石垣島「八重山」の八重山会席
kaisekiyaeyama21.jpg

この海でウィンドサーフィンをしたかったんですー

kaisekiyaeyama22.jpg

詳しい様子は⇒ こちら

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの前に広がるマエサトビーチ

kaisekiyaeyama24.jpg

今年は3月22日に海びらきしたそうです。

kaisekiyaeyama25.jpg

その後はシャワーして休憩・・・となるとホテル内で食事の流れ

kaisekiyaeyama01.jpg

オリオンビールを飲みながらメニューを検討

kaisekiyaeyama02.jpg

前回訪問時に構ってくれた店員さんが覚えていてくれて相談
ちょっと高いけど会員特典で20%オフになることもあって、
沖縄・八重山満載の八重山会席(10,000円)を選択

先付

kaisekiyaeyama03.jpg

島蛸とセーイカのぬた和え。セーイカは関東ではアカイカと呼ばれる烏賊

一杯目の泡盛は「かびら」(25°)

kaisekiyaeyama04.jpg

現地では水割りがスタンダードと何人かのジモティーから聞いていたので水割り
ストレートで泡盛をガンガン飲んでいるイメージがあったので意外でしたが。

前菜

kaisekiyaeyama05.jpg

向こう側が、みみがー、らふてぃ、豆腐よう
手前が、すくがらす豆腐、海ぶどう、島らっきょ

すくがらす豆腐がいいですね~

kaisekiyaeyama06.jpg

スクガラスとはアイゴの稚魚を丸ごと塩漬けにした沖縄の保存食
塩気があるので何も付けずそのまま島豆腐と一緒に食べます。
これはお酒がススム系ですね。

「直火請福」(43°)

kaisekiyaeyama07.jpg

「請福」は大森でも売っているけど、43°のものではなかった。

お造り三種盛り

kaisekiyaeyama08.jpg

鰹(カツオ)、コブシメとかクブシミ(コウイカの一種)、アカマチ(オナガ)

焼物

kaisekiyaeyama09.jpg

石垣牛一口和風ステーキ
脂ノリノリ系のお肉、たぶん特選の石垣牛

「おもと」(43°)

kaisekiyaeyama10.jpg

於茂登山の麓の湧水で仕込んだ泡盛

揚物

kaisekiyaeyama11.jpg

ゴーヤの天ぷらの後には島伊勢海老と紅芋

蒸物

kaisekiyaeyama12.jpg

田芋饅頭蒸し 旨あんかけ
田芋(タイモ)は水を張った畑(水田)で栽培されるサトイモ。

八重泉の「黒真珠」(43°)

kaisekiyaeyama13.jpg

泡盛の写真、グラスだと変わり映えしないけど
日が落ちていく様子がわかるからアップしてきました。
でも、もう変化はない(笑)

酢物

kaisekiyaeyama14.jpg

もずく酢。もずくたっぷりー

食事は、しま寿司盛り合わせ

kaisekiyaeyama15.jpg

美崎牛、アカマチ、シャコ貝、花かんぞう、アダン

赤出汁

kaisekiyaeyama16.jpg

水菓子

kaisekiyaeyama17.jpg

本日のデザートとフルーツ

kaisekiyaeyama18.jpg

地元食材を使った沖縄・八重山気分満載な料理
盛りだくさんで満腹近し、食事がお寿司でよかった~
何よりも前回いた店員さんが今回も優しくしてくれてヨカッター

kaisekiyaeyama20.jpg


■過去記事
≫ 石垣島「八重山」美崎牛しゃぶしゃぶ御膳+アグー豚
■関連記事
≫ 石垣島「鉄板焼 於茂登」於茂登コース

日本料理 八重山
石垣市真栄里354-1
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート タワーウィング1F

マエサトビーチ情報は
続きを読む

テーマ:沖縄料理 - ジャンル:グルメ

[2014/06/12 23:00] | 八重山 | page top
石垣島「パポイヤ」サーロインステーキ
papoiyasirloin01.jpg

石垣島

前回の旅と違い今回はメインの目的あり。
それでも石垣牛は食べようと思っていました。

papoiyasirloin02.jpg

そうなると、食べるのは「パポイヤ」でステーキ

梅雨の石垣島、到着した日はどんよりとした空

papoiyasirloin03.jpg

滞在期間中の天気予報はずっと雨か曇り・・・
あの海の色が見られないと思うと気が滅入りそう。

気を取り直して雑居ビルの8階にある「パポイヤ」へ~

papoiyasirloin04.jpg

昔ながらの洋食レストランって雰囲気

papoiyasirloin05.jpg

生ビールはオリオン

papoiyasirloin06.jpg

沖縄気分がちょっぴりアップ

サーロインステーキ(250g)

papoiyasirloin07.jpg

前回はテンダーロイン、今回はサーロインに決めていました。

サーロインの脂身をカリカリに焼いたのとゴーヤのピクルス

papoiyasirloin08.jpg

このゴーヤのピクルスがいい塩梅でおいしい

さらに「サービスです」と出された鰹のたたき

papoiyasirloin09.jpg

石垣島近海では5月からカツオ漁のシーズン
今年は全国的に不漁ですが石垣島近海も同様らしい

せっかくなので白ワイン

papoiyasirloin10.jpg

ステーキはサラダ・スープ・パンまたはライス付き

papoiyasirloin11.jpg

ゴーヤや島人参などが楽しい

papoiyasirloin12.jpg

石垣気分がアップ

島人参のポタージュスープ

papoiyasirloin13.jpg

そろそろステーキに備えて赤ワイン

papoiyasirloin14.jpg

今回はパンを選択

papoiyasirloin15.jpg

ワインを飲んでいるのでパンの方がいい

そして石垣牛ステーキ登場~

papoiyasirloin16.jpg

まず、厚みがあるのがグッド
焼く前の姿ではかなり脂があるようだったけど
食べてみると肉ってカンジで歯応えもあり。

サーロインでも脂勝負ではないということは
もしかしたら特上でも脂っぽくないのかな?

付け合せのドフィノワーズポテトや冬瓜とかぼちゃ

papoiyasirloin17.jpg

前回同様に切っても肉汁は溢れず、でも噛むとジューシー。
肉も良いけど焼き方も上手いってことですね。

papoiyasirloin19.jpg

切って肉汁(にくじゅう)が溢れ出るのは、
お肉が肉汁を保持できず流失しているということ。
なので、私には喜ばしいことではないんです。

テンダーロインは何も付けずに大半をそのままで食べたけど、
サーロインは脂がある分、石垣の塩を少し付けるのがいい。

papoiyasirloin18.jpg

ソースは二種類あるけど、お試し以外は使わず。

もともと石垣牛にしては安い価格設定ですが
増税や石垣牛の値上がりでも、ここは値段据え置きで頑張っているようです。

papoiyasirloin20.jpg


■過去記事
≫ 石垣島「パポイヤ」テンダーロインステーキ

ステーキ&レストラン パポイヤ
石垣市大川258 レオビル8階

テーマ:ステーキ - ジャンル:グルメ

[2014/06/10 23:00] | 八重山 | page top
石垣島「空港食堂ゆうなパーラー」ゴーヤちゃんぷる定食
parloryuna01.jpg

2013年3月7日に開港した「南ぬ島 石垣空港」

もうすぐ一周年ですね。

parloryuna02.jpg

そんな空港での食事は「空港食堂ゆうなパーラー」へ

parloryuna03.jpg

空港ロビーではなく警備室の向かい。

通用口?を入ってすぐ。

parloryuna04.jpg

そんなロケーションなので食事をしているのは空港職員や
売店の店員さんと思しき人、旅行者らしいのは私だけ…

parloryuna05.jpg

ゴーヤちゃんぷる定食(700円)

parloryuna06.jpg

たまごふるふるなチャンプルー

parloryuna07.jpg

サラダや煮物も付いてホッとする食事

parloryuna08.jpg

八重山そばやチャンプルーなど地元食に
カレーやラーメン、生姜焼などの食堂メニュー

parloryuna09.jpg

フードコートと違って落ち着いて食べられるのもいいですね。

石垣島での最後の食事も満足~

parloryuna10.jpg


空港食堂ゆうなパーラー(yuna parlor)
石垣市字白保1960-104-1
石垣空港国内線旅客ターミナル 1F

石垣空港情報は
続きを読む

テーマ:沖縄料理 - ジャンル:グルメ

[2014/03/01 23:00] | 八重山 | page top
石垣島「八重山」美崎牛しゃぶしゃぶ御膳+アグー豚
misakishabu01.jpg

アンガマのお面が飾られている「八重山」

misakishabu02.jpg

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートにある日本料理レストラン
鉄板焼「於茂登」、沖縄料理「石垣」と同じエリアにあります。

misakishabu03.jpg

美崎牛しゃぶしゃぶ御膳(5,800円)にアグー豚(1,300円)を追加
牛豚混合のメニューもあったのですが肉の量が足りなさそうだったし、
宿泊(連泊?)特典のサービスもあったので120g+120gとしました。

小鉢

misakishabu04.jpg

じーまみ豆腐

「こちらの人は泡盛はどうやって飲むの?」と乙女な店員さんに訊くと
「基本的には水割りですね」とのことで石垣島の泡盛を水割りを~

misakishabu05.jpg

石垣島の泡盛6種類から「請福」「八重泉」「おもと」を選択。
ストレートなもの、ほんのり樽香がするもの、すっきり飲みやすいもの。

同じタイプではありませんが「請福」「八重泉」は「やまや大森店」にもあったので、
今もそれを飲みながら石垣島に思いを馳せています。

お造り

misakishabu06.jpg

「マグロとイラブチャーです」
はぁ?と聞き返すと、イラブチャーとはアオブダイとのこと。
石垣島では刺身には必ずあると言っていいポピュラーな魚だそう。
洗練されていない旨味がある白身。

蒸し物

misakishabu07.jpg

茶碗蒸し

しゃぶしゃぶの準備

misakishabu08.jpg

美崎牛(120g)

misakishabu09.jpg

美崎牛は石垣島で肥育された牛の肉、有限会社美崎畜産が商標登録。
出生地など石垣牛ほど細かく定義はされていないようです。
その分、石垣牛に比べると値段が安く食べれるそうです。

追加のアグー豚(120g)

misakishabu10.jpg

もともと脂の多い肉質のようですが、白い!
でも、臭みはなく甘みと旨みがあります。

野菜

misakishabu11.jpg

珍しいものはないけど白菜がないと不思議なカンジ

出汁は厨房で熱して鍋を運んできます。

misakishabu12.jpg

固形燃料で保温

〆は稲庭うどんか八重山そばの選択

misakishabu13.jpg

もちろん八重山そば

misakishabu14.jpg

ごまダレとポン酢ダレを付けてみたけどチョット違うかな…
そこで、お皿をもらってスープをそばつゆにしてみました。

misakishabu15.jpg

悪くないけどちょっと物足りない…
ごまダレと混ぜてみたら、どうだったかな?
何か少し加えたら良さそうものができる気がします。

misakishabu16.jpg

島そばのお店にあった「ピパーズ」、ここでは「ヒバーチ」
自分用に買ったのは「ピパーチ」でした。

デザート

misakishabu17.jpg

紅芋のアイスクリーム

misakishabu18.jpg

泡盛や料理も楽しめましたが、
明るくテキパキしていながらフレンドリーな店員さんがいて
楽しく過ごすことができたのがヨカッタ~

misakishabu19.jpg


■関連記事
≫ 石垣島「鉄板焼 於茂登」於茂登コース

日本料理 八重山
石垣市真栄里354-1
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート タワーウィング1F

ホテルと周辺情報は
続きを読む

テーマ:しゃぶしゃぶ - ジャンル:グルメ

[2014/02/27 23:00] | 八重山 | page top
波照間島「日本最南端」日本最南端之碑
hateruma46.jpg

いろーんな石碑やモニュメントが建立されている波照間島高那崎

「日本最南端之碑」(1970年)

hateruma32.jpg

本土復帰前1970年に同島を旅行で訪れた学生が自費建立したものだそうです。

「波照間之碑」(1977年)

hateruma33.jpg

「聖寿奉祝の碑」(1985年)

hateruma34.jpg

当初は国旗掲揚塔が建てられたそうですが強風で損傷が激しく、
この日章旗のレリーフをはめ込んだ碑が建立されたそうです。

隣り合っているけど「日本最南端の碑」とは無関係で
「波照間之碑」と同じく神道青年全国協議会が建立したもの。

竹富町が建てた「日本最南端平和の碑」(1995年)

hateruma35.jpg

賑やかになっているのは観光バスが到着したから

そう、波照間島にはバスの観光コースがあるんです。

hateruma36.jpg

乗船券とセットでバスによる観光コースは11,000円
レンタサイクル利用のサイクリングコースが7,800円

hateruma37.jpg

観光バスが出発すると、また静かに。。。

hateruma38.jpg

急に思い立ったこともあり、あまり下調べせずに訪問。
私は乗船券とセットでレンタサイクルを利用したのですが
波照間島は思いのほかアップダウンがあるんです。

hateruma51.jpg

しかも変速なしのママチャリ
最近はあまり自転車に乗っていない私にはキツかったー

hateruma39.jpg

観光バスに乗っていたら楽チンだったでしょうね…
でも、バスでの観光コースを選択していたら、
このペースでいろーんな写真は撮れなかったのでヨシとしましょう。

hateruma40.jpg

バスだとこの人達も最南端の最南端へ行くこともできなかったでしょう。

hateruma41.jpg

でも、本当の最南端はこのあたりのようです。

hateruma42.jpg


八重山郡竹富町波照間島

日本最南端情報は
続きを読む

テーマ:島の風景 - ジャンル:旅行

[2014/02/21 23:00] | 八重山 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>