大森「月の小路」彩り新鮮ばらちらし御膳(ランチ)
barachirashikomichi01.jpg

昼間の「和とBAR 月の小路」

ホテル「グランティオス 別邸」の2階

barachirashikomichi02.jpg

ランチには数量限定の“ばらちらし”があると夜来たとき聞いたので、
大森ランチする機会があった日にやって来ました。

バーカウンターに着席

barachirashikomichi03.jpg

申し訳なさそうに「今日は・・・」というので遅かったか?と思ったけど、
売り切れていたのは同じく限定数の天重、ばらちらしはセーフ
寒い日だったから温かいものが出たのかもしれない

無事、注文を済ませ窓の外を眺めながら待ちます。

barachirashikomichi04.jpg

彩り新鮮ばらちらし御膳(980円)

barachirashikomichi05.jpg

ばらちらし

barachirashikomichi06.jpg

魚や海老の他に、たまご焼き、干瓢、椎茸、きゅうり、酢蓮など

湯葉や焼魚など

barachirashikomichi07.jpg

焼魚はひと口だけどはじかみも添えられています。

筍と高野豆腐の煮物

barachirashikomichi08.jpg

この二皿でお酒も飲めるカンジ(笑)

梅が香る茶碗蒸し

barachirashikomichi09.jpg

味噌汁付き

barachirashikomichi10.jpg

吹き寄せちらしとか生ちらしという鮨ダネをすし飯にのせたちらし寿司はあまり食べない私
それだったら握り鮨として食べたい。でも渾然一体のおいしさがある“ばらちらし”は好き

barachirashikomichi11.jpg

そういえば家庭的なちらし寿司も好き

デザートも付きます。

barachirashikomichi12.jpg

コーヒーはオカワリOKみたい

barachirashikomichi13.jpg

盛りだくさんで野口英世先生でお釣りがくる値段

barachirashikomichi14.jpg

次は昼飲みしながらの休日ランチかな?

barachirashikomichi15.jpg


■過去記事
≫ 大森「月の小路」和柑橘のジントニック&司牡丹ゆず酒のスプリッツァ
≫ 大森「月の小路」新店オープン&月花

和とBAR 月の小路(つきのこみち)
東京都大田区大森北1-1-7 グランティオス 別邸 2階

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2017/02/06 23:00] | 大森)鮨・お寿司 | page top
大森「月の小路」新店オープン&月花
komichiopen01.jpg

和とBAR「月の小路」 2017年1月16日オープン

2016年12月26日にプレオープンしたホテル「グランティオス 別邸」の2階

komichiopen02.jpg

ホテルのグランドオープンは2月20日予定

工事していた昨年の秋に2月開業予定と確認して追記もしたけど、
たまたま通り掛りに祝い花を見て開店に気が付きました。

komichiopen03.jpg

ホテル脇の竹が並ぶエントランスから二階へ

寿司カウンターとバーカウンターの二刀流

komichiopen04.jpg

掘ってあるタイプの寿司カウンターに靴を脱いで着席

北雪 純米/グラス(800円/税別、以下同じ)

komichiopen05.jpg

ワイングラスとは別のオサレなグラス

お通し(500円)

komichiopen06.jpg

早くもそら豆が登場

十三夜(1,200円)

komichiopen07.jpg

十三夜は刺身三種、イナダ・鮪・平目

会津中将 純米初しぼり/グラス(850円)

komichiopen08.jpg

グラスの日本酒は120ml

菜の花のからしあえ(600円)

komichiopen09.jpg

初春ってカンジ~

本日の白ワイン(800円)

komichiopen10.jpg

“和とBAR”だけに日本のワイン、この時は大分県のソーヴィニヨンブラン

お魚は刺身の他に焼魚や煮魚を選べます。

komichiopen11.jpg

その日のお魚は“今宵のおすすめ”のページに記載

超王祿/一合(1,400円)

komichiopen12.jpg

そして一人前寿司皿を注文

月花(3,000円)

komichiopen13.jpg

「月花」は一人前寿司皿、カウンターだったので鮪(マグロ)から順番に

平目(ヒラメ)

komichiopen14.jpg

鱸(スズキ)と鮪(マグロ)

komichiopen15.jpg

赤貝(アカガイ)

komichiopen16.jpg

子持ち昆布

komichiopen17.jpg

雲丹(ウニ)とイクラ

komichiopen18.jpg

たまご焼き

komichiopen19.jpg

巻物はトロめの鉄火巻

komichiopen20.jpg

ここまでが「月花」

光り物を食べたくて小肌(コハダ)を注文

komichiopen21.jpg

穴子(アナゴ)は2個注文

komichiopen22.jpg

“和とBAR”、“お寿司とバーのダブルカウンター”という謳い文句に
実は握り鮨にはあまり期待していなかったのが正直なところ。
居酒屋系寿司店のような中途半端な職人とお寿司かもしれないと思ったけど、
ここの親方は握りの技術がありスタンダードな握り鮨で嬉しい誤算(^^)

もちろん値段を見ても銀座の高級店とお魚の質は違うけど、
すし種・すし飯・握りの技術の三位一体と思っている私
その中ですし種の質は値段と比例するところがあり難しいところ
でも、他の二つが揃えばお寿司としてはおいしいはず

この手のお店だとすし飯は砂糖と調味料が多くベチャッとすることが多いけど、
すし飯は味付け控えめで割とすっきり(もっとお酢と塩が効いている方が好みだけど)

komichiopen23.jpg

大森駅周辺を中心に「だら毛」などを展開する地域密着系ティオスグループのお店

振り返るとバーカウンター、その話は次回~

komichiopen24.jpg


和とBAR 月の小路(つきのこみち)
東京都大田区大森北1-1-7 グランティオス 別邸 2階

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2017/01/22 23:00] | 大森)鮨・お寿司 | page top
大森「鮨処すけろく」晩秋のお鮨
banshusukeroku13.jpg

2016年11月7日に二十周年を迎えた「鮨処 すけろく」

晩秋の酒肴から握り鮨へ

小肌(コハダ)から

banshusukeroku14.jpg

熊本産の小肌、小振りだったので2個

軽くヅケにした大間の本鮪(ホンマグロ)

banshusukeroku15.jpg

旨味たっぷり、冬の鮪らしくなってきました。

細魚(サヨリ)

banshusukeroku16.jpg

いつものようにおまかせとお好みの混合、これは指定

閖上の赤貝(アカガイ)

banshusukeroku17.jpg

閖上のがいつも良いワケではない・・・

白海老(シロエビ)

banshusukeroku18.jpg

これはおまかせ領域でよく登場する寿司ダネ

縞鯵(シマアジ)

banshusukeroku19.jpg

ツ-トンカラーの雲丹(ウニ)

banshusukeroku20.jpg

エゾバフンウニとキタムラサキウニ

〆鯖(サバ)

banshusukeroku21.jpg

蝦蛄(シャコ)

banshusukeroku22.jpg

岡山の蝦蛄

穴子(アナゴ)

banshusukeroku23.jpg

珍しく一個だけ、その代り干瓢巻き

banshusukeroku24.jpg

オーソドックスにわさびナシで注文
もともと煮ものはわさびを入れないのがお寿司の原則だった。
でも「すけろく」では今やわさび入りで注文する人が7割とのこと
わさび入りがスタンダードになってきているようです。

二十一年目の「鮨処 すけろく」

banshusukeroku25.jpg


■過去記事
≫ 大森「鮨処すけろく」晩秋の酒肴
≫ 大森「鮨処すけろく」晩夏のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」つまみとお鮨(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」冬の鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」春のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」初冬のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」夏のお鮨(新子&新烏賊)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(梅の見頃)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(夏)新子と新烏賊
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(初夏)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(早春)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」初秋のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」の酒肴(夏)
≫ 大森「鮨処すけろく」新子と夏のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」鯵と梅雨穴子
≫ 大森「鮨処すけろく」初夏のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」早春のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」冬のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」秋のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」の新子&新いか
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(夏)
≫ 大森「鮨処すけろく」魚のお鮨(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」のつまみ(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(秋)
≫ 大森「鮨処すけろく」の新子
≫ 大森「鮨処 すけろく」のお好み鮨
≫ 大森「鮨処 すけろく」のおまかせ鮨

鮨処すけろく
大田区大森北1-34-14 ツインビル5F

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2016/11/30 23:00] | 大森)鮨・お寿司 | page top
大森「鮨処すけろく」晩秋の酒肴
banshusukeroku01.jpg

2016年11月7日に二十周年を迎えた「鮨処 すけろく」

banshusukeroku02.jpg

テーブルのある部屋には祝い花

店内の雰囲気が明るくなりました

banshusukeroku03.jpg

ビールはアサヒかサッポロ

夏の名残りと冬の走りが混じる秋

banshusukeroku04.jpg

ながらみとふぐ皮の煮凝り

banshusukeroku05.jpg

癖の少ない千葉のながらみ

助子とサーモン入りクリームチーズ

banshusukeroku06.jpg

助子の煮付けが出てくると冬の訪れを感じる

お酒がおいしく感じると言われる錫の酒器

banshusukeroku07.jpg

おいしい・・・気がする(笑)

ただ、錫は熱伝導率が高く熱燗だと持てないそう

竹岡の蛸

banshusukeroku08.jpg

歯応えが江戸前の茹で蛸

「鶴の友」があったのでお燗で

banshusukeroku09.jpg

まだ唐墨には早かったこの日
材料が高くて今シーズンは仕込んでいないそう・・・

珍しく自分から白子を注文

banshusukeroku10.jpg

焼いた鱈の白子

いつものようにガリ二種類

banshusukeroku11.jpg

自家製の方が香りが良く余計な甘さがなくおいしい

そして握り鮨へ~

banshusukeroku12.jpg


■過去記事
≫ 大森「鮨処すけろく」晩夏のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」つまみとお鮨(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」冬の鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」春のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」初冬のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」夏のお鮨(新子&新烏賊)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(梅の見頃)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(夏)新子と新烏賊
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(初夏)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(早春)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」初秋のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」の酒肴(夏)
≫ 大森「鮨処すけろく」新子と夏のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」鯵と梅雨穴子
≫ 大森「鮨処すけろく」初夏のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」早春のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」冬のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」秋のお鮨
≫ 大森「鮨処すけろく」の新子&新いか
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(夏)
≫ 大森「鮨処すけろく」魚のお鮨(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」のつまみ(冬)
≫ 大森「鮨処すけろく」のお鮨(秋)
≫ 大森「鮨処すけろく」の新子
≫ 大森「鮨処 すけろく」のお好み鮨
≫ 大森「鮨処 すけろく」のおまかせ鮨

鮨処 すけろく
大田区大森北1-34-14 ツインビル5F

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2016/11/29 23:00] | 大森)鮨・お寿司 | page top
大森「すし処 関根」新店オープン
opensekine01.jpg

山王口交差点の突き当りに建つ山王アーバンライフ

その一階に「すし処 関根」
2016年8月20日オープン

opensekine02.jpg

以前は「紅山楼飯店」があった場所

opensekine03.jpg

もちろん居抜きではなく、すっかり変わっています。
かつて「紅山楼飯店」だったことは忘れてしまいます。

その記憶を思い起こす名残りは地下への階段を見下ろす窓

opensekine04.jpg

でも、障子を付ける予定とのことなのでそれも今の内だけ

小生ビール

opensekine05.jpg

ランチの握り一人前(1,000円/税別、以下同じ)もあったけど、
お休みの日ランチ、せっかくだから上にぎり

上にぎり(2,500円)

opensekine06.jpg

烏賊、鮪の赤身、イナダかカンパチか、中トロ、たまご焼き

数個をまとめてつかんで出す廉価店でありがちな出し方
いっぺんに出すのは構わないけど、
鷲づかみにしないで一個ずつ置いた方がおいしそうだと思うけど…

イクラ醤油漬け、小肌、帆立貝、赤貝の紐

opensekine07.jpg

近年は一人前には入ってないことも多い小肌があるのがウレシイ

みそ汁付き

opensekine08.jpg

鉄火巻

opensekine11.jpg

鉄火巻に合う赤身がいいカンジ

お寿司屋さんは高級店と回転寿司に二極化が進んで、
中間層のお店(いわゆる町のお寿司屋さん等)は減っています。
ここはすし種も技術も中間的で値段もそうみたい、
普段使いできるお店として定着するといいですね。

opensekine12.jpg


すし処 関根
大田区山王2-1-8 山王アーバンライフ1F

周辺情報は
続きを読む

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2016/08/31 23:00] | 大森)鮨・お寿司 | page top
| ホーム | 次のページ>>