大森「一風堂 SHIROMARU-BASE」シロマルベース
ippudooomori01.jpg

すっかりアップした気になっていた「一風堂 SHIROMARU-BASE 大森店」

同じ日に開店した「IPPUDO TAO TOKYO」(閉店し現在は銀座店)を
アップしたついでに『続きを読む』で載せただけでした。。。

ippudooomori02.jpg

少し変化もあったのでアップしましょうー

『草食系男子禁止』と謳いながらチマチマ書かせるのか?と文句を書いたんですが、
今ではそのキャッチコピーはなくなっています。

ippudooomori19.jpg

注文と麺のかたさやトッピングを書くのは変わらず。
書くこと自体は問題ないのです(笑)

シロマルベース+トッピング(690円+100円)

ippudooomori21.jpg

2つで100円のトッピングはきくらげ&ねぎ(増量)
チャーシューとネギは標準装備

シロマルベース・カラカベース・スタミナベースの三択になりました。
(ベースのベースは同じだと思うけど)

そしてシロマルベースは10円安くなっています。

でも以前は『2つで100円』の選択肢だった半熟煮玉子は100円トッピングに独立

ippudooomori04.jpg

半熟煮玉子&のり、半熟煮玉子&ねぎという組み合わせは
できなくなったのね…もうひとつ頼めばいいんだけど。

ippudooomori11.jpg

スープの濃さを選べるようになったのも変化点

ippudooomori18.jpg

昨年12月から『濃』と『特濃』の二択

この冬、店員さんがオーダー伝票を見て『濃』と記入されていると、
「以前からの濃さは『特濃』ですが『濃』でよろしいですか?」と確認して、
「じゃあ『特濃』でお願いします」というやりとりが見られます(私も経験者)

『特濃』がSHIROMARU-BASEの標準なんだけど
“特”が標準には思わないですね(笑)

ippudooomori05.jpg

今では匂いを感じないマイルドな豚骨ラーメンが増えてきたので
最近は相対的に豚骨ラーメンらしいと思うようになってきました。

麺のかたさは、普通・カタメ・バリカタ・はりがねの四択

ippudooomori06.jpg

替玉(100円)は小玉(70円)も選べるのがナイス

ippudooomori07.jpg

卓上のにんにく・紅しょうが・胡麻などは変わらず。

ippudooomori08.jpg

酒類は缶ビール(350円)のみ

ippudooomori09.jpg

おつまみメニューもないので、ここはあくまでもラーメン屋さんとしての利用

ごはん類はあります。明太めし(200円)

ippudooomori10.jpg

都内だけでも約20店、海外にも出店しているチェーン店
「一風堂」の他に「五行」などいくつかのブランドを展開
シロマルベースは一風堂を代表する『白丸元味』の原型だそうです。

ippudooomori12.jpg


一風堂 SHIROMARU-BASE 大森店
大田区山王2-2-7

近隣情報は
大森駅東口「アトレ大森」

ippudooomori17.jpg

2014年1月20日オープン
「sempre pizza(センプレ ピッツァ) アトレ大森店」

マルゲリータ(490円)

ippudooomori14.jpg

値段を見て軽くつまんでみようと思ったらそれなりの大きさ。
さらにマリナーラだと380円ですって!

ビール(450円)

ippudooomori15.jpg

イタリアではピッツァは庶民的な食べ物、
そういう手軽な値段を考えているようです。

逆にリストランテにパスタはあるけどピッツアはないと聞きます。
(例外はあるようですが)
パスタもピッツァも両方あるレストランが日本に多いのは、
日本のイタリアンはアメリカ経由で広まったからかな。

「アトレ大森店」はセンプレピッツァ12号店とのこと。

ippudooomori16.jpg

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2014/01/23 23:00] | 大森)麺・ラーメン | page top
| ホーム |