話は韓国語、テレビも韓国の放送で、アウエーな気分(笑)



韓国家庭料理 宗家
東京都台東区台東3-30-11

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

[2010/10/09 23:00] | 城北 | page top
浅草橋「手打そば 更里」もりそば


浅草橋といえば問屋!




浅草橋、ときどき来るけどあまり知らない…とは以前も書いた通り。



またまた浅草橋に来る機会がありました。その少し前に見たのはつれづれなこちら



ビルの間に佇む木造の一軒家「手打そば 更里」




サッポロ黒ラベルにお通しの切干大根。

板わさ(780円)



板わさには日本酒。佐渡の特別純米酒「真野鶴」



ごぼうかき揚げ(750円)



自家製さつま揚げ



ひとりだったので小さめに作ってくれました。なので値段不明。

さつま揚げにはやっぱり焼酎♪ 蕎麦焼酎「神楽の舞」を飲まなくてはいけないらしい(笑)

 

もりそば(750円)



こちらの店主は「布恒更科」で修業していたそうです。
しっかりとした腰と、それでいて滑らかのど越しの風味もよい蕎麦。



出汁もかえしも濃いそばつゆ。いいですね~




キチンとした手打ち蕎麦を作りながらも町のおそば屋さんの風情が残るところなど、
「布恒更科」の良いところは受け継ぎつつ、自分なりの工夫をしている感じです。
出汁もかえしも濃いそばつゆは「布恒更科」と似ているけど辛さ控えめでまろやか。
蕎麦の量も減らして値段も抑えたそうです。



左衛門橋近くの路地裏にあります。


手打そば 更里(さらり)
台東区浅草橋1-11-3

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

[2009/07/26 23:00] | 城北 | page top
| ホーム | 次のページ>>