NYC「INTREPID Museum」イントレピッド博物館
マンハッタンに来たら、やっぱりここは はずせない!



INTREPID Sea, Air & Space Museum(イントレピッド海上航空宇宙博物館)
アメリカ海軍で実際に1943年から1974年まで就役していた空母Intrepidを利用した博物館



2006年から改修のため閉館していましたが、タイミングよく2008年11月にリオープン!



“Air”の見所は、なんといっても甲板や内部に展示されている航空機



映画「トップガン(Top Gun)」にも登場したF-14 Tomcat(トムキャット)もあります。



“TOPGUN”ではグースの“火の玉ロック”が好きだったな♪

ブッシュ元大統領(パパ・ブッシュ)やポール・ニューマン氏がパイロットだったことで有名なAvenger




A-4の有名なパイロットはジョン・マケイン氏

屋外には超音速旅客機コンコルド(Concorde)もあります。



空母でなぜ“Space”



この空母Intrepid(イントレピッド)はマーキュリー計画とジェミニ計画で、
地球に帰還した宇宙船カプセル回収の任務にあたっていたのです。

“Sea”のメインは“INTREPID(イントレピッド)”そのもの!艦橋にも上れます。




厨房。3,388人搭乗するので一回の食事で3.5トンの食料が必要だったとか。



私も途中で腹ごしらえ。Welcome Centerの2階に軽食があります。



このターキーとチーズのサンドが$7.00。う~ん、観光地価格ですね。

そして潜水艦USS Growler (SSG-577)



入ってみたかったけど残念ながらオープンは2009年の春とのこと。



Intrepid Museum の入場料は$19.50+施設利用料が$1.50の合計$21.00、
そして有料オプション二つを込みにしたチケットは$39.00



倍近くになるけど、G-Force シミュレーターはゲーセンにあるマシンの親玉みたいな感じだし、
XD Theaterはこの博物館と何の関係もない内容なので、オプションは必要ないと思います。

それよりも10分弱の内容を繰り返し上映している小劇場や・・・




・・・Intrepidに関連する歴史の展示をじっくり観た方がいいですね。



そしてTORでもそうでしたが、フェンスなどは必要最低限、何も施していない所がほとんど。



内容が内容なのでセキュリティーチェックがあり入場には時間がかかります。
人気スポットなので開館時間に行きましたが入場までに20分ほどかかりました。



“Intrepid”、U.S.A.で自分が聴いた発音に近いのは「イントラピッド」でしたが、
表記は空母で使用されている「イントレピッド」に統一しておきました。


詳しくはこちらで
■INTREPID Sea, Air & Space Museum(イントラレピッド海上航空宇宙博物館)
【1】US Navy Aircraft
【2】US Army Aircraft
【3】US Air Force Aircraft
【4】US Marine Corps Aircraft
【5】US Coast Guard Aircraft
【6】Foreign Aircraft
【7】SPACE
【8】SEA
【9】USS Growler

INTREPID Sea, Air & Space Museum(イントレピッド海上航空宇宙博物館)
One Intrepid Square, West 46th Street and 12th Avenue, New York, NY

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

[2008/12/03 23:00] | NY | page top
| ホーム |