銀座「鮨おちあい」のおまかせ
この日の夜はお寿司の気分。ということで思いついたお店に電話をかけるも満席
どこにかけようかと思案していると鮨の看板が目に入りました。ここにお寿司屋さんあったっけ?



軒先に置いてあるカードに、にぎり5,250円~、おまかせ12,600円~と書いてあります。
事前情報なしでお寿司屋さんに入るのは緊張しますね。でも、銀座だから大丈夫でしょう。

カウンターだけのオサレな雰囲気。空いているのでゆったりできそうです。
12月にオープンしたばかりで、まだ知られていなのでしょう。(私も知らなかったしね)
まずはビールを飲みながら店主と話をしてみます。感じよさげなので腰を据えることにします。



酒肴少なめで進めてもらいます。 東北のお酒をリクエストして出てきた秋田の「まんさくの花」

助子と白子。お酒が進みますね~



赤穂の生牡蠣



生ガキには日本酒ですね~、こうなったら飲むしかないでしょう。
オサレなグラスに変えてきました。続いて、たらの芽の天ぷら



でも、つまみたくさんは私のペースではないので「仕掛りのものでつまみは終わりにして」 と…

皮剥(カワハギ)は肝醤油で食べます。肝がおいしい~



仕掛りまで食べて良かったかも(笑) これも飲むしかないでしょう



握り鮨へ移行して、まずは鮪(マグロ)2連発。大トロと赤身




氷見の寒鰤(ブリ)、さすがに上品な脂がのっています。まだ飲みます。

小肌(コハダ)と細魚(サヨリ)。全体的に握りは細身のフォルムですね。



車海老はスペースシャトル系。ウニはウォーシップ系




玉子焼きと穴子。手前はツメ、向こうは塩で。

ちょっと変わったタネとしては鯨(クジラ)が出ました



〆ないで焼き霜にした鯖(サバ)。そろそろお茶にします。



赤貝(アカガイ)と青柳(アオヤギ)。やはり貝がおいしい季節ですね~



「貝が出ないと思っていたんですよ」と言ったら「生牡蠣をお出ししたので間をあけました」と。

お新香と墨烏賊(スミイカ)



墨烏賊は歯切れも良くてぐっど。

蜆のみそ汁。蜆が大きいので「青森ですか?」と訊いたらやはり十三湖でした。



巻物は鉄火と干瓢

さすがに満腹。後は、「お勘定をお願いします」

お勘定は13,000円強。飲んでいる(ビール×1、日本酒×4)ことを差し引くと、
つまみ少なめで“おまかせ12,600円”より安くなっていますね。
これだけ食べて飲んでこの値段ならなら使えます。
店主は銀座の久兵衛で修業した後、築地で店長を任され、今回新たに独立したそうです。


鮨おちあい
中央区銀座7-13-1 JOYビルⅡ2F
すし飯は飲んでいたから小さめなのか、いつもそうなのか、お昼にでも来て確認しましょう。

お昼のメニュー
吉野 (にぎり8個+巻物1本+お椀)2,100円
栴 (にぎり10個+巻物1本+お椀)3,150円
おまかせ (にぎり13個+巻物1本+お椀)5,250円

様子見でお昼に来てみることはよくあるけど、今回は逆になりそうです。

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2008/01/16 23:00] | 南)寿司・鮨 | page top
| ホーム |