銀座「好々亭」の中華粥(塩たまご・野菜・ピータン)


気が付いている人もいるかもしれませんが、しばらく噛めずに過ごしていました。
こんな時、平日のランチはどうするか?

東武ホテルの1000本のチューリップの前を通り過ぎて向かったのは「好々亭」



“本場中華粥”“広東風料理”“手作り飲茶点心”とトップにお粥なんですよヾ(^o^;)



定食やラーメンもあるのでサラリーマン客も多いんですけどね。

塩たまご粥セット(750円)



シンプルで食べやすい中華粥。
だけど中に潜っている塩卵がピーク時の痛みには意外とハード(汗

野菜粥セット(650円)



自宅でもお粥や豆腐を食べていたので野菜不足。気休めに野菜粥(笑)
でも、ニンジンは無理だったなぁ…もちろん普通の人なら無問題。



ここは中華粥をウリにしているだけあって、お粥はしっかりと形がなくなるまで煮込まれています。

これは同時期に別の中華料理店で食べたお粥。



スープで煮込んでおらず、日本のお粥に中華的なトッピングを加えた感じ。



お米の原型も完全に残っています。

皮蛋粥(ピータン粥)セット(650円)



ピータン粥は好きな中華粥。ピータンもつぶせば食べられるメニュー。

セットには点心が付きます。最も状態がひどい時は両方ともお残し。
少し良くなって小さな肉まんはちぎって食べましたが、胡麻団子はやめておきました。



「点心は要らない」という言うことも考えたけど、ランチタイムは忙しそうだし、
言葉の点できちんと伝わらない懸念があってそのままにしちゃいました。



それにしても外でもお粥が食べられるとはありがたい!



■過去記事
≫ 銀座「好々亭」の皮蛋粥(ピータン粥)セット

好々亭
中央区銀座6-13-7 同郷会館ビル1F

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2010/03/29 23:00] | 中国料理・中華料理 | page top
| ホーム |