大森「喫茶室ルノアール 大森駅前店」のモーニング
※追記:大森駅前店は2011年9月12日をもって閉店しました。



近隣の町の他、羽田空港や大田市場行きのバスが発着する大森駅東口バスターミナル



そして京浜急行バスの大森案内所の隣のビルの地下には「喫茶室ルノアール」



大森駅東口、駅前から左は品川区と思いがちだけど、このブロックは大田区。

昭和三十九年(1964年)に一号店開店。席の配置が広々として寛げるお店。

ルノアールブレンド(460円)



モーニングサービスも充実(^^)/

A(飲物代+60円)



トースト・玉子・スープ



いわゆる喫茶店のモーニングとしてスタンダードな構成。

B(飲物代+110円)



ベーコンタマゴトースト・スープ



C(飲物代+130円)



ハムサンド・玉子・スープ



D(飲物代+170円)



デラックス胚芽サンド(ローストチキン・トマト・タマゴ)・サラダ・ヨーグルト



ここまで来ると軽いランチ?しかも、ここのモーニングサービスは12時まであるんです !

玉子がサンドに入っているBとDには茹で玉子が付かない、重ならないメニュー構成。



でもBにも茹で玉子が欲しい私(笑)

喫茶店ではなく「喫茶室ルノアール」何かをしながら(あるいは寝て)過ごす人が多い。
そしてコーヒーを飲み終わってもお茶を出してくれます。
オサレなカフェやイマドキのコーヒーショップにはないゆとりがあります。



オサレなイメージはない喫茶室ルノアールだけど週末には女性も結構来ています。
本を読んだりパソコンを打ったり、ゆっくりできることを知っているんですね~



喫茶室ルノアール 大森駅前店
大田区大森北1-1-10 大森シティビル地下1階

近隣情報と追加情報は


「喫茶室ルノアール」を経営しているのは、㈱銀座ルノアールなのか、
その連結子会社の㈲銀座ルノアールなのかわからないけど、Ginzaなんです。



本社は銀座にないけど、銀座にも数店舗あります。

「讃岐茶屋 大森店」いつの間にか閉店。



大庄グループのお店。都心に3店舗あるようです。



夜はうどん屋さんというよりも居酒屋さんという雰囲気でした。




“画材”“額ぶち”と、「讃岐茶屋」の前にあった「大森画荘」の名残が覘いています。



現在その「大森画荘」はこちらの近くにあります。



※追記:喫茶室ルノアール大森駅前店は2011年9月12日をもって閉店するとのこと。



これで大田区の喫茶室ルノアールは蒲田西口店のみになってしまいます。

テーマ:喫茶店 - ジャンル:グルメ

[2011/09/02 23:00] | 大森)カフェ・喫茶・甘味 | page top
| ホーム |