銀座「ひょうたん屋 六丁目店」肝焼きと鰻重(竹)
hyoutankimotake01.jpg

土用の丑の日を中心に混雑した「ひょうたん屋 六丁目店」

夏休みランチに来ましたー

hyoutankimotake02.jpg

二の丑やお盆は過ぎていたので空いていることを期待していたけど夏場の混雑

ヱビスビール・中瓶(650円)

hyoutankimotake03.jpg

肝焼き(480円)

hyoutankimotake04.jpg

これは飲みたいからお休みランチの楽しみ~
肝を鰻と別に仕入れることはせず自店で捌いた鰻の肝のみ使用
その分しかなく少ないので、すぐに売り切れてしまうのが要注意

hyoutankimotake05.jpg

竹(3,250円)

hyoutankimotake06.jpg

今年6月に値上げ、ここ四年くらいは据え置かれていたけど、
市場統計情報を見ても今年は一段と高騰したようなのでやむを得ない

お新香は先行登場するけど箸休めに温存

hyoutankimotake07.jpg

お吸い物が出てくるともうすぐ鰻重が登場

hyoutankimotake08.jpg

炭火で焼いた国産の鰻一尾分

hyoutankimotake09.jpg

蒸さずに地焼きした鰻、弾力はあるけどやわらかい

hyoutankimotake10.jpg

蒸さずに焼く以外は関東風で、関西風ではないひょうたん屋の鰻

土用の丑の日のピークは過ぎたけど帰る頃には行列になる混雑
以前に比べて客層が拡大している気がするのもひとつの理由かな
このブログを始めた頃のお昼は近隣の勤め人のちょっぴり贅沢ランチだった
その頃、うな丼は1,200円でしたしね(現在1,800円)

hyoutankimotake11.jpg

最近はわざわざ食べに来る初めての人が増えている気がします。
移転前の一丁目店は風情ある佇まいでそういう人もいたけど六丁目はあまりいなかった

最後に一丁目店で食べた時はバッテリー充電切れで記事ナシ
まだブログ初心者デジカメ初心者で慣れていなかった・・・
昔の写真で値段を確認していたらそんなことを思い出しました。。。

hyoutankimotake12.jpg


■過去記事
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな重(梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻丼&鰻重
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&肝焼き
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&梅
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(松竹梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼(お昼)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」お昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋」の鰻重(松)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重とお知らせ
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな丼

ひょうたん屋 六丁目店
中央区銀座6-12-15 いちご銀座612ビル 1F

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2018/09/02 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(0) | page top
<<大森「お座敷洋食 入舟」岩中豚かつ丼 | ホーム | 呉「ビーコン」護衛艦さみだれカレー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |