銀座「牛庵」霜降りサーロインの刺身と和風ハンバーグ


銀座東南エリアを代表するランチ店、同時に近年はマスメディアでも取り上げられ有名なお店
メディアに登場した直後には数量限定の和風ハンバーグがあっという間に売り切れてしまう。



この日は外出の帰り、ちょうどランチタイム開始で列が店内に吸い込まれて行くのが見えて、
その列もさほど長くはなかったので、まだ食べたことのないあるメニューを求めて私も入店

それは和風ハンバーグよりもハードルが高いメニュー…

霜降りサーロインの刺身(300円)



ひとり一切れ限定!おいしいけど。。。一切れだけじゃよくわかんなーい!笑

そして11:40a.m.には終了の声が!

「牛庵」はかなり前から来ているお店だし、他にもおいしいランチメニューがあるけど、
これだけ早い時間に来たのだから、和風ハンバーグ(990円)



神戸牛但馬牛のほほ肉100%のハンバーグ



粗々肉々しい系のハンバーグ。肉そのものの旨みを味わえます。

サラダ、ごはん、味噌汁、和風つけダレ付き




付け合わせの野菜もちょっとずつだけどちゃんとしていてグッド



このランチがアンダー1,000円!有名になっても、やっぱりこの界隈の日常ランチの定番



この日は12:00でもまだ和風ハンバーグは残っていました。



銀座の昭和通りからも東京スカイツリーが見えるようになっています。


■過去記事
≫ 銀座「神戸すてーき処 牛庵」和牛鉄板すきやき
≫ 銀座「神戸すてーき処 牛庵」の和風ハンバーグ

神戸すてーき処 牛庵
中央区銀座6-13-6

10月25日をもって閉店するのは…


「福家書店 銀座店」 2010年10月25日をもって閉店



それほど多くはない全般的な品揃えに比較すると、料理関係の書物は意外とありました。
ガイドブック的なものだけではなく教科書のようなものや飲食店向けの専門雑誌などがあり、
近隣飲食店の料理人を見掛けたり、ばったり他のブロガーに遇ったりしたものです。



食事の待ち合わせに「福家書店の前」というのもよくありました。



なによりも、昼休みや仕事帰りにぶたっと立ち寄る本屋さんがなくなるのはさびしい。



硬派な品があった「旭屋書店 銀座店」も2008年に閉店し、
銀座で路面の本屋さんは「本の教文館」くらいかな。。。

テーマ:ハンバーグ - ジャンル:グルメ

[2010/10/24 23:00] | ステーキ・牛肉料理 | page top
| ホーム |