大森「布恒更科」鴨南ばん


ちょっと早いけど年越しそば~

   年末恒例の年越し蕎麦もこのブログでは最後。
   ちょっとおセンチになって過去の履歴を調べてみると、

   2011年:大森「布恒更科」ごぼう汁
   2010年:六本木「HONMURA AN」の焼き麩&そば
   2009年:糀谷「蕎麦 ひさ奈」で忘年会
   2008年:大森「布恒更科」の鴨汁
   2007年:大森「いさ美庵」のそば(せいろ)

   そういえばよく行く「入新井 愛知家」が登場していません。
   実はお正月明けに『七草がゆ』が用意されている時があり、
   年末の年越しそばとしてのアップは避けていたんです。



再登場になるけど今回で「布恒更科」の鴨トリオが年越し蕎麦として完成

毎年これを食べるのが楽しみ、鴨南ばん(2,700円)



布恒更科らしく豪快で骨太な鴨南蛮そば

分厚い鴨肉、つくねも丸々と大きいんです。



つゆは冷たい蕎麦のそばつゆに比べるとまろやかでやさしい味

焼いた葱が香ばしく、噛むと鴨の旨みが口の中で広がります。



これを食べる時は初めに心を決めて、つまみは少なめにセーブしないと満腹になります。

鴨汁(2,150円)



鴨汁は、他のお店でなら主役を張れるもの



十分な大きさのお肉、香ばしい葱も入っています。

鴨汁は温かいので蕎麦はあつもりを選択しました。



鴨の旨みがそばつゆに溶け込んでウマイんです。

ごぼう汁(1,380円)



たっぷりの牛蒡と鴨の挽肉が入ったそばつゆ、実はこれが一番濃厚かも!



蕎麦湯用に別のお猪口を出してくれます。



鴨は今シーズン初めて食べた11月よりもおいしくなっています。これからさらに?

今回、未使用画像や写真の使い回しもチラッと考えたけど、そうは問屋が卸さない。



テーブルが新しくなっているんです(笑)

このブログも暖簾を下ろす時が近付いてきました。



前回の記事では『近いうちに…』と書いたのですが、そこには反応ナシ(笑)
流行語トップテンも過ぎてしまえば、そんなもんですね~
ただ、ブログ終了まではあの発言から解散の期間に比べると短いです。



先の記事では、たくさんのコメント・メールありがとうございます。

ミニスカな乙女から「続けて」とお願いされたらすぐに「うん」と言いそうですが、
残念ながらコメントではそれを見ることができません(冗談です…2割くらいは)

せっかくのコメントへの返事が年賀状のひと言のようなレスで失礼しました。
今はいろいろ調べたり試したり他のブロガーと技術的なやり取りすることに
時間とパワーをかけていますので、ご理解のうえお許しください。

皆様からのコメントで、私だけのブログでもない気がしています。
移行継続したい気持ちになっていますがテクニカルなことが最大の課題、
現在の運用元がどこまで移行をサポートしてくれるのかにかかっています。

詳細未定のため、お知らせするのは年が明けてからになります。



今年も一年間ありがとうございました。
みなさま良い年をお迎えください。
それでは、また来年(^-^)ノ~~


■過去記事
≫ 大森「布恒更科」紫蘇切りそば
≫ 大森「布恒更科」ぎんぽ天種と桜の葉切り
≫ 大森「布恒更科」の湯豆腐
≫ 大森「布恒更科」ごぼう汁
≫ 大森「布恒更科」玉子とじそば&カレー南蛮
≫ 大森「布恒更科」あられあられあられ
≫ 大森「布恒更科」猪口むし&鴨南ばん
≫ 大森「布恒更科」すだち切りそば
≫ 大森「布恒更科」冷製じゅんさいそば
≫ 大森「布恒更科」はぜ天もり
≫ 大森「布恒更科」かけそば
≫ 大森「布恒更科」の揚げあんかけ
≫ 大森「布恒更科」の雑煮鍋
≫ 大森「布恒更科」の伊予柑切り
≫ 大森「布恒更科」の鴨汁
≫ 大森「布恒更科」蕎麦前、その後
≫ 大森「布恒更科」のもりそば
≫ 大森「布恒更科」の桜海老切りそば
≫ 大森「布恒更科」の生粉打ちそば
≫ 大森「布恒更科」の鴨南蛮そば
≫ 大森「布恒更科」のそば
■関連記事
≫ 築地「築地 布恒更科」冷しすだちそば
≫ 浅草橋「手打そば 更里」もりそば
≫ 築地「布恒更科」のそば
≫ 銀座「きだ」のそば

布恒更科
品川区南大井3-18-8

年末年始情報は
続きを読む

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

[2012/12/27 23:00] | 大森)そば・蕎麦・うどん | page top
当ブログ「バンド・オブ・トーキョー☆」の終了について


当ブログ「バンド・オブ・トーキョー☆」は近い内に終了します。

トーキョー☆ブックマークのブログサービス終了に伴うことなので、
ブログ全体が消えてしまいます。



年末の忙しい時期なのに悩み事が増えた…さて、どうしたものか?

①このままやめてしまう。
週末には時間を費やしています。やめたら気が楽になるかも。
ブログのために食べているワケではないので同じ店へ繰り返し訪問していて
マンネリ化している気もしています。よく行くお店は間隔を空けるようにして
タイミングを見計らってアップしているので未使用の画像が溜まってきます。
FacebookやTwitterが盛んになっているし、ここらがやめる潮時か…
しかし消滅はさびしいものがあります。

②別のところで新たにブログを始める。
撮った写真も活用できるし手軽な選択かもしれません。
ただ、今までの蓄積があったからこそ続けられたので、
新たに始めて続けられるかどうか自信はありません。
これもさびしいのは同じです。

③別のところへデータを移行してブログを続ける。
どの会社でもトーキョー☆ブックマークは引っ越しサービスの対象外。
別ブログのエクスポート・インポートを自分で試したことはありますが、
画像が移行できないのが最大の難点。
結局は一件々々調整しなくてはならない…ムリムリ!
有料でも構わないんだけど可能なサービスがあるか要検討。

詳細については後日お知らせします。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

[2012/12/23 13:00] | その他 | page top
日本橋橘町「都寿司」のお鮨(十二月)
※追記:2015年10月17日をもって閉店しました。
移転し「日本橋蠣殻町 すぎた」として新たにオープン⇒ こちら




「日本橋橘町 都寿司」で、冬到来を実感するつまみを食べた後は握り鮨です。

小肌(コハダ)



もちろんいつも安定したおいしさですが、
この時期はさらに小肌がおいしい季節

鯛(タイ)



何気なく口に入れたんだけど、これが旨い!4日間寝かせた真鯛

鰆(サワラ)



燻蒸感が出過ぎない良い塩梅に安定してきた燻した鰆。定番になってきました。

閂(カンヌキ)



カンヌキはサヨリの大きいもの。ザクッとした食感が違います。

鮪(マグロ)



青森県三厩で揚がった鮪の蛇腹なトロ。甘みがあって冬のマグロになってきたカンジ

鯵(アジ)



鰤(ブリ)



炙って軽く醤油に漬けただけなのに燻したような香りの鰤。新たな定番になりそう。

車海老(クルマエビ)



雲丹(ウニ)



青森の雲丹だったかな…でも九州の雲丹のような濃厚さ

小柱(コバシラ)



小柱は青柳(アオヤギ)の柱。特に大星は冬の楽しみ。

典型的な江戸前鮨のお店ではサーモン(鮭)はあまり使いません。
ここ都寿司でも鱒(マス)は食べたことがありますが鮭はありませんが…

鮭児(ケイジ)



鮭児は翌年以降に産卵するはずの末成魚で一万匹に1~2匹しか獲れないと言われています。
同行者は鮭とは思えない…とつぶやいていました。脂はのっているのにしつこくなくてさらりと。
鮭児は普通の鮭に比べて総脂質含量は少ないのに、そうとは思えない上品な味が不思議。

穴子(アナゴ)



この日は時間がなかったので穴子はシングルでツメだけ

玉子焼き



味噌はちょっぴり、あさりの味噌汁



ますます安定してきたおいしさ、来年も楽しみ~



■過去記事
≫ 日本橋橘町「都寿司」の酒肴(十二月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(十一月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(十月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(八月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(七月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(六月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(五月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(四月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(卯月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(弥生)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(如月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(睦月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(霜月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(神無月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(神無月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(長月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(長月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(葉月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(葉月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(文月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(文月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(水無月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(水無月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(皐月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(皐月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(春2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(春1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(早春3)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(早春2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(早春)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(冬2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(冬1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」魚以外のお鮨(冬)
≫ 日本橋橘町「都寿司」魚のお鮨(冬)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のつまみ(冬)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(初夏)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(日本酒)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(貝)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお好み鮨
≫ 日本橋橘町「都寿司」のおつまみ
≫ 日本橋橘町「都寿司」のいろどりちらし
≫ 日本橋橘町「都寿司」のおまかせコース
≫ 日本橋橘町「都寿司」の新子
≫ 日本橋橘町「都寿司」のおすすめ握り

日本橋橘町 都寿司
中央区東日本橋3-1-3 奥田ビル1F

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2012/12/19 23:00] | 日本橋 | page top
日本橋橘町「都寿司」の酒肴(十二月)
※追記:2015年10月17日をもって閉店しました。
移転し「日本橋蠣殻町 すぎた」として新たにオープン⇒ こちら




夏が長かったせいであっという間に冬、「日本橋橘町 都寿司」の酒肴も一気に冬です。

お通しは衣かつぎの海老芋



切り口には雲丹、もうひとつは胡麻をまぶしてあります。

平目(ヒラメ)と鰹(カツオ)



日本海側で揚がった戻り鰹。戻り鰹なのに初鰹のような赤身

蝦蛄(シャコ)



この時期にここで登場するということは「小樽?」と訊くと当たり
北海道小樽の蝦蛄漁は春(5~6月)と秋(10~12月)の2回
味も凝縮されて上手に調理されています。

鱈(タラ)の白子



ミルキー、そしてクリア!雑味臭みが全くない。
素材と下拵えの良さが力を合わせたおいしさ

あん肝の煮付け



お酒がススムつまみが続くとなれば「日高見」と「山形正宗」をぬる燗で



同行者はあまり飲まないし私も翌朝は用事があったのでお酒はほどほどの日でした。

金目鯛の焼き浸し



毎月何かの塩焼きが続いているので変化球かな?
いつもと同じでもおいしければ私は構わないんだけど定番も最初は新味

そして握り鮨へと続く。。。



■過去記事
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(十一月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(十月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(八月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(七月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(六月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(五月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(四月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(卯月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(弥生)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(如月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(睦月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(霜月)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(神無月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(神無月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(長月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(長月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(葉月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(葉月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(文月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(文月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(水無月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(水無月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(皐月2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(皐月1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(春2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(春1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(早春3)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(早春2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(早春)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(冬2)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(冬1)
≫ 日本橋橘町「都寿司」魚以外のお鮨(冬)
≫ 日本橋橘町「都寿司」魚のお鮨(冬)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のつまみ(冬)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(初夏)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(日本酒)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお鮨(貝)
≫ 日本橋橘町「都寿司」のお好み鮨
≫ 日本橋橘町「都寿司」のおつまみ
≫ 日本橋橘町「都寿司」のいろどりちらし
≫ 日本橋橘町「都寿司」のおまかせコース
≫ 日本橋橘町「都寿司」の新子
≫ 日本橋橘町「都寿司」のおすすめ握り

日本橋橘町 都寿司
中央区東日本橋3-1-3 奥田ビル1F

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2012/12/18 23:00] | 日本橋 | page top
大森「春日橋 大むら」カレー南


JR東海道線・京浜東北線と池上通りをラクダのコブのように越える環七の春日橋陸橋。



その春日橋陸橋の袂にある「春日橋 大むら」



店構えは町場のおそば屋さんだけど店内はオサレな雰囲気。



カレー南(850円)



もちろん蕎麦という選択肢もあったけど、うどんを食べたい気分。
店頭にあったカレー南のメニュー写真もうどんだったしね~



箸休めのお浸しが付いていたり、さりげなくお冷が出されるのがいいですね。




ここのカレー南は鳥肉と長葱のカレー南蛮。



スパイシーな香りだけどそばつゆ優勢、なので辛さはほどほど。
私でも汗をかかずに食べられます(笑)



麻布十番のお店よりのれん分け、昭和二十九年(1954年)大森にて開業。



春日橋 大むら
大田区大森北5-14-8

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

[2012/12/17 23:00] | 大森)そば・蕎麦・うどん | page top
| ホーム | 次のページ>>