廿日市「あなごめし うえの」穴子白焼き&あなごめし
anagomeshiueno01.jpg

ある休日、宮島へ~

宮島口駅とフェリー乗り場の間にある「あなごめし うえの」

anagomeshiueno02.jpg

あなごめしは明治時代に駅弁として販売したのが始まりだそう

anagomeshiueno03.jpg

宮島へ行く時には店頭であなご弁当を買って行く人がたくさん

私は戻ってから店内へ

anagomeshiueno04.jpg

休日となればのお酒(432円)

anagomeshiueno05.jpg

小雨がぱらつく天気で肌寒い日だったのでお燗

穴子白焼き(1,296円)

anagomeshiueno06.jpg

シンプル、そしておいしい

おすすめの山葵や塩で

anagomeshiueno07.jpg

もっと飲みたかったかも(笑)

あなごめし・上(2,000円)

anagomeshiueno08.jpg

ANAGOANAGOANAGO

anagomeshiueno09.jpg

東京のお寿司屋さんのように煮穴子ではなく、西方らしく焼き穴子

味噌汁

anagomeshiueno10.jpg

お漬物

anagomeshiueno11.jpg

卓上には山椒

anagomeshiueno12.jpg

穴子飯はこの他に小サイズと特上あり

anagomeshiueno13.jpg

あなご飯は東京の煮穴子の方がごはんとの相乗効果がある気がする
でも、それは食べ慣れているからかもしれない。
元々は駅弁とのことなので、お弁当だと印象が違うのかもしれませんね

anagomeshiueno14.jpg

もともとは宮島沖で穴子が獲れるから始まったあなごめしみたいだけど、
今ではそれ以外にも対馬(長崎)や松島(宮城)など全国の穴子を使用しているようです。

anagomeshiueno15.jpg

広島三越でもお弁当販売しているようで、その方が食べる機会がありそう
もう一度宮島へ来たい気持ちもあるけど・・・その理由は続きを読む、で

anagomeshiueno16.jpg


あなごめし うえの
廿日市市宮島口1-5-11

周辺情報は
続きを読む

テーマ:郷土料理 - ジャンル:グルメ

[2017/04/22 23:00] | 広島 | page top
広島「かなわ 広島空港店」広島プレート
hiroshimakanawa01.jpg

広島空港にある「かなわ 広島空港店」

hiroshimakanawa02.jpg

「かなわ」の創業は慶応三年(1867年)

広島プレート(2,200円/税別、以下同じ)

hiroshimakanawa03.jpg

広島県産の生がきセット

ワンドリンク付き

hiroshimakanawa04.jpg

スパークリングワインを選択

広島

hiroshimakanawa05.jpg

本日の牡蠣の中でも最もふっくら牡蠣らしい

先端は2個

hiroshimakanawa06.jpg

小ぶりでつるんと

ウィスキー登場

hiroshimakanawa07.jpg

これは合うとは思う・・・

hiroshimakanawa08.jpg

でもウィスキーがあまり得意じゃないのでやっぱりレモン

店内に案内表示板があるのが空港店らしい

hiroshimakanawa09.jpg

生牡蠣にはやっぱり日本酒

hiroshimakanawa10.jpg

広島県呉市の「雨後の月」

そして、生がき

hiroshimakanawa11.jpg

広島(600円)、大黒神島(500円)、先端(350円)

大黒神島

hiroshimakanawa12.jpg

これも潮の香りがする牡蠣

小鰯洗い(900円)

hiroshimakanawa13.jpg

今シーズンあまり生牡蠣を食べていなかったので満足

空港店はまだ七年だけど今年で創業150周年を迎える「かなわ」

hiroshimakanawa14.jpg


■過去記事
≫ 広島「かなわ 広島空港店」オイスタープレート&穴子めし
■関連記事
≫ 銀座「銀座 かなわ」生ガキ&かきフライ膳
≫ 銀座「銀座 かなわ」かきフライ膳
≫ 広島「ASSE かなわ」の牡蠣料理
≫ 銀座「銀座 かなわ」のカキフライ膳
≫ 銀座「銀座 かなわ」移転リオープン
≫ 銀座「オストレアかなわ」のかきフライ定食

かなわ 広島空港店
広島県三原市本郷町善入寺64-31 広島空港ビル3F

その他の情報は
続きを読む

テーマ:オイスター - ジャンル:グルメ

[2017/03/22 23:00] | 広島 | page top
広島「美味彩膳」生しらすと釜揚げしらすの丼
bimisaizen01.jpg

広島といえば“ひろでん”

そんな広電の八丁堀電停前にある老舗百貨店「福屋」

bimisaizen02.jpg

その9階レストラン街にある「美味彩膳」

bimisaizen03.jpg

調べてみるとJ.フロントフーズのお店
レストランピーコックと松栄食品株式会社が合併した会社
松栄食品は松坂屋系で銀座松坂屋の食堂も営んでいたみたい

bimisaizen04.jpg

広島県産生しらすと釜揚げしらすの丼
小いわしの天ぷらと共に(1,380円)

bimisaizen05.jpg

生しらすと釜揚げしらすの両方あるのがいい

bimisaizen06.jpg

やっぱりごはんには釜揚げのしらすが合う

小いわしの天ぷら

bimisaizen07.jpg

鰯だけではなく野菜の天ぷらも

味噌汁

bimisaizen08.jpg

お漬物

bimisaizen09.jpg

よくある生卵トッピングのしらす丼

bimisaizen10.jpg

たっぷりのしらすにすると原価がかさむので仕方ないけど、
卵が崩れると卵の味になってしまう。。。

わかっていてもこれを注文したのは小いわしの天ぷらも食べたかったから

bimisaizen11.jpg

これも親子定食かな?

中心街にあって買い物客と勤め人で賑わっています。

bimisaizen12.jpg


美味彩膳 福屋八丁堀本店
広島市中区胡町6-26 福屋八丁堀本店9階

広電の車両情報は
続きを読む

テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

[2017/03/20 23:00] | 広島 | page top
広島「ASSE かなわ」の牡蠣料理


広島駅の駅ビルASSEの6階にある 「ASSE かなわ」



まずは生ガキ!広島県竹原市の「幻(まぼろし)」と一緒に~



もちろん広島の牡蠣もあるけど、「がんばれ東北!釜石」(860円×2)も注文!



デカッ!

どのくらい大きいかというと…



両端が釜石、間には沖ノ島ヌーボー(400円×2)



沖ノ島ヌーボーの方が洗練された味、釜石は垢抜けない感じで沖ノ島ヌーボーに軍配



鯛酒盗(500円)



これはお酒がススム系なので、東広島市の「福美人」



殻付きのまま焼いた「浜焼き」や昭和三十七年以来の味と言う「かき塩辛」でさらに飲みます。




〆の食事、同行者はかきめし(850円)



季節のごはん(750円)は鯛めし。吸物・香の物付き



路面電車王国 広島



■関連記事
≫ 広島「かなわ 広島空港店」オイスタープレート&穴子めし
≫ 銀座「銀座 かなわ」のカキフライ膳
≫ 銀座「銀座 かなわ」移転リオープン
≫ 銀座「オストレアかなわ」のかきフライ定食

ASSE かなわ
広島市南区松原町2-37 広島駅ビルASSE6F

広電の車両情報は
続きを読む

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

[2011/05/07 23:00] | 広島 | page top
広島「呉麺屋 アクアセンター街店」の広島ラーメン


かつての広島市民球場は解体工事途上



空港リムジンバスが広島バスセンターに到着する直前に見えます。



バスを降りると目の前にあるエレベータで7階に直行!



この日は時間がなかったのでAQ'A~アクア広島センター街で昼食。

「呉麺屋(ごめんや) アクアセンター街店」



広島ラーメン(750円)



豚骨しょうゆ、やや細めの麺。。具材はチャーシュー・煮たまご・もやし・メンマ・ねぎ。




細もやしと青いねぎが西日本っぽい!



私にはややこってりだけど、ラーメン好きの人には豚骨のわりにあっさりめかな。

このお店のウリは『呉冷麺』らしいけど日常ランチにはラーメン系セットが出ていました。



呉麺屋(ごめんや) アクアセンター街店
広島市中区基町6-27 アクア広島センター街7F

その他の広島情報は
続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2011/04/25 23:00] | 広島 | page top
| ホーム | 次のページ>>