銀座「竹葉亭」木挽町本店の鰻お丼
江戸末期創業のうなぎ料理店、大正時代に木挽町(現在の銀座8丁目)へ移転

この日の同行者は社内グルメOL1と社内グルメOL3
自腹を切るから、おいしいうなぎ屋に連れて行けとの指令ヾ(^o^;)
実は社内グルメOL3は古い江戸前の寿司屋の娘

これは“東京の鰻”でなければなるまい!
でも、大丈夫。銀座、それも近くにありますヽ( ´ー`)ノ

そしてここは、このウナギスキーな方のおいしい鰻の基準となるお店
旅好き美味いもの好き 《銀座8丁目の鰻屋「竹葉亭 木挽町本店」うまっ》

椅子席の入口はこちら。座敷はコースが基本なので、当然こちらから入ります。



込んでいます、二人席がひとつだけ空いていますが、当方は3人
すると仲居さんが、“今、ご用意しますので少々お待ちください。”と言うではありませんか。
同行者二人は初めてなので気が付いていませんが、これはお座敷ですね。



いったん外へ出て、お座敷用の入口から入り直します。



こんなところを通ってお座敷へ

鰻お丼 B (2,625円)



新香はもちろん、お吸い物も付いています。



艶やかかな焼き上がりの鰻はふっくら。それも程よいふっくら加減。外はカリッ
ふわふわとろとろも悪くないけど、香ばしさも味わえる焼き加減がいいですね。
どちらかというと辛口ではあるが、あっさり目の上品なタレ

同行者二人はこちら、鰻お丼 A (2,100円)



本当は私もこちらでよかったのです。(A)でも十分なボリュームがありますし、
うな丼ラブな私にとっては、磁器の丼で出される右の(A)の方がストライク!



二人ともおいしいを連呼。このボリュームで大丈夫か心配した小食な社内グルメOL1も完食



2,000円以上ですから、もちろんランチとしてはたしかにかなり高い

しかし「うなぎ」として考えると、この内容でこの値段ならコストパフォーマンスはいい!
この点については同行者二人とも意見が一致。
しかもこの雰囲気(椅子席でも風情あります)でゆったり過ごせ、老舗らしいサービス

うなぎは好みが分かれますが、今日は東京のうなぎで大正解でした。

鰻蒲焼きの関東風・関西風の話は⇒ 銀座「ひょうたん屋」のうなぎは関西風?関東風?

今回は席だけお座敷でしたが、椅子席のメニューは昼も夜も基本的に同じです。


竹葉亭 木挽町本店
中央区銀座8-14-7

関連情報は
続きを読む

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2007/03/29 00:00] | 鰻・うなぎ | page top
築地「南ばら亭」の親子丼
丼物のお店、この方が「今まで食べた親子丼の中でいちばんおいしい」と絶賛。
銀座・築地ランチ日記「築地 南ばら亭」

気になりつつも、築地には行かないと思っていたら、同僚が“築地に行きましょう”と。
そこで、親子丼を提案するも魚介類がいいというので、覚えていたマックモアを提案し合意
しかし既に数人待ち、この距離で行列は致命的。なので改めて親子丼を提案するも、
彼らはどうしても魚介類にこだわるので別行動に。。。



お店のキャッチ・フレーズは、
《東京ステーションホテル「日本料理さつき」にて絶品と賞賛された名物の親子丼の店》
築地とどういう関係?まあ、いいや。

お目当ての「炙り親子丼」は残念ながら売り切れ。

親子丼(700円)



とろとろ、でも生ではない。おいしいですね。一所懸命かき混ぜていた、あれにコツがあるのかな?
でも、後半になると、ちょっと味が濃い、そして甘いと感じてしまいました。
やっぱり好みが違いますね。

今のところ親子丼は「ととりべ」に軍配をあげるかな。(南ばら亭も標準以上だと思います)
味の好みと、お新香食べ放題、スープ・杏仁豆腐付きで800円ですから。

南ばら亭は、このとろとろ加減が絶妙。これは「炙り親子丼」を食べてみないといけませんね。



それとこの雰囲気。
軒先の小テーブルで人通りを見ながら気分は、カフェ・ドゥ・プラン・ネール・ジャポネ
でも、見られているのはこっちだな(汗

右を見ると、これもどこかで見覚えのあるお店が・・・



おみやげに買って帰るか・・・



でも、誰も知らなかった。。。


南ばら亭
中央区築地4-14-14

テーマ: - ジャンル:グルメ

[2007/03/27 00:00] | 築地 | page top
神戸岡本「冠三宝」のマンゴープリン
※追記:2012年4月末日をもって閉店しました。

マンゴープリン(3,000円税込み/6個)



プリンのようなマンゴープリン

色を比べてみましょう



マンゴープリンの色比べはこちら⇒ 可視化テーマ報告「マンゴープリンの色」

きっかけはこちら⇒ 神戸っ子ゴハン “あの「あまから手帖」推薦!
ソムリエールのいる本格中国料理店!~神戸・岡本「冠三宝」”


伏線のお話はこちら⇒ 旅好き美味いもの好き “マンゴープリン、衝撃の事実!”



ヘリコプターや潜水艦で買いに行けない方は、ネット販売を利用できます。


冠三宝
神戸市東灘区岡本3-7-9 ラヴィール岡本 2F

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2007/03/25 00:00] | 兵庫 | page top
大森「布恒更科」の鴨南蛮そば
今回の布恒更科は迫力満点の一品!

鴨南蛮そば



鴨、分厚い!



焼いた鴨とねぎが香ばしく、噛むと鴨の旨みが口の中で広がります。



つくねも丸々と大きいんですよ。つゆは冷たいそばのそばつゆと違ってやさしい味



ここの素敵なところは、とても有名なお店でありながら、
地元の人に支持されている町のおそば屋さんという雰囲気もあるところ
自由に使ってくださいという壺に入った天かすもそれを表している、とは言い過ぎでしょうか

鴨南蛮そば(2,625円)
 


お値段も迫力満点(笑)



■過去記事
≫ 大森「布恒更科」のそば
■関連記事
≫ 築地「布恒更科」のそば
≫ 銀座「きだ」のそば

布恒更科
品川区南大井3-18-8

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

[2007/03/24 00:00] | 大森)そば・蕎麦・うどん | コメント(10) | page top
銀座「鳥繁 東店」のドライカレー肉のせ
※追記:2009年1月末をもって閉店しました。

銀座6丁目の焼き鳥屋さん、ランチタイムは鳥重とドライカレーが人気

銀座の中ではお店の少ない東南ブロックだけど、この並びはここの他にも
ひょうたん屋ととりべ、瑛舎夢、たちばな、楸、など比較的お店があります。

ドライカレー、肉のせ(750円+100円)



たまに食べたくなる、どことなく野卑な味のドライカレー。具は鶏肉と玉ねぎにパセリ。



スープも焼き鳥屋のスープというより焼肉屋のものに近いかな。



ここは「ドライカレー、肉のせ」とオーダーしましょう。100円の差で満足度は随分違います。
炭火で焼いてタレにつけた鶏肉は香ばしくおいしいです、焼き鳥屋さんですからね。



カレーに弱い私でも、これは汗ばむ程度です。

なんとなく薄暗くどよ~んとした空気や喫煙可能なことからなのか、
オヤシの巣窟だったのですが、最近は女性の方も来てますね。


お昼は鳥重も人気です。

鳥繁 東店
銀座6-12-16
続きを読む

テーマ:焼鳥 - ジャンル:グルメ

[2007/03/23 00:00] | 焼鳥・鶏料理 | page top
| ホーム | 次のページ>>