三田「三田製麺所」つけ麺
mitaseimen01.jpg

慶応仲通り商店街にある「三田製麺所」

mitaseimen02.jpg

ひっきりなしに入ってくるお客さんの注文を手際よく捌いているし、
二階にも客席があって意外と待たない。

つけ麺/中+玉子(730円+100円)

mitaseimen03.jpg

豚骨魚介系のつけ汁

mitaseimen04.jpg

太めの麺、並(200g)/中(300g)/大(400g)は同じ値段

mitaseimen05.jpg

汁麺を食べる方が多い私
でも、たまには麺をワシワシ食べたくなることもあるんです。

玉子

mitaseimen06.jpg

魚介系の味は嫌いじゃないけど、
魚粉を使うと舌触りがザラザラしてあまり好きではない・・・

つけ汁は濃い

mitaseimen07.jpg

お願いして残すのも野暮なのでスープ割りはやめておきました・・・

今では関西や海外にも展開しているチェーンの本店

mitaseimen08.jpg


三田製麺所 三田本店
港区芝5-22-8

テーマ:つけ麺 - ジャンル:グルメ

[2016/12/15 23:00] | 三田・田町 | コメント(2) | page top
三田「大安吉日」新店オープン&鶏の唐揚げランチ
kichijitsu01.jpg

「大安吉日」2017年10月3日オープン

慶應仲通り商店街の路地裏

kichijitsu02.jpg

水野監物邸跡の案内板がある路地に入って左

kichijitsu03.jpg

古民家を改装したロジウラー

kichijitsu04.jpg

一階はテーブル席とカウンター

kichijitsu05.jpg

グループで来たお客さんは二階に通されていたのでテーブル席がたくさんあるようです。

鶏の唐揚げ(850円)

kichijitsu06.jpg

ランチは四択から鶏の唐揚げを選択し、前払い

kichijitsu07.jpg

サラダ

kichijitsu08.jpg

さらに小鉢・お漬物と脇役も揃っています。

kichijitsu09.jpg

味噌汁

kichijitsu10.jpg

ごはんと味噌汁はオカワリOK

kichijitsu11.jpg

ごはんは、もう少し頑張りましょう、かな・・・

生海苔おろしがたっぷり

kichijitsu13.jpg

そのままでもおいしく食べられるので、私には半分で十分

kichijitsu12.jpg

なので生海苔おろしは敷かれたもやしと食べました。

コーヒーもあったけどドリンクはほうじ茶を選択

kichijitsu14.jpg

持ち帰りできる紙コップ

古民家の温もりを残しつつイマドキ感もあるお店
次回は鯖の味噌煮かな~

kichijitsu15.jpg

逆方向から来るには「ホルモンまさる」の脇を入ります。

kichijitsu16.jpg


大安吉日
港区芝5-20-22

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

[2016/12/01 23:00] | 三田・田町 | コメント(0) | page top
田町「謙徳蕎麦家」日替わりB定食
kentokub01.jpg

JR田町駅と都営地下鉄三田駅直結の田町センタービル

kentokub02.jpg

その店舗街「piata(ピアタ)」二階にある「謙徳蕎麦家」の「謙徳ピアタ本店」

kentokub03.jpg

地階には謙徳ピアタ2号店、向かいには謙徳エンゼル店

kentokub04.jpg

オフィス街のおそば屋さんらしくランチメニューやセットメニューいろいろ

kentokub05.jpg

この日のA定食は天丼と山菜そば
店頭で確認せずに天丼とおそばのセットを注文したお客さんに
「今日はA定食がお得ですが・・・」と提案していた店員さん

B定食(950円)

kentokub06.jpg

A定食はいつもあるけど、毎日あるワケではないB定食

この日はカレー南ばん

kentokub07.jpg

それに好みの味だった五目ごはん

kentokub08.jpg

カキフライ2個もウレシイ♪

kentokub09.jpg

お漬物

kentokub10.jpg

そしてグレープフルーツも付いて盛りだくさん

kentokub11.jpg

カレー南ばんは辛さに弱い私でも汗ばみ始める程度

とは言うものの、お水が付いてくるのは私にはありがたい(汗

kentokub12.jpg

カレー南ばんはうどんも選択可

kentokub13.jpg

勤め人と年配客が多い地域密着系のお店

kentokub14.jpg


謙徳蕎麦家 謙徳ピアタ本店
港区芝5-34-7

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

[2016/11/24 23:00] | 三田・田町 | コメント(0) | page top
田町「舎鈴」新店オープン&つけ麺


「舎鈴 田町駅店」2016年8月7日オープン

mensharin02.jpg

田町センタービル ピアタの1階

mensharin03.jpg

駅直結のペデストリアンデッキに出て左にあるピアタ(2階)に入り、
エスカレーターで下りると出口の左前

mensharin04.jpg

「六厘舎」の松富士が20店舗以上展開している「舎鈴」
その筋では「六厘舎」は有名みたいだけど私は行ったことがない・・・

ガラスにも六厘舎の文字

mensharin05.jpg

タッチパネル式の自動券売機で食券を購入

つけ麺(630円)+水餃子(160円)

mensharin06.jpg

並盛は茹で上がりで330g

mensharin07.jpg

中太麺

魚介出汁に豚・鶏の動物スープを重ねたつけダレだそう

mensharin08.jpg

沈んで見えないけどチャーシューやメンマなどの具材

あまり濃厚ではなく、つけダレの粘度は低い

mensharin09.jpg

それもあってスープ割りするにはつけ汁が残り過ぎていたかな・・・

mensharin10.jpg

割りスープは卓上のポット

水餃子(160円)

mensharin11.jpg

味は普通だけどちゃんと水餃子

「舎鈴」が目指しているのは“毎日食べられる美味しいつけめん”だそう

mensharin12.jpg

たしかにインパクトが強いワケではなく無難な味
ただ、そのためか魚粉の味が前面に強く出てしまっている・・・
(つけ麺をそんなに食べない私だからかもしれないけど)

mensharin13.jpg

“毎日食べられる”であって“毎日でも食べたい”ではない(笑)

たしかにインパクト強いと一回食べたらしばらくはいいやになる
でも、無難なだけでは毎日でも食べたくはならない

コの字型のカウンターだけではなくテーブル席もあるのでグループでも使えそう

mensharin14.jpg

変わったメニューもあるようなので次は食べてみようかな

mensharin15.jpg


舎鈴 田町駅店
港区芝5-34-7 田町センタービル106
続きを読む

テーマ:つけ麺 - ジャンル:グルメ

[2016/11/15 23:00] | 三田・田町 | コメント(0) | page top
田町「歓迎(ホアンヨン)」羽根付き餃子&水餃子
huanyingtamachi01.jpg

歓迎(ホアンヨン) 田町駅前店
2016年7月29日オープン

huanyingtamachi02.jpg

森永プラザビル別館地下一階エンゼル街

huanyingtamachi03.jpg

「歓迎」は八木ブラザーズの一店、本店は蒲田

huanyingtamachi04.jpg

八木ブラザーズのお店では三田に「大連」があります。

お店に入ると左右にテーブル、70席あるようです。

huanyingtamachi10.jpg

歓迎名物羽根付き餃子(350円)

huanyingtamachi06.jpg

“焼き餃子”と注文して出てくるのはコレ(一人前6コ)

羽根に付加価値は感じないけど名物なんです(笑)

huanyingtamachi07.jpg

ひと口でガブッといかない場合は要注意

なぜならスープ含有量が多く、スープが飛ぶ~

huanyingtamachi09.jpg

四店の中では最もスープが多い気がします。

卓上には醤油・酢・ラー油・ぽん酢・胡椒

huanyingtamachi08.jpg

スープ等で味付けされているので、
最初は何も付けずに様子を見て酢を少し

豚肉入り水餃子(580円)

huanyingtamachi11.jpg

“水餃子”と注文すると出てくるのはコレ(一人前8コ)

huanyingtamachi12.jpg

八木ブラザーズ.のお店は羽根付き餃子が有名
でも、私にとってはおいしい水餃子があるお店
今では水餃子を出すお店も珍しくなくなり頻度は低くなってしまったけど、
「大連」を知ってからブログを始めた頃まではこの系でよく食べました。

huanyingtamachi13.jpg

「歓迎」は蒲田に3店舗と京橋の東京スクエアガーデン店と田町の5店
本店の接客はごにょごにょ・・・でしたが、ここは安心

huanyingtamachi14.jpg

エンゼル街は1974年12月にオープン

huanyingtamachi15.jpg


■関連記事
≫ 蒲田「歓迎(ホアンヨン)本店」の餃子

歓迎(ホアンヨン) 田町駅前店
港区芝5-33-1 森永プラザビル別館 B1F

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2016/10/18 23:00] | 三田・田町 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>