人形町「甘味処 初音」杏みつ豆
anzuhatsune01.jpg

日本橋蛎殻町に戻って来た水天宮

水天宮前交差点の近くにある「甘味処 初音」

anzuhatsune02.jpg

創業は天保八年(1837年)の老舗

anzuhatsune03.jpg

老舗だけど年配者だけではなく子供連れや乙女など幅広い客層

anzuhatsune04.jpg

茶釜で沸かしたお湯でお茶を淹れているところはやっぱり老舗

anzuhatsune05.jpg

杏みつ豆(1,000円)

anzuhatsune06.jpg

シロップで煮込んだ杏

anzuhatsune09.jpg

そして求肥、黄桃、みかん、チェリー

天草を煮て作られた東京の寒天

anzuhatsune08.jpg

東京の寒天だけどクセがなく上品な寒天

白蜜か黒蜜の二択で、黒蜜を選択

anzuhatsune07.jpg

沖縄の黒糖から作られた黒蜜

anzuhatsune10.jpg

天保八年の出来事を調べてみると大塩平八郎の乱、
海の向こうではアメリカ合衆国26番目の州にミシガン州

二階にはお好み焼きの初音

anzuhatsune11.jpg


甘味処 初音
中央区日本橋人形町1-15-6

周辺情報は
anzuhatsune12.jpg

観光スポットでもある人形町界隈
標識かと思ったら親子丼の案内

anzuhatsune13.jpg

「玉ひで」の親子丼を待つ長い行列

anzuhatsune14.jpg

ずいぶん昔からあった「玉ひで」の行列
今でも長い行列ができるとはたいしたものです。

路地をはさんで「初音」の隣にある「人形町今半」のお店

anzuhatsune15.jpg

惣菜 水天宮駅前店

anzuhatsune16.jpg

お惣菜の他に精肉やお弁当も販売

メンチカツ(250円/税別、以下同じ)×2、すき焼コロッケ(160円)、コロッケ(140円)

anzuhatsune17.jpg

そういえば本店はごぶさたしているなぁ…

新社殿が完成し2016年4月8日に蛎殻町へ戻ってきた水天宮

anzuhatsune18.jpg

新社殿に移って最初の戌の日(4月22日)は入場制限するくらいの混雑だったそうです。

anzuhatsune19.jpg

5月4日も連休中の戌の日になるので、かなりの人出が予想されるとのこと。

anzuhatsune20.jpg

テーマ:甘味 - ジャンル:グルメ

[2016/05/01 23:00] | 日本橋 | page top
| ホーム |