廿日市「あなごめし うえの」穴子白焼き&あなごめし
anagomeshiueno01.jpg

ある休日、宮島へ~

宮島口駅とフェリー乗り場の間にある「あなごめし うえの」

anagomeshiueno02.jpg

あなごめしは明治時代に駅弁として販売したのが始まりだそう

anagomeshiueno03.jpg

宮島へ行く時には店頭であなご弁当を買って行く人がたくさん

私は戻ってから店内へ

anagomeshiueno04.jpg

休日となればのお酒(432円)

anagomeshiueno05.jpg

小雨がぱらつく天気で肌寒い日だったのでお燗

穴子白焼き(1,296円)

anagomeshiueno06.jpg

シンプル、そしておいしい

おすすめの山葵や塩で

anagomeshiueno07.jpg

もっと飲みたかったかも(笑)

あなごめし・上(2,000円)

anagomeshiueno08.jpg

ANAGOANAGOANAGO

anagomeshiueno09.jpg

東京のお寿司屋さんのように煮穴子ではなく、西方らしく焼き穴子

味噌汁

anagomeshiueno10.jpg

お漬物

anagomeshiueno11.jpg

卓上には山椒

anagomeshiueno12.jpg

穴子飯はこの他に小サイズと特上あり

anagomeshiueno13.jpg

あなご飯は東京の煮穴子の方がごはんとの相乗効果がある気がする
でも、それは食べ慣れているからかもしれない。
元々は駅弁とのことなので、お弁当だと印象が違うのかもしれませんね

anagomeshiueno14.jpg

もともとは宮島沖で穴子が獲れるから始まったあなごめしみたいだけど、
今ではそれ以外にも対馬(長崎)や松島(宮城)など全国の穴子を使用しているようです。

anagomeshiueno15.jpg

広島三越でもお弁当販売しているようで、その方が食べる機会がありそう
もう一度宮島へ来たい気持ちもあるけど・・・その理由は続きを読む、で

anagomeshiueno16.jpg


あなごめし うえの
廿日市市宮島口1-5-11

周辺情報は
続きを読む

テーマ:郷土料理 - ジャンル:グルメ

[2017/04/22 23:00] | 広島 | page top
広島「かなわ 広島空港店」広島プレート
hiroshimakanawa01.jpg

広島空港にある「かなわ 広島空港店」

hiroshimakanawa02.jpg

「かなわ」の創業は慶応三年(1867年)

広島プレート(2,200円/税別、以下同じ)

hiroshimakanawa03.jpg

広島県産の生がきセット

ワンドリンク付き

hiroshimakanawa04.jpg

スパークリングワインを選択

広島

hiroshimakanawa05.jpg

本日の牡蠣の中でも最もふっくら牡蠣らしい

先端は2個

hiroshimakanawa06.jpg

小ぶりでつるんと

ウィスキー登場

hiroshimakanawa07.jpg

これは合うとは思う・・・

hiroshimakanawa08.jpg

でもウィスキーがあまり得意じゃないのでやっぱりレモン

店内に案内表示板があるのが空港店らしい

hiroshimakanawa09.jpg

生牡蠣にはやっぱり日本酒

hiroshimakanawa10.jpg

広島県呉市の「雨後の月」

そして、生がき

hiroshimakanawa11.jpg

広島(600円)、大黒神島(500円)、先端(350円)

大黒神島

hiroshimakanawa12.jpg

これも潮の香りがする牡蠣

小鰯洗い(900円)

hiroshimakanawa13.jpg

今シーズンあまり生牡蠣を食べていなかったので満足

空港店はまだ七年だけど今年で創業150周年を迎える「かなわ」

hiroshimakanawa14.jpg


■過去記事
≫ 広島「かなわ 広島空港店」オイスタープレート&穴子めし
■関連記事
≫ 銀座「銀座 かなわ」生ガキ&かきフライ膳
≫ 銀座「銀座 かなわ」かきフライ膳
≫ 広島「ASSE かなわ」の牡蠣料理
≫ 銀座「銀座 かなわ」のカキフライ膳
≫ 銀座「銀座 かなわ」移転リオープン
≫ 銀座「オストレアかなわ」のかきフライ定食

かなわ 広島空港店
広島県三原市本郷町善入寺64-31 広島空港ビル3F

その他の情報は
続きを読む

テーマ:オイスター - ジャンル:グルメ

[2017/03/22 23:00] | 広島 | page top
広島「美味彩膳」生しらすと釜揚げしらすの丼
bimisaizen01.jpg

広島といえば“ひろでん”

そんな広電の八丁堀電停前にある老舗百貨店「福屋」

bimisaizen02.jpg

その9階レストラン街にある「美味彩膳」

bimisaizen03.jpg

調べてみるとJ.フロントフーズのお店
レストランピーコックと松栄食品株式会社が合併した会社
松栄食品は松坂屋系で銀座松坂屋の食堂も営んでいたみたい

bimisaizen04.jpg

広島県産生しらすと釜揚げしらすの丼
小いわしの天ぷらと共に(1,380円)

bimisaizen05.jpg

生しらすと釜揚げしらすの両方あるのがいい

bimisaizen06.jpg

やっぱりごはんには釜揚げのしらすが合う

小いわしの天ぷら

bimisaizen07.jpg

鰯だけではなく野菜の天ぷらも

味噌汁

bimisaizen08.jpg

お漬物

bimisaizen09.jpg

よくある生卵トッピングのしらす丼

bimisaizen10.jpg

たっぷりのしらすにすると原価がかさむので仕方ないけど、
卵が崩れると卵の味になってしまう。。。

わかっていてもこれを注文したのは小いわしの天ぷらも食べたかったから

bimisaizen11.jpg

これも親子定食かな?

中心街にあって買い物客と勤め人で賑わっています。

bimisaizen12.jpg


美味彩膳 福屋八丁堀本店
広島市中区胡町6-26 福屋八丁堀本店9階

広電の車両情報は
続きを読む

テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

[2017/03/20 23:00] | 広島 | page top
鳥取「アゼリア」ホルモン焼きそば
azaleahorusoba01.jpg

鳥取砂丘コナン空港

いつの間にかそんな名前になっていた鳥取空港

azaleahorusoba02.jpg

2015年3月からそういう愛称になったらしい

その空港ターミナルビルの2階にある「レストラン・アゼリア」

azaleahorusoba03.jpg

ホテルニューオータニ鳥取のお店

azaleahorusoba04.jpg

環境はあるけど便数が少ないので飛行機はなかなか見ることができない。
HPには『滑走路と日本海が一望できるレストランです。』と正しく表現(笑)
昔来た時にはコミューター路線もあったのでもう少し便数があったはず・・・

この日見たのは除雪する重機

azaleahorusoba05.jpg

ホルモン焼きそば(1,000円)

azaleahorusoba06.jpg

昭和三十年代、鳥取の焼肉屋さんでホルモンと野菜を炒めた中に
“中華そば”を入たのが始まりだとか。「ホルソバ」とも呼ばれているそうです。
無理矢理作られたご当地グルメではないみたい(^^)

azaleahorusoba07.jpg

焼きそばとしての味はおいしい

azaleahorusoba08.jpg

ただ、一緒に食べると噛み応えが違うのでホルモンが口に残る(笑)

azaleahorusoba10.jpg

羽田からの便が到着、あれに乗って帰るのね~

azaleahorusoba09.jpg


レストラン アゼリア
鳥取市湖山町西4-110-5
鳥取砂丘コナン空港ターミナルビル2F

その他の情報は
続きを読む

テーマ:焼きそば・焼うどん - ジャンル:グルメ

[2017/03/02 23:00] | 鳥取 | page top
鳥取「たくみ割烹店」鳥取和牛バター焼きセット
batayakitakumi01.jpg

雪に半分埋もれた“鳥取空港”の石碑

久しぶりに山梨県側からの富士山

batayakitakumi02.jpg

しばらくすると西日本は一面の雲

着陸態勢に入り雲の下に出ると雪景色

batayakitakumi03.jpg

大雪の後に鳥取訪問

雪は止んでいたけど鳥取駅前も積もっています。

batayakitakumi04.jpg

東北で仕事をしていた頃を思い出し、歩幅を小さく重心はやや前に歩く

たくみ割烹店

batayakitakumi05.jpg

昭和三十七年(1962年)開店

batayakitakumi06.jpg

地元のものが食べられるお店
先に「たくみ工藝店」が開店(昭和七年)したようで食器や内装も民芸

batayakitakumi07.jpg

鳥取和牛バター焼きセット(2,630円)を注文

セットの小付・野菜の小鉢・いか糀漬が先行

batayakitakumi08.jpg

小付は里芋の煮物

野菜の小鉢はトマトサラダ

batayakitakumi09.jpg

いか糀漬

batayakitakumi10.jpg

これはお酒が欲しい(笑)

そしてメイン登場

batayakitakumi11.jpg

ごはん、香の物、味噌汁付き

鳥取和牛のバター焼き

batayakitakumi12.jpg

バターは控えめで塩・胡椒でシンプルに炒めたカンジ

後半は辛子ぽん酢で食べます

batayakitakumi13.jpg

ホースラディッシュも添えられているのがいいですね

ごはんは鳥取県産コシヒカリ

batayakitakumi14.jpg

おかわりのごはんはお櫃に

batayakitakumi15.jpg

やわらかく脂もあるけど脂っぽくない肉

batayakitakumi16.jpg

中国山地とその周辺では古くから和牛の放牧が行われてきた歴史があるそうです。

食後はコーヒー・フルーツ・ヨーグルトからの選択

batayakitakumi17.jpg

反射的にコーヒーを注文したけどフルーツはなんだったのかな?

夜に来る機会があればしゃぶしゃぶのルーツという牛すすぎ鍋を食べてみたいですね~

batayakitakumi18.jpg


たくみ割烹店
鳥取市栄町652

その他の情報は
続きを読む

テーマ:牛肉料理 - ジャンル:グルメ

[2017/02/28 23:00] | 鳥取 | page top
| ホーム | 次のページ>>