平和島「天仲」の江戸前穴子天ぷらと天丼


第一京浜の平和島口にある「天仲」



明治三十年(1897年)に創業した天ぷらの老舗



しゃこわさ (600円)



しゃこわさ、城南地区の天ぷらさんには結構ある気がします。



江戸前穴子天ぷら(1,500円)



デカッ!



穴子の骨や山菜こしあぶらと茄子も添えられています。



大きさの比較対象に徳利を置いてみたけど、あまりわからないかな…

ここの天ぷらは好みが分かれるところかな…イマドキの薄着でライトな天ぷらではなく
江戸前天ぷらの老舗らしく胡麻油がプンプンと香ばしく衣もしっかり系。

で、こーゆー天ぷらは天丼に合う!

蝦蛄天丼(1,400円)



蝦蛄いっぱい!




お新香は付いていますが味噌椀はオプション(200円)

天ぷらを丼つゆに潜らしごはんに盛って蒸らされる天丼にサクサクを求めるのは矛盾して
いると思う私。丼つゆが触媒でふにゃ天になるからこその天ぷらとごはんの相乗効果。



この丼つゆがごはんに合う!とはいうものの蝦蛄好きでもさすがに単調(笑)

やっぱり上天丼(1,600円)あたりが無難かな。



魚×2、海老×2、小柱のかき揚げ。古くからの江戸前天ぷらのお店らしく魚介類主体。

接客にも落ち着きを感じるお店。車なら便利だけど、近い駅がないのが難点ですね。



天仲
大田区大森本町1-8-15

テーマ:天ぷら - ジャンル:グルメ

[2011/06/17 23:00] | 大森)天ぷら・天麩羅 | page top
| ホーム |