大森「清川」の鰻重


こちらのお店は初めてです。最近までその存在も知りませんでしたが、
道路工事で迂回させられた時に見つけて、気になって入ってみました。



なかなか風情がありますね~ お座敷に数卓と椅子席のテーブルがひとつ。

『当店は、大正七年より銀座六丁目で天麩羅屋(天政)として営業しておりましたが、
 昭和三十一年よりこの地にうなぎ清川として開業いたしました。』
と書かれています。

エビスビール小(500円)ともろみそ胡瓜(350円)



「肝焼きください」「きも焼きは何本にしますか?」こちらでは肝焼き何本でもいいそうです。



ということで、きも焼き(300円)×2本で冷酒(1,100円)を飲んで待ちます。

鰻重/月(2,700円)



ふわっとしているけど軟らか過ぎず、タレも甘過ぎず辛過ぎず丁度いい感じ。



きも吸い、香の物、口直し付き。



オーソドックスな癖のない東京の鰻、なかなかおいしいです。当然臭みはありません。



遠くからわざわざ来るお店ではないけど、この界隈ではなかなかのレベル。
私が帰る頃には予約のお客さんも来て、いつの間にか満席になっています。
やっぱり地元の方は知ってるんですね~

うな丼やその他の定食類が千円台からありました。

ここのエリアを大森というのは無理があるかな?立会川との中間なんですよね~


うなぎ清川
品川区南大井5-20-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2008/05/16 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | page top
| ホーム |