大森「月の小路」本日のおまかせ5貫
fivekomichi01.jpg

グランティオス別邸の二階にある「月の小路」

窓際はバーカウンター

fivekomichi02.jpg

その反対側は寿司カウンター

以前の親方が怪我もあっていなくなったけど新しい寿司職人も入りました。

fivekomichi03.jpg

小生ビール(600円/税別、以下同じ)とお通しから

fivekomichi04.jpg

さっそく日本酒

fivekomichi07.jpg

グラス(120ml)も選択できるけど今回は一合での注文

新ぎんなん揚げ(800円)

fivekomichi05.jpg

この日は夏と秋が交わるメニュー

紀土 -KID- 純米吟醸 ひやおろし(1,200円)

fivekomichi06.jpg

和歌山県海南市にある平和酒造の季節限定酒

刺身はひとつに絞れなくて二つ指定

fivekomichi10.jpg

かわはぎ

fivekomichi11.jpg

肝と芽ねぎを身でくるんで

天然しまあじ

fivekomichi12.jpg

秋の走りと夏の名残りってカンジかな

月山 純米 ひやおろし(1,200円)

fivekomichi09.jpg

島根県安来市にある吉田酒造の秋季限定純米酒

衣かつぎ(600円)

fivekomichi08.jpg

本日のおまかせ5貫(1,500円)

fivekomichi13.jpg

この時は夏の名残りの組み合わせ
鱸(スズキ)、鮪(マグロ)、縞鯵(シマアジ)、金目鯛(キンメダイ)、伊佐木(イサキ)

いろいろつまんで一人前だと多いし、好きに注文すると予算オーバーになりそう
そんな時にちょうどいい「おまかせ5貫」

fivekomichi14.jpg

地味なすずき、クリアだけど旨味はあっておいしい

追加で小肌も注文

fivekomichi15.jpg

新子のような小肌、これも夏の名残り?というか食べてみると新子

fivekomichi16.jpg

実は握り鮨の“貫”という表現(数え方)はしないようにしています。
カウンターで寿司を食べ始めた学生時代、2個のつもりで格好つけて「二貫」と注文して、
職人さんから「二貫(4個)でいいんですか?」と言われて恥をかいたことがありました(汗

今は一貫=一個が定着していると思うけど、その頃は“一貫”といえば2個。
例えば、2004年発刊の小学館「数え方の辞典」によると、
『握り鮨や軍艦巻きは、原則として2個で「1貫」と数えます。最近ではその数え方が
変わり、1個を「1貫」で数えるように変化しています。』と記載されています。

今回はメニュー名なのでそのまま~

fivekomichi17.jpg


■過去記事
≫ 大森「月の小路」小さなまぐろ丼
≫ 大森「月の小路」彩り新鮮ばらちらし御膳(ランチ)
≫ 大森「月の小路」和柑橘のジントニック&司牡丹ゆず酒のスプリッツァ
≫ 大森「月の小路」新店オープン&月花

和とBAR 月の小路(つきのこみち)
東京都大田区大森北1-1-7 グランティオス 別邸 2階

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2017/10/17 23:00] | 大森)鮨・お寿司 | コメント(0) | page top
<<芝「Cafe WASUGAZEN」金曜日はカレーの日(改) | ホーム | 銀座「グラマシーテーブル」チキンと芽キャベツのフレンチごはん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |