久が原「自然坊」ロースかつ(お昼食)


某所で「最近、揚げ物が少ないんじゃないの?」という指摘があったとかないとか…
このところお粥とかお茶漬けのようにあっさりした物ばかり食べていましたからね~

ということで、東急池上線 久が原駅へ



ライラック通り久が原(久が原銀座商店街)を通り、途中でちょっとそれると住宅街。



その住宅街の中にある、手打ち蕎麦店のような店構え「とんかつ 自然坊(じねんぼう)」



店内はとんかつ屋さんというよりも落ち着いた日本料理店という雰囲気。



そして店名の由来が唐津の陶芸作家中川自然坊氏というだけあって、
豪快素朴なようであり優雅でもある器でお茶が出されてきます。



お昼食 ロースかつ(2,500円)



お昼食には、赤だしなめこ汁、漬物、ご飯、アイスクリーム、おいしいお茶が付きます。



丁寧に揚げられた群馬県産やまと豚肉のロースかつ。このまま、何も付けずに食べます。



何も付けずにおいしく食べられるとんかつ。適度な噛み応えのあるおいしい肉。
味が付いているので、とんかつは塩派の人の場合、塩は要らないと思います。




デザートのアイスクリーム。そして食後にはほうじ茶。



今度はヒレかつを食べに来なきゃ!


自然坊(じねんぼう)
大田区久が原4-19-24

テーマ:とんかつ - ジャンル:グルメ

[2010/04/06 23:00] | 城南)とんかつ | page top
| ホーム |