上海「阿一鮑魚酒家」の点心ランチ
ウマウマ食い倒れツアー第二弾は「阿一鮑魚酒家 (AH YAT ABALONE RESTAURANT)」





二日目のお昼は点心ランチです。

酥皮蛋塔(エッグタルト)と春巻。春巻はサクサクしておいしかったですよー




鮮蝦雲呑(海老ワンタン)と季節野菜の炒め。日本で見る豆苗とはちょっと違うようですね。

なんとかの一つ覚えで「チン ゲイ ウォ ビン ピー ジュウ」



この中国簡単会話本、なぜわざわざ「冷たいビールをください」と書いてあるのか?
現地のTさんに訊いたところ、

『実はビールを注文するときに、この「冷たい」の一言を言わないと、
 常温のビールが出てくる可能性が高いのです。レストランによっては、
 冷たいビールかどうかを聞かれるときもありますが、聞かないケースもあります。』

訊かれてもわかりませんが(笑)

『もともと中国では冷たい飲み物を飲む習慣があまりありません。
 中国人はビールでも常温で飲む人が多いようです。』

今考えるとネタとして1回くらい常温を出されてもよかったか(笑)

そして上海といえば、

どどんと南翔小籠包ですっ!ヽ( ´ー`)ノ



アツアツだけど、やっぱり小籠包は一口で食べなきゃね。でも熱い!
それにスープがなきゃ小籠包じゃないですよねヾ(^o^;)



小籠包はもともと上海市近郊の南翔という町(現在は上海市)が発祥だそうです。

湯餃(スープ餃子)。水餃子と称しているわけではないから私も暴れません。



湯餃・・・スープ餃子
水餃・・・水餃子
鍋貼・・・焼餃子

焼売(シュウマイ)もありました。

又焼包(中華チャーシュー饅頭)



甘辛く味付されたチャーシューがおいしい。

甜品(デザート)はタピオカ。



少し紫色がかっているのは紫芋。

後で知ったことですが、阿一鮑魚酒家は鮑・ふかひれ料理がウリのお店。
そういう先入観なく行ったこともあり、なかなかおいしい点心ランチでした。
特に春巻、南翔小籠包、チャーシュー饅頭がおいしかったですよヾ(^o^;)



阿一鮑魚酒家 黄浦店
上海市黄浦区福佑路8号埃力生国際ビル5F

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/06 22:00] | 上海 | page top
上海「豫園&豫園商城」


ツアー観光の続きは、上海「豫園&豫園商城」



明の時代に造られた美しい庭園「豫園(Yu Yuan)」




※"豫園"の"豫"の意味は"愉快"の"愉"をもち、"豫園"とは"楽しい園"を意味するそう



実は豫園ではブラブラしてガイドさんの説明をほとんど聞いていませんでした(汗
真面目な説明は、こちらをご覧ください。⇒ 『お昼の豫園 & 豫園商城』



16世紀中頃の明代に造られ、1956年の大改修を経て一般に公開されたそうです。




豫園の手前は「豫園商城」



人、人、人。この日は蒸し暑い日だったので余計に暑い。




浅草や東京タワーのお土産屋さんを思い出します。



豫園
上海市黄浦区安仁街132号
続きを読む

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/05 23:00] | 上海 | page top
上海「南京路」でお買い物
今回のウマウマツアー、本格的な観光の始まりです。
まずは、上海屈指の繁華街、南京路(Nan Jin Lu)



上海市第一食品商店(Shanghai First Food Store)



食料食品の大型小売専門店




上海蟹や金華ハムなども売られています。上海蟹の値段は幅がありますね。



実を言うと私はこの前日、初日の夜に南京路へ買い物へ来ているんです

なぜかというと、

デジカメの予備バッテリーと充電器を自宅のコンセントに差しっ放しで中国に来てしまったんです!

ガーン! ∑(゚Д゚)

もしかして、ブロガー失格?
しかも既にこの旅2つ目のドジ(汗

現地ガイドの李さんに相談すると「ホテルのすぐそばに第一百貨商店があるから、
夕食後にホテルへ戻ったら行きましょう。私がついて行きますよ」と言ってくれました。
大人ですからね「場所を教えてくれたら自分ひとりで行きます」と言ったのですが、
一緒に来てくれて良かったぁ~、と後で思うんですよヾ(^o^;)



正面に見えるのが庶民のデパート第一百貨商店。左手にあるのは新世界城。

悪いことに私のデジカメ、マイナーなメーカーのものなのでどの売場にもありません。
そして英語が通じないので店員さんとの折衝はガイドさんにお任せします。

抜いたバッテリーを見ていた店員さんが「ちょっとカメラを貸して」と言って、
陳列されているカメラから電池を抜き出して私のデジカメに差し込みます。
「どう?ちゃんと動く?」 動くけど。。。かなり大雑把ですね(笑)

LVSUN製LS-NP70(150RMB≒2,390円)



このバッテリーの新品を買うことにします。そして店員さんは伝票を書き出しました。
すると、その伝票を我々に差し出すではありませんか!なんだ?

この後で他にもこういうお店を見掛けましたが、支払いの手順は、

①商品を選んで買うと決めたら店員が伝票を書く。   .
②客がその伝票を持って会計所へ行き、支払いをする。
③伝票の控えを持って売場に戻り、商品と引き換える。.

ガイドさんが一緒に来てくれなかったら、私は戸惑ったでしょうね。李さん、謝謝你!

今思うと店内の写真を撮っていれば良かったのですが、この時は余裕がありませんでした。

「充電器はないか?」と訊いてもらうと「カメラ本体とセットでの販売だ」と。さすが国営デパート(笑)
まっ、とりあえずの危機は脱しました。

ガイドさんと別れてホテルへと帰る途中に「新世界城」があります。



ちょっとホッとしたものの、充電器を諦めきれない私は突入します。
店内は吹き抜けになっていて、第一百貨に比べると少し垢抜けた雰囲気。



ウロウロしていたら「你好(ニーハオ)」と声を掛けてくれた男性店員さん、英語が通じました。

英語ができるこの店員さんは充電器のことは詳しくないようです。
充電器のことがわかる女性店員さんは英語が全くできません。
3人でやりとりをして、なんとか話が通じました。

今度は“対象商品一覧表”のようなものを取り出して調べてくれました。



バッテリーや充電器は現地メーカー製の互換製品が主流ですね。
これに限らず日本人はメーカー純正品へのこだわりが強いけど、
海外ではそんなことはないと聞きますが、そんなことを実感します。

LVSUN製CS005(145RMB≒2,270円)



図らずも電池と同じメーカーのもの。
Shenzhen LVSUN Electronics Technology Co.,Ltd

こちらでは店員さんが会計所へ行ってくれました。
不案内な観光客の私に同情してくれたんでしょうね。謝謝你!

みなさん、ありがとうございました!
この旅行最大のドジをリカバーできました。



上海市第一食品商店(Shanghai First Food Store)
上海市黄浦区南京東路720号

上海市第一百貨商店(Shanghai No.1 Department Store)
上海市南京東路830号

上海新世界城(Shanghai New World)
上海市南京西路2-68号

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/03 22:00] | 上海 | page top
上海「班波果賓鍋貼」の皮蛋痩肉粥


これは朝の自由行動のこと。もちろんツアーにはホテルの朝食がついているのですが、
このメンバーがそういう普通のことに満足するはずがありません。

ホテルの裏口を出てやや猥雑な雰囲気の裏通りを少し歩いて行きます。




なんでこのお店に決まったのか私はわかりませんが、皆なかなか入ろうとしません。
先鋒として突撃します!(本当は、みんな写真を撮るのに一所懸命だったんですよ)

お店の入口で食券を買うようですが、日本語はもちろん英語も全く通じません(汗



ここはツアーとは関係ないのでガイドがいません。自分達でなんとかしなくてはなりません。
メニューを指差して注文します。私はなんとなく見覚えのある「皮蛋痩肉粥」にしました。
いずれにしても皮蛋(ピータン)入りのお粥はポピュラーだから問題ないでしょう。



プラスチックの食券をもらいテーブルに着くと、食券と引き換えに洗濯バサミを置いていきました。



一見、無愛想だけど従業員の皆さんはフレンドリーで親切でした。

皮蛋痩肉粥(4RMB≒64円)



ビンゴ!これです!こういうのを食べたかったんですヽ( ´ー`)ノ



「痩肉」とは脂のない肉、通常は赤身の豚肉のことのようです。この時は鶏肉のように思えました。
調べてみると「皮蛋痩肉粥」と書かれていても、実際には鶏肉や魚肉のこともあるみたいですね。
それとも鶏肉の出汁を吸って鶏肉に思えたのか?今となっては確かめるすべはありません。。。

こちらの方が頼んだ菜粥(3RMB)。鍋貼(焼餃子)はなんと2RMB!(≒32円)



ここまでは順調にことは運んでおりました。しかし想定外の事態発生!
当てずっぽう(?)に頼んだ麺類はどれが誰の物だかわかりません!!



しかもブログ的にみんな違うものを頼んでいるんですよヾ(^o^;)

デジカメで撮ったメニューをディスプレイで見せて教えてを乞います。
最終的にはおばちゃんがメモを書いてくれて、ようやく判明。。。ホッ
麺類は3.5~6.5RMBのようです。詳しくは各メンバーのページで!

ここはおいしかったです。しかもこの値段!

帰り際に「ヘン ハオ ツー」(おいしかったです)というと笑顔が返ってきました。
もちろん、『中国簡単会話本』を見て言ったわけですが(笑)

ホテルへ戻って本格的なツアーの開始です。この日は夜まで盛りだくさん・・・





班波果賓鍋貼
上海黄浦区鳳陽路311号(近新昌路)

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/02 23:55] | 上海 | page top
上海「Home's 私房菜」
JALPAKのツアーAVA(アヴァ)第一弾のお店は、上海家庭料理のお店「Home's (私房菜)」



「私房菜」というのは、香港で流行している隠れ家的プライベート・レストランとのこと。
マンションなどの一室をリニューアルした、こぢんまりしたレストランが増えているそうです。
ここは普通の店舗ですが、そういう隠れ家レストラン風の料理をコンセプトにしているのかな。



乾杯の後、まずは前菜。

馬蘭頭(マーラントウ)と干豆腐のようなものを和えた前菜



こういう見たことのない料理が出てくると 道をゆく方ひるどきな方 は色めき立ちます。
“マーラントウ”。。。何回も料理名をガイドさんに訊きますが、なかなか頭に入りません。
春菊のようなほろ苦さが胡麻油と合ってなかなかおいしく、かつ、印象に残る料理でした。

水晶豚のゼリー寄せもおいしい。



冷たいスープに浸された枝豆とよくわからないものは変わった味




上海風スペアリブと棗(ナツメ)で餅を包んだものは、甘めの味付けだけどおいしい。

旅行は異文化コミュニケーション。1本目はガイドさんが注文してくれましたが、次は自分で!



『中国簡単会話本』を取り出してビールを頼みます。Déjà vu?ここは大井町



「チン ゲイ ウォ ビン ピージュウ」(冷たいビールをください)

通じたようです ヽ( ´ー`)ノ

しかし、続けて小姐(シャオジエ)が「*☆×#◎■?」と!ひ~~、何にもわかりませーん!
人差し指を立てて首をかしげています。“一本でいいですか?”ということのようです。。。ホッ



青島(チンタオ)ビールですが、日本で見るものとは違いますね。

ところで言い忘れてました。まだ前菜が終わっただけなんですよヾ(^o^;)

前菜が終わったと思ったらいきなり本日のメイン・ディッシュ!

なにかなぁ?



私房紅焼肉(特製豚の角煮)



黒酢を使った甘辛酸っぱい味、日本の角煮とは違ったおいしさ。

料理が多いから駆け足で。。。ビール入りの焼き蝦と魚の醤油煮




蟹と豆腐の煮込みと牛肉と玉葱の炒め物

やっぱり中華料理には老酒でしょ!



辣子鶏(鶏肉と唐辛子の揚げ物)



すごい唐辛子の量!辛いからやめておきたいだけど、おいしいから手が出てしまいます。

潮州風味魚のすり身入り揚げ麩と中国枝豆と金華ハムの炒め




Home's炒飯と青菜炒め

酸辣湯(スーラータン)はもともと好きでないので、温かいデザートをいただきます。



甘めの料理も多いのにデザートはなぜか甘くない(笑)

最後には季節のフルーツ。



現地でしか食べられないような食材や料理が多くて楽しくておいしいお店です。
ウェイトレスさんは一見、みんな愛想がなさそうだけど実は親切なのも印象的。

こちらは通常のツアーで提供されるものと同じ料理だそうです。
好みで個人の評価が分かれるところはあるけど、どれも良い料理だと思います。
とても満足できた、来た甲斐のあるお店でしたヽ( ´ー`)ノ



料理の名前、正確な名称は一部で、私がメモを参考に付けたものが多いことはご容赦ください。
う~ん、これは記事が先行すると大変だから、誰かがアップするのを待とうかな(笑)


Home's 私房菜
上海市巨鹿路791号(富民路口)

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/10/31 23:30] | 上海 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>