NYC「エンパイア・ステート・ビルディング(ESB)」


King Kong was here.



昨年も使ったフレーズですが、今年は違うんです!



本家本元 Empire State Building に来ましたー



こうやって見ると普通のビルにも見えますが、やっぱり違うんです!

エンパイアに上るとエンパイアは見えないからトップ・オブ・ザ・ロックが良いとか、
混雑しているとか子供の頃にも来たからいいや、などと理屈では考えていたのですが、
NYで、あるいはニュージャージーからその姿を見ていたら来てみたくなりました。



重厚な雰囲気のロビー、でも意外とこんぢんまりとしています。



セキュリティーチェックの後は、入場券を買うのに約15分並び、
さらに、80階までのエレベータに乗るのに15分ほど並びました。




週末で晴天の割には待ち時間が短いのは午前中だったから。

このエレベータが揺れるので高さを考えるとちょっとコワイ



80階まで上ってエレベータを乗り換え、86th Floor Observatoryへ!



86階展望台の高さは1,050 feet (320m)



マディソン・スクエア・パークを眼下に見おろすロケーション。



ファンの多いクライスラービルやフラットアイアンビル




個人的に思い入れのある旧パンナムビル(メットライフビル)、遠くには自由の女神も

GEビルの向こうにはセントラルパーク



GEビルにあるトップ・オブ・ザ・ロックよりもロウアー・マンハッタンを望めるはずが、
逆光気味でチョット眩しい



EBS も TOR も、オープンエアな開放感がいいですね。



ここまでは $20.00



+$15.00で102階展望台へのチケットを買ってあるのでエレベータに乗り込みます。



エレベータはフィート表示、102nd Floor Observatory の高さは1,224 feet (373m)



ここは窓で囲まれ、こぢんまりして東京タワーの特別展望台と雰囲気は似てます。



なにやら鉄骨や鉄柱のような物が窓の外に見えます。



たしかに鉄骨のような物が外から見えます!



1931年(昭和六年)からあったとは改めて驚かされます。



やっぱりニューヨークのランドマーク


The Empire State Building
350 Fifth Avenue, New York, NY 10118

その他は
続きを読む

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

[2009/11/11 11:11] | NY | コメント(10) | page top
NYC「マディソン・スクエア・パーク」ホットアップルサイダー


ある天気の良い日曜日、お昼までの時間がちょっと空いたので、
Madison Square Park(マディソン・スクエア・パーク)へ来てみました。



公園の斜向かいには Flatiron Building(フラットアイアン・ビル)があります。



“完成当時は世界一(ニューヨーク一)高いビル”という記述を見掛けますがこれは間違い。
マンハッタンにあるPark Row Buildingが1899年~1908年の間は世界一高いビル。



Mad.Sq.Pk.には、犬の散歩に来ている人もたくさんいます。




公園の隣のブロックにはメット・ライフ・タワー(Metropolitan Life Tower)



このあたりからはエンパイア・ステート・ビルディングもよく見えます。



この日の目的のひとつはMadison Square Market(マディソン・スクエア・マーケット)



いろんなぉ店が出ています。ハロウィーンのカボチャもあります。



目指すのは5th.Ave.を渡った一角にある“EAT”のエリア。お目当てはカボチャではなく・・・



・・・ニューヨークと同じ北緯40°の青森市でもデビューした飲み物



秋から冬にかけての物ですが、日常生活の中では意外と見掛けません。
日々の思いをアウトプットしている方から、マーケットならあるんじゃないかという情報をもらって・・・

来てみたら・・・あった!



Breezy Hill Orchard というニューヨーク州にある果樹園のものです。




Hot Apple Cider($3.00)



りんごのおいしさが凝縮された温かいジュース。



昨年の\(^o^)/を思い出して食べてみたり(笑)



ネコちゃんはあまり見掛けませんが、リスはいます。



Madison Square Park(マディソン・スクエア・パーク)
Between Fifth and Madison Avenues and 23rd and 26th Streets NYC, NY

フラットアイアン・ビル(Flatiron Building)情報は
続きを読む

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

[2009/10/28 23:00] | NY | page top
NYC「メトロポリタン美術館(MET)」


今年もやって来ました!The Metropolitan Museum of Art(メトロポリタン美術館)



昨年も来た、と言いながら美術関係には明るくないんです(汗



まじめにガイドさんの説明に耳をかたむけるおねぃさん方もいれば、
Arkhip Ivanovich Kuindzhi(アルヒープ・イヴァノヴィチ・クインジ)の
“Red Sunset on the Dnieper” に見入るおねぃさんもいますが・・・



・・・私はこの雰囲気だけを味わいます(笑)



絵画や彫刻の他にも武器や楽器など幅広い展示。




通常の入場料は$20.00



個人の写真撮影は基本的にOK。営利目的、フラッシュ撮影、三脚の使用、ビデオカメラはNG。
また、ところどころに“No Photography”という撮影禁止エリアがあります。



広々としていて気持ちいい。そして歴史と伝統のなせる業か、落着きを感じます。



Augutus Saint-Gaudens(オーガスタス・セント・ゴーデンス)の“Diana”



この“Diana”はマディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)の天辺に、
1894年に取り付けられた二代目Dianaの半分のスケールで作られたものだそうです。

そのDianaの近くにあるAmerican Wing Cafe でひと休み。



その後はClaude Monet(クロード・モネ)の“The Path through the Irises”を眺めたり、



Henry Lerolle(アンリ・ルロル)の“The Organ Rehearsal”を見たり。。。



昨年は、帰る時に駐車場へ行くエレベーターが見つからなくてウロウロ。
係員に「迷子になりましたー」と言ったら「そういう人はたくさんいます」と慰められました。
今回は教えてもらわなくてもちゃんと帰ることができました(笑)




■過去記事
≫ NYC「MET ルーフ・ガーデン・カフェ」のターキーサンド
≫ German-American Steuben Parade
≫ NYC「Met(メトロポリタン美術館)」

The Metropolitan Museum of Art(メトロポリタン美術館)
1000 Fifth Avenue at 82nd Street, New York, NY

名画情報と駐車場情報は
続きを読む

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

[2009/10/27 23:00] | NY | page top
NYC「MET ルーフ・ガーデン・カフェ」のターキーサンド


New York City といえばそのニックネームは“Big Apple”

そんなアップルな方からの情報で来てみましたー!

The Metropolitan Museum of Art(メトロポリタン美術館)の屋上、“Roof Garden”



正式名は “The Iris and B. Gerald Cantor Roof Garden” のようです。



そしてここには“Roof Garden Cafe”があります。



ビールにワイン、カクテルもあるのに・・・



なぜか、おとなしくサンペルグリノ($4.00)



営業は5月~10月か11月まで(書いてある物によって違うんです)それと天候にもよるみたい。



Roxy Paine の “Maelstrom” というステンレス製の作品もありますが・・・



・・・やはり皆の視線はセントラルパークやマンハッタンのビルに向けられています。



Turkey Sandwich($8.75)



メニュー名はもっと長かった気がするけど・・・よくある作り置きの物です。



こんな天気の良い日に美術館とはもったいないと思ったけど、そうでもなかったかな。


■過去記事
≫ NYC「Met(メトロポリタン美術館)」

The Metropolitan Museum of Art(メトロポリタン美術館)
1000 Fifth Avenue at 82nd Street, New York, NY

METでパフェラッチ!ならず、な情報は
続きを読む

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

[2009/10/18 23:00] | NY | page top
German-American Steuben Parade
METの正面玄関の写真を撮ろうと思ったら、早い時間は向かいのビルの影が入るんです。



なので後で来てみたら、なぜか座っている人が増えていたんですよヾ(^o^;)



そのワケは、



52nd Annual German-American Steuben Parade



ドイツ系移民が祖国の伝統を守ろうと始めたものだそうです。
52回とは歴史と伝統のあるパレードなんですね~




市警や高校のマーチングバンド、消防車や企業などさまざまなグループが参加しています。



消防車に乗った乙女がキャンディーを沿道の人々に投げています。



元リトルリーガーの私、ダイレクトキャッチしましたよー!



そしてやっぱり気になるのはGerman-American な乙女!



Miss German-America や Miss Plattduetsche.



一番かわいかったのは2009 Little Miss Schutzenpark かな(^^)


■過去記事
≫ NYC「Met(メトロポリタン美術館)」

その他のパレード情報は
続きを読む

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

[2009/10/17 23:00] | NY | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>