銀座「鮨 おちあい」の新子 ’11
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



今年も新子の季節がやってきましたー(早っ!)

新子(しんこ)は小肌(コハダ)の幼魚。そのお寿司は夏の風物詩。
(というか、今では初夏から夏にかけて、かな)

食べられる時期が短い儚さと、繊細な軟らかさとほのかな味わい。



「女房を質に入れても初鰹」という江戸っ子気質にもマッチして盛り上がるのか?笑

舞阪産の初物、驚異の15枚付け!



職人の心意気!というか職人の意地?
それに「鮨 おちあい」の握り鮨は小さいんです。それで15枚とはー
さすがにこれは出刃包丁ではなくペティナイフでおろしたそうです。

出始めでまだ入荷が安定しないため、しばらくは必ずしもあるとは限らないようです。

もちろん大人の小肌も食べます。



この日は「震災復興酒 希望の光 日高見」もありました。



宮城県石巻市の平孝酒造。三月の地震で被災したお酒。

鳥貝(トリガイ)



ナマトリーですよヾ(^o^;)

鮪(マグロ)は青森県深浦町岩崎産



今年は日本海のクロマグロ(本鮪)が豊漁というニュースも流れています。

穴子(アナゴ)



“梅雨穴子”と言われるだけあってこれはウマイ!

赤身系の鉄火巻き



プリン系の玉子焼き



新子の初物に日高見、梅雨穴子に京都の乙女。充実していたこの日の「鮨 おちあい」


■過去記事
≫ 銀座「鮨 おちあい」の吉野(春)
≫ 銀座「鮨 おちあい」の千曲
≫ 銀座「鮨 おちあい」冬のお鮨
≫ 銀座「鮨 おちあい」のお鮨
≫ 銀座「鮨 おちあい」の新子
≫ 銀座「鮨おちあい」の栴(せん)
≫ 銀座「鮨おちあい」おまかせコース
≫ 銀座「鮨おちあい」のランチ
≫ 銀座「鮨おちあい」のランチ(吉野)
≫ 銀座「鮨おちあい」のランチ(栴)
≫ 銀座「鮨おちあい」のおまかせ

鮨おちあい
中央区銀座7-13-1 JOYビルⅡ2F

その他の酒肴と握り鮨は


鯒(コチ)と鰯(イワシ)を切ってもらいました。



海胆(ウニ)にごはんも入れて焼いたもの。青海苔ものせて



これもウマかった鯵(アジ)



金目鯛(キンメダイ)は昆布〆



シロイカも歯切れが良くおいしい

赤貝(アカガイ)



車海老(クルマエビ)は茹でて。



雲丹(ウニ)は北海道のバフンウニ



穴子はウマかったのでオカワリ!



あさりの味噌汁



被災地出身のお弟子さんが実家へ帰ってしまったので、店主ひとりで頑張っています。

隣の看板はいつの間にか平井堅氏に変わっていました。

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2011/06/12 11:00] | 南)寿司・鮨 | page top
| ホーム |