北京「全聚徳 鴻坤店」の北京ダック・ディナー


全聚徳(Quanjude)は清朝同治三年(1864年)に創業。各国の要人も訪れている有名なお店。
キッシンジャー元米国務長官、ガリ元国連事務総長、ヒース元英首相、海部元首相、
ニクソン元米大統領などなど。現在のアメリカ大統領のお父さんも訪れたようです。

中国オフ最後のディナーに用意されていたのは「吉祥(Ji Xiang)の間」






個室内にソファがあったりパントリースペースのような小部屋があったり、
チャイナドレスの小姐が全聚徳の歴史を説明してくれたりと、ちょっとVIP気分

前菜は六品。ニガウリ、甘い味の棗(なつめ)、チャーシューのような家鴨、
家鴨のレバー、酸っぱ辛いきゅうりのお漬物、家鴨の水かきはタレを付けて。





家鴨の脂の融点は非常に低く、冷たい料理でもおいしく食べられます。
牛肉は40~50℃(by食肉の科学)、家鴨の脂の融点は14度(by全聚徳HP)

気の利いたオジチャンが事前に特別注文した一品は・・・

スコーピオン



「川海老みたいな感じ」「やっぱり甲殻類の味なんだろうな」と言っていると・・・

すると「サソリは甲殻類ではありません。節足動物だけどサソリはクモ綱、クモの仲間です!」と
突然熱く語り始めるソサリスト。こちらの写真のどこかに写っています(内輪ネタですみません)

蠍に注目しがちですが、全蠍芝麻鴨方(Fried Duck Meat with Scorpions)という料理。
そして火燎鴨心(Flame-touched duck hearts in Maotai)は、マオターイな味。





酢鴨?酢豚風ってこと。レタスに包んだ家鴨の舌は味噌味、レタスをくるっと巻いて食べます。
山の幸料理は水かきと肉とインゲンや筍など。季節の野菜炒めはアスパラとしいたけ。

そして、

全聚徳烤鴨(北京ダック) ヽ( ´ー`)ノ

北京ダックはかつて明朝宮廷の高級料理。



まずは、一羽からわずかしか取れない首下の胸肉の皮。



砂糖をまぶして食べると甘味とともに旨味が溶け出します。



こちらでは皮だけでなく肉も食べます。ロレンス家では、これを香港スタイルと呼んでいます。
しかし、北京を代表する「全聚徳」でも肉付きとなると、皮だけ食べるのはもしかして日本だけ?

肉を数枚とり、甜麺醤をつけ、きゅうりと葱とともに荷葉餅(小麦粉の皮)で巻いて食べます。





また、胡麻付きの蒸しパンのようなものにはさんで食べたりもします。

「三品京酒(Sanpin Jing Jiu)」という白酒。中国の強いお酒です。



飲める人は52°を一気飲み。匂いがきついので一気の方が楽に飲めます。それって危険・・・

手が届かない大きな円卓での乾杯は、グラスの底で円卓の上の台を叩くそうです。



下戸の人にも“舐めるだけでも”と配られます。むせ返るtakapuさん、期待通りのリアクション。

まだまだ終わりません。ダックスープとワンタン。




甘い点心とフルーツ。やっぱりミニトマト(笑) (←わかる人は暇人ネ)

家鴨には鉄分、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などの栄養要素が多くて、
女性にオススメだそうです!

今回のツアーでは、ここが最も高級店で、たぶん最も高かった食事だと思います。
そして本場の北京ダック、さすがにおいしかったです!そんなツアーの情報はこちら。
↓↓↓


全聚徳 鴻坤店
北京市豊台区広安路1号

日本情報は
続きを読む

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/19 22:00] | 北京 | page top
北京「四合軒」のランチ
ようやく北京入り、私が最後のようです(←ブログのことです)
実際には「行っチャイナ!食べチャイナ!」ツアーの3日目です。



北京に到着した我々が向かったのは「四合軒」
ニッコー・ホテルズ・インターナショナルの京倫飯店(Jinglun Hotel)にある、
中国家庭料理や餃子、麺類などを小皿でお楽しめるお店だそうです。




まずは前菜。豚肉の煮こごり、いんげんの炒め物、鮒(フナ)を煮た物、蒸し鶏、ニガウリ。





日本の中華とは違う味付けで、なかなかローカルな雰囲気を味わえていいですね。

そして今回初めての燕京ビール



2008年北京オリンピックのオフィシャル・スポンサー

こ、これは。。。もりそば一枚?

それとも、イタリアン・ヌードル第2弾?



中国版の高野豆腐を細切りしたものだそうな。

そしてキレのある野菜炒め。ミョーにおいしかったんですよヾ(^o^;)



日本で見る野菜炒めと似てますね、って。。。どこがじゃ ゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o

撮り忘れたので、こちらから誰かの写真を見てください!
↓↓↓


そして私にとってのメインイベント、北京水餃(水餃子)!野菜餃子と肉餃子がありました。



今回の旅行ではTV班が撮影し、その後に各ブロガーが順に撮影しますので、
一人ずつめいめいに出されるもの以外は冷めてしまいます。(皮の感じでわかるかな?)
水餃子好きの私としては、アツアツを食べたーい!野菜はイマイチだったので、
追加注文するのはもちろん ナポリタン 豚肉の水餃子!!!

そして運ばれてくると誰かがカメラを向ける前にインターセプト!
餡に味がついているので何もつけなくてもOKなのはここここと同じ。

やっぱりアツアツはおいしい!

でも新橋・蒲田・大森で水餃子をしょっちゅう食べている私、絶賛するほど甘くないですよヾ(^o^;)
中国では、北部は水餃子、南部は蒸し餃子と聞きます。
北部と縁があったロレンス家では餃子が食卓に上るとき、それは水餃子でした。
中国北部出身者に話を聞くと「焼き餃子?水餃子が残った時には翌日焼いて食べるけど」と。
上海では「鍋貼(焼餃子)」をよく見掛けました。これは昔からあるのか、最近の傾向なのか?

焼売(シュウマイ)もありました。



シウマイではありません。←横浜市民ならわかるかな(笑)

フカヒレ丼


醤油ドロドロのスープではないところまでは良かったのですが、そして
見た目も良かったのですが、フカヒレを戻す時に何か使ったのでしょうか?
こちらは、手軽な価格でフカヒレ丼が食べられると言うのもウリのようですが、
例えるなら大衆的なお寿司屋さんでミョウバンを使い過ぎたウニに出会った感じかな(?)

黒胡麻の入った白玉団子の中華風デザートとフルーツ。



ここはローカル色の感じられる食事を手軽に味わえます。ふかひれ丼はチト残念でしたが、
北京家庭料理を中心とした「小吃」(軽食)を揃えたお店として訪れるには良いと思います。


四合軒
北京市建国門外大街3号 京倫飯店 4階

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/18 21:00] | 北京 | page top
上海「上海雑技団・上海博物館・外灘・その他」




上海を離れる前に、このツアーで寄ったスポットを駆け足で~

『上海雑技団』



理屈なしにおもしろい!
現地でガイドさんに「明日、行きますか?」と訊かれて全員「はい(挙手)!」 これは正解でした!




失敗も稀にあるのですが、それが逆に仕掛けのないリアリティを感じさせます。
(フラッシュなしでの撮影OKもらっています)



今回はオプショナル・ツアーで白玉蘭という劇場でしたが、劇場は上海に数箇所あるそうです。


『上海博物館』



私たちは事前に「写真撮影不可」との注意を受けていました。(なので展示物の写真はナシ)
でも皆バシバシ撮っていますし、フラッシュ撮影をしても近くにいる警備員は何もしません。




レシーバーの貸し出しがあり主要な展示物の前では日本語での解説を聞くことができます。
かなりの規模ですから中国の歴史や地理、磁器に興味のある方はとても楽しめると思います。


『外灘(昼)』



黄浦江沿いに、租界時代のヨーロッパ調の面影を残す建物が建ち並ぶ観光名所。
【租界】中国の開港都市で、外国人がその居留地区の行政・警察を管理する組織、およびその地域




対岸は東方明珠塔を筆頭に、浦東の近未来的なビル群が建ち並んでいます。



ハムちゃん、ここでは活躍したんですよヾ(^o^;) 自分じゃ撮れなかったけど。


『外灘(夜)』



移動中のバス車内からの写真。ライトアップされる夜景の美しさはなかなかのものです。



バーの帰り道、この界隈で乗ったタクシーの運転手さんが行き先を間違えてしまいました。
同乗のtakapuさんが「道、オカシクナイカ?」と騒ぐのですが日本語も英語も通じません。
「手前を右だったな」とヒロキエさんが地図を取り出します。                    .
私がマッサージを受けている間に観光や散策していた二人のおかげで早めに軌道修正。
これは運転手さんの単なる間違いで、余計に掛かった運賃の一部は返してくれました。 


上海に着いて1日半、なんだか2週間くらい経った気がします。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/13 23:00] | 上海 | page top
上海「New Heigts(ニューハイツ)」のボリンジャー
この日のツアー行程は終了したので、自由行動でやってきました。



一足先に上海へ潜入していたJolie nanaさんが見つけた「New Heights」
上海でもベスト夜景スポットのひとつと言われているお店のようです。



ジェームズ・ボンドを気取って“Bollinger”を注文。
ところが「ボランジェ」と言ってもウェイターに通じません。

007でも人物によっては英語読みしていたことを思い出して、
「ボリンジャー」と発音し直すと通じました。



コネリー・ボンド好きとしてはドンペリニヨンじゃないの?と突っ込まないで~
上海でもドンペリは高いんですよヾ(^o^;)

takapuさんはやっぱりカキタベ! 私も1個いただきました。



ベスト夜景スポットといいながら、夜景の写真がないじゃないかって?

それは・・・

お店のオペレーションが悪くて、ちゃんと写真を撮る余裕がなかったのです!

この旅行編、失敗談やへんてこりんな話の方が反応が大きいようですが
今回はちょっと愚痴っぽいのでお暇な方だけ続きを読むをクリックしてください。

そういう事情で私はガチャガチャやっていたので、こんな写真しかありませんが・・・




夜景はじっくり落ち着いて撮らなきゃ大きくアップできるものは撮れません。



このお店をこのブログで採り上げるかどうかは迷ったのですが、
たしかにバーのテラスからの夜景は素晴らしかったのです。
そんな夜景はこちらをご覧ください。
ヒロキエさん
Jolie nanaさん

接客に難あるも夜景を加算して、満足度としては星なしに近い星1つか。

こういうことがあると、ツアーで連れて行ってもらえるのは楽だなぁと、
お世辞でも宣伝でもなく思っちゃいます。ガイドさんに改めて感謝です。



New Heights(ニューハイツ)
上海市中山東路3号7F

愚痴は
続きを読む

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/12 23:00] | 上海 | page top
上海「小橋流水 精菜坊」の上海蟹
ツアーの上海ラストの食事は「小橋流水精菜坊(Shanghai Lake Garden Restaurant)」



注文するのはもちろん上海蟹!!!大ハコなので炒め音は聞こえません。




レストランウェディングでしょうか?とても賑やかです。われわれは階上の個室へ。

前菜盛り合わせ



円卓の真ん中に置かれた鉢の中を何かが泳いでいます。



おいおい!



こっちこっちー



このあたりまではおいしいと思ったアスパラと蟹足のさっぱり炒め、蟹味噌の饅頭皮包み。




蟹味噌豆腐のとろとろ煮込み、剥き蝦の蟹味噌餡かけ・・・

実は既にこの時点で私は蟹味噌は食傷気味。

上海蟹の姿蒸し(雄・雌、一杯ずつ)



まだまだ続きます

蟹味噌炒飯、生姜湯みたいなもの。




小柱と蟹味噌のとろみスープ、蟹味噌入りの小籠包。。。

季節のフルーツ、ホッ。ミニトマトも入っています。



いいお店だとは思うのですが、そして私も蟹は好きですが
上海蟹の姿蒸しが出てきた時点で蟹味噌は食傷気味。。。

もちろん個人的な感想ですが、野球にたとえると決め球のフォークボールの多投し過ぎ。
直球、SFF、フォーク、フォーク、フォーク、大フォーク、フォーク、フォーク、フォーク、カーブ
(SFF:スプリットフィンガード・ファーストボール、落差はフォークボールよりも小さい)
ピッチャーはいい球を持っているんだけど、キャッチャーの配球に難ありって感じ。
メインの前の4球目5球目に直球を投げてから決め球を投じた方が威力が増したと思います。

私がくどい味しつこい味がそんなに得意じゃないのもあると思います。満足度としては星1つか。



小橋流水 精菜坊
上海市卢湾区淮海中路923号

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/11 18:00] | 上海 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>