築地「岩佐寿司」のおまかせ


この日の同行者は時間が限られているとのことで、行列のないお店を探します。
この前見たときは込んでいましたが、今日は空いていたので「岩佐寿司」へ



おまかせ(3,600円)

まぐろトロ、かつお、ひらめが来て、小肌と鯵といかを撮っているうちに貝がやってきました



どんどんどんどん握られてきます。

赤貝、あおやぎ。いくら軍艦巻き、うに軍艦巻き。どんどん出てきます



イクラが来ちゃった(-_-;) これは同行者へあげます。
そういえば食べられないモノもの嫌いなモノは?って訊かれなかったな。。。

車海老と穴子。あさりのみそ汁



この時点でのつけ台の様子



出たー!こういう体制は初めてでーす。

込んでいるわけでもないのに、何をそんなに急いで握るのか?
当然の結果として、握り方は今までで最も雑です。
握り鮨を持つと崩れたり、二つに折れたり。。。
ふんわり握るというのはやわやわに握るということとは違います。

“おまかせ”はこの鉄火巻きまで。
追加の握り×2個を入れて、たしか4,450円だったかな。



お姉さんは明るく、感じがいいですね。お茶もこっちが言う前に注ぎ足してくれました。
これは場内にしては比較的スペースに余裕があり
背後を動けるということもあるけど、場内では珍しくグッド

追加で本日のお薦めにあったメゴチの昆布締め。煮蛤もおいしいです。



込んでいるわけでもないのに、何をそんなに急いで握るのか?
大勢の観光客をさばくのに慣れて、
そういう握り方がもう染み付いてしまっているのかもしれません。
すし種はおいしいし、仕事もできるみたいなだけに、もったいないなぁ・・・

名物の貝づくしは気になるけど、このスタイルでは。。。
これが場内のお寿司かもしれませんが、握り鮨は魚ではない。



岩佐寿司
中央区築地5-2-1
関連事業者営業所 1号館

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2007/06/20 23:00] | 築地 | page top
| ホーム |