大森「三代目むら上 大森山王店」うな重(特上)
murakamitokujo01.jpg

JR大森駅を出ると目に入る「三代目むら上 大森山王店」

murakamitokujo02.jpg

オープンしてから先月末で2年経過

ビールにサービスのお通し

murakamitokujo03.jpg

ここは鰻の串が人気

鰻ひと通り/3本(750円)

murakamitokujo04.jpg

きも焼き、ひれ焼き、滋鰻つくね
もともと肝焼きとひれ焼きを食べようと思っていたので
メニューを見て注文(単品より50円お得)

おこげ(500円)

murakamitokujo05.jpg

麦焼酎を水割りで~

うな重/特上(3,000円)

murakamitokujo06.jpg

サラダ付き

murakamitokujo07.jpg

もちろんお新香もあります。

murakamitokujo08.jpg

肝吸も付きます。

murakamitokujo09.jpg

この日の鰻は鹿児島県産

murakamitokujo10.jpg

うな重は(上)も一尾、特上は大き目の一尾

murakamitokujo11.jpg

普段は最初から山椒はかけないけど、
これは匂いが気になり早めに投入

murakamitokujo12.jpg

1階はカウンター席、2階は掘ってあるタイプのお座敷

murakamitokujo13.jpg

食べるのがメインでビールで喉を潤す程度なら
先に登場するサラダをつまみにできます。

murakamitokujo14.jpg

この日は宮崎県産の鰻

murakamitokujo15.jpg

この時は身が崩れるくらい蒸しが強く焼きは浅かったけど鰻は悪くなかった

鰻の個体差があるとはいえ、ここはバラツキがある印象
とは言え、一尾のうな重(上)で2,400円、特上で3,000円は
国産の鰻を炭火で焼いたものとしては比較的安いし、
大森界隈ではまずまずの選択肢だと思います。

murakamitokujo16.jpg

持ち帰りで買って行く人も少なくない。
お弁当が多いのか蒲焼だけなのか、どっちでしょうね。。。

murakamitokujo17.jpg


■過去記事
≫ 大森「三代目むら上 大森山王店」オープン&うな重

三代目むら上 大森山王店
大田区山王2-4-4

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2015/07/09 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | page top
大森「清川」の鰻重(雪)
kiyokawayuki01.jpg

うなぎ「清川」

大井水神公園の端と桜新道の中間あたり

kiyokawayuki02.jpg

創業は大正七年(1918年)
この地で鰻屋さんを開店してからでも60年近く

ビール(550円)

kiyokawayuki03.jpg

小瓶はヱビス

肝焼き(350円)

kiyokawayuki04.jpg

二本注文しようとしたら残り一本、ラッキーではあります。

お酒(500円)

kiyokawayuki05.jpg

ひやでお酒をお願いしたら「常温ですか?」と確認されました。
ここならすーっと出てくると思ったけどそうでもなかった(笑)

青菜びたし(350円)

kiyokawayuki06.jpg

メニューや店内のお知らせには『…史上かつてない仕入価格が高値となり
大変申し分けございませんが蒲焼の量を更に減して営業…』とあります。

値上げするのは心苦しいという気持ちは伝わってきます。。。

鰻の量が期待よりも少ないと印象が良くないので
素直に値上げした方がベターだと私は考えますが、
繁華街でもないこの場所だと難しいのかな・・・


鰻重/雪(3,350円)

kiyokawayuki07.jpg

以前は真ん中の「月」でしたが事情に鑑みてひとつ上の「雪」を選択
「三切れで見た目が悪くてすみません」と恐縮していましたが、それなりのボリュームです。

kiyokawayuki08.jpg

きも吸い

kiyokawayuki09.jpg

香の物

kiyokawayuki10.jpg

口直し

kiyokawayuki11.jpg

スタンダードな味に昔ながらの落ち着いた雰囲気

kiyokawayuki12.jpg

近くにあったらもう少し来るかもしれません。

kiyokawayuki13.jpg

創業時は天ぷら屋さんだったそうで天ぷらも人気のようです。
天ぷらの値段は海老天重1,100円をはじめ、定食や盛り合わせも千円台

kiyokawayuki14.jpg


■過去記事
≫ 大森「清川」の鰻重

うなぎ清川
品川区南大井5-20-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2014/05/04 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | page top
大森「三代目むら上 大森山王店」オープン&うな重
murakamiopen01.jpg

「三代目むら上 大森山王店」2013年6月29日オープン

murakamiopen02.jpg

昨年12月に閉店した「丸幸商店」のあった場所に大井町の「三代目むら上」が出店。

1階はカウンター5~6席。2階は掘ってあるタイプのお座敷、4人×3卓くらいだったかな。

murakamiopen03.jpg

三代目になる前は串の立ち食い立ち飲みスタイルだった大井町のお店。
ここも鰻の串の種類が豊富なのでビールを飲みながらメニューを眺めます。

murakamiopen04.jpg

ひれ焼(200円)&きも焼(300円)

murakamiopen05.jpg

約15尾分を巻いたというひれ焼、ウマイ~

タレはやや濃い目なので日本酒ではなく麦焼酎を選択

murakamiopen06.jpg

麻生富士子(400円)の他にも焼酎はいろいろあります。

鰻の串は11種類もあるど、それは別の機会に~
なぜなら土用の丑の日に向けて鰻重を(^^)/

上うな重(2,100円)

murakamiopen07.jpg

店頭に『本日のうなぎは愛知県三河産』と出ていました。

murakamiopen08.jpg

お吸い物はちょっとアレだけど肝吸。お新香とサラダ付き。

程よく蒸した鰻を強めに炭火で焼いた鰻、おいしいです。

murakamiopen09.jpg

タレはやや甘めやや濃い目だけど私のストライクゾーンからは外れていない程度。

murakamiopen10.jpg

特上うな重(2,730円)

murakamiopen11.jpg

鰻が大きいのもあるけどこっちは蒸しが強くふわふわ、焼きはおとなしめ。

murakamiopen12.jpg

たぶん『上うな重』の蒲焼がここのスタイルだと思いますが
個体差もあるしオープン直後で多少違ったのかな。

murakamiopen13.jpg

お値段もほどほど、ウナギスキーには楽しみが増えました。

持ち帰りは1階の脇で対応。お弁当か鰻蒲焼のを選択できます。

murakamiopen14.jpg


三代目むら上 大森山王店
大田区山王2-4-4

周辺の情報は
続きを読む

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2013/07/06 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | page top
大森「うなぎ 今丁」ひれ焼とうな丼
imachou01.jpg

八幡通りからイトーヨーカドーへ向かう通りの角、
大森聖マリア幼稚園の向かいにある、うなぎ「今丁」

imachou02.jpg

開店してから十年くらい経っているみたいです。

imachou13.jpg

開店してそんなに経っていない頃からときたま訪れているけど、
実は青物横丁の「丸富」と同じように甘いタレがストライクゾーンではないので
同じ理由でアップをためらっていました。

でもこれは善し悪しではなく好みの問題。それにここも串焼き類で飲めるのがいいんです。

imachou06.jpg

串焼(230円)をつまみにビールを飲みます。

imachou05.jpg

かんぞう焼(250円)&あたま焼(230円)

imachou08.jpg

かんぞうはやわらか、あたまはやや硬いところもあるので慎重に食べます。

酒類はビール・お酒・焼酎・サワーなど

imachou07.jpg

ひれ焼(250円)&きも焼(250円)

imachou04.jpg

ここの串焼き類ではひれ焼きが一番好き。
「丸富」よりさらに甘い気がするタレ、
でもひれ焼きには合っている気がします。

imachou12.jpg

カウンター中心の店内、奥にはテーブルもあります。

うな丼/並(1,550円)

imachou09.jpg

味噌汁とお新香は付いています。

imachou03.jpg

『並』は等級ではなくスタンダードなボリュームのこと。
他に蒲焼きダブルやごはん大盛、その両方があります。

imachou10.jpg

カウンターには出汁のポットとごまが置かれています。

imachou11.jpg

終盤はお茶漬けスタイル、わさびも出してくれます。
串をつまんで飲むのからうな丼は並にするけど
これならダブルや大盛でもいけそうです。

imachou14.jpg

持ち帰りで買って行くこともできるお店。

来月は土用の丑の日もありますねー

imachou15.jpg


うなぎ 今丁
大田区大森北2-4-8

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2013/06/28 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | page top
平和島「はせ川」のうな重(上)


籠に入った鰻、創業以来九十余年の「はせ川」



久しぶりに来ました「はせ川」…2~3年ぶりかな

肝佃煮(500円)



車で来たのでノンアルコール

うな重・上(3,300円)



やわらかい鰻にあっさりめのタレ。



うな重は、きも吸い・お新香付き。




おいしい鰻には山椒はかけない、途中で変化を付けたい時に少しかけるだけの私。



でも、この山椒はさわやかな香りでかけたくなる~



以前よりも少しだけ焼きがおいしくなった気がします。久しぶりなので自信はないけど、
少なくとも維持はしていますね。味を落としている店がある中チョット嬉しいかも。



■過去記事
≫ 平和島「はせ川」のうな重(松)

はせ川
大田区大森西2-4-4

青い「P」のマークと赤い矢印の意味は
続きを読む

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2012/09/25 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | page top
| ホーム | 次のページ>>