大森「鯖なのに。」鯖塩焼き定食
nanoni01.jpg

鯖の塩焼き専門店「なのに。」

nanoni02.jpg

以前は「飲み処さな」、その前には「弟子屈ラーメン」があった場所

ネットには3月8日オープンという情報が散見されるが実際には延びて4月3日開店
3月8日は“さば”にかけた当初のオープン予定日
新規オープンでは遅れることは珍しくないので実際に確認しないとね

nanoni03.jpg

経営しているトントンのお店は他にも「創作お茶漬け専門店 だよね。」とか、
そんなネーミング方針みたい

急な階段を上るのは、並びの「ワインカフェ大森別邸」「プラアーティット」から想定内

nanoni04.jpg

靴を脱いでお座敷、大テーブルひとつなので全員相席

鯖塩焼き定食(1,000円)

nanoni05.jpg

“ものすごい鯖”というノルウェー産の鯖の文化干しがメイン

nanoni06.jpg

強い脂のノリとそれに負けない塩気、味は濃く匂いも強い
炭火焼きだけど、焼きが浅めなこともあるかも

小鉢付き

nanoni07.jpg

山形県産はえぬきを使った羽釜炊きのごはん

nanoni08.jpg

ピークを過ぎた時間だったせいか普通

ほうれん草や白菜の入った味噌汁

nanoni09.jpg

こういうお店の感想は難しい・・・
“ものすごい鯖”とか“羽釜炊きのごはん”と強烈にアピールされると基準値が上がって、
それを超えないと“それほどでもない”となりがち
たしかにおいしいけどいつも食べている「圓」の定食とどっちがと言うとわからない。。。

nanoni10.jpg

鯖塩焼き定食って、もちろん鯖塩を食べたくて注文することもあれば、
消去法で注文する抑えの存在でもあって、生姜焼き定食と似ているかも
そんな鯖塩一本のユニークなお店としてメディアで取り上げられることも増えて、
そんな時の直後には混雑することも発生

nanoni11.jpg


鯖の塩焼き専門店 鯖なのに。
大田区大森北1-7-1

お弁当や近隣情報は
チラシが投函されていたのもあってお弁当も購入

nanoni12.jpg

そう言えば、チラシでは店名が“鯖の塩焼き専門店「なのに。」”

鯖塩焼き弁当(1,000円)

nanoni13.jpg

もちろんメインは鯖の塩焼き、脇役もいろいろ
お弁当としてもなかなかのボリューム

nanoni14.jpg

脂がのっている鯖、それがまわって鯖のにおいが他の食材についてしまう、
そのあたりにはひと工夫が必要かな

夜は立ち飲み屋さんになっています。

nanoni15.jpg

そして「鯖なのに。」の裏側、線路の反対側では閉店開店

本場インド・ネパール料理「ハンディー」2018年1月3日オープン

nanoni16.jpg

以前は「タカリバンチャ」があった場所

nanoni17.jpg

「リトルハノイ」「ナマステ」の頃は何度か訪れたけど、その後コロコロ変わるので敬遠

「トラットリア バガボンド」2017年末をもって閉店

nanoni19.jpg

人気が定着してからはカウンターがないこともあって足が遠のいて、
しかも昨年は個人的な事情で大森弾丸ツアーにも参加できずごぶさた

nanoni18.jpg

残念に思っている人も少なくないようです。

nanoni20.jpg

テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

[2018/01/14 23:00] | 大森)食堂・定食 | コメント(0) | page top
<<日本橋蛎殻町「日本橋蠣殻町 すぎた」の酒肴(冬) | ホーム | 芝「マンチズバーガーシャック」グリルオニオンバーガー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |