船の科学館「シーサイドレストラン 海王」五目やきそば
ごきげんよう!



「船の科学館(本館)」と「羊蹄丸」は2011年9月30日をもって展示を休止。



品川区にある「船の科学館(Museum of Maritime Science)」

昭和四十九年(1974年)オープン、東京臨海副都心では草分けの施設。
というよりも臨海副都心の開発が始まるずっと前、何もなかった頃からあった施設。



そんな船の科学館には、4階に「シーサイドレストラン 海王」があります。



五目やきそば(900円)



修学旅行など団体客も食事に訪れるレストランなので
あまり期待しなかったけどフツーにおいしかったです。



土日祝は一般客もランチバイキングが選べるようです。
その代わりに平日らしく日替りランチがありました。




夏休み返上だったので少し遅れて一日だけの夏休み。



窓が大きくて眺めが素敵。プチ夏休みってカンジ?笑

展示休止に伴い青函連絡船「羊蹄丸」は無償譲渡する予定だそうです。



南極観測船「宗谷」を中心に屋外展示など活動は継続するとのこと。
チョットややこしいので詳しいことは船の科学館HPを見てください。



シーサイドレストラン 海王
品川区東八潮3-1 船の科学館4F

船の科学館や周辺の情報は
続きを読む

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2011/09/10 23:00] | 城南)中華・中国料理 | page top
蒲田「上海わんたん 食彩厨房」のおつまみ


蒲田駅東口を出て左手の繁華街を抜け、



鈴文」方面へ続くアンダーパスを横目に多摩堤通りを越えて御成橋を渡ります。

橋を渡ってそのまままっすぐ行くと御成橋通り商成会にある「上海わんたん 食彩厨房」



上海春巻きも安く(130円/本)ておいしいし、おつまみは全品180円!



四川風の冷奴



鳥もも肉の紹興酒漬け



ピータン



きゅうりの信州味噌漬け



ザーサイ



小粒ピーナッツ



どれも180円!そしてどれもおいしー
(持ち帰りの販売も多いお店ですが、おつまみは店内限定のメニュー)

青島ビール(420円)



紹興酒(400円)



9年熟成の紹興酒を甕からすくってストレートかロックで飲みます。

上海わんたんを釜揚げスタイルで



この「上海わんたん 食彩厨房」テレビ東京の『激セマ繁盛店』に登場するんですってヾ(^o^;)



5月の予定だったけどその予定日に緊急生放送が入って延びたとのこと。

※追記:またまた変更!放送予定は7月10日に延びました。

たしかに店内はカウンター4席のみ。でも上海出身の奥さんは『大井町の東小路には
ウチより狭いお店がたくさん』となかなかシブいことを言います(笑)



ここに入る時に気を付けなくてはならないのは温度調節のしやすい格好で来ること。
急上昇に対応する必要があります(笑)

持ち帰りで買って行く近所のお客さんが多い地域密着系のお店ですヽ( ´ー`)ノ



■過去記事
≫ 蒲田「上海わんたん 食彩厨房」の上海春巻き
≫ 蒲田「上海わんたん 食彩厨房」の上海わんたん

上海わんたん 食彩厨房
大田区蒲田1-13-7

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2011/05/29 23:00] | 城南)中華・中国料理 | コメント(8) | page top
蒲田「上海わんたん 食彩厨房」の上海春巻き


“いちこく”の東蒲田二丁目交差点から始まる多摩堤通りが呑川に架かる菖蒲(あやめ)橋。



その次に呑川に架かっているのは御成橋。



その橋を渡って御成橋通り商成会にある「上海わんたん 食彩厨房」



店内はカウンター4席だけの小さなお店。
上海わんたんを持ち帰りで買って行く近所人の多い地域密着系のお店なんです。

青島(チンタオ)ビール(420円)



飲むのと180円という価格の各種おつまみは店内だけのお楽しみ~

四川風の冷奴(180円)



意外と辛い(笑)

上海春巻き(130円×2)



上海わんたんに勝るとも劣らぬ名物。一本130円なんですよヾ(^o^;)



白菜・筍・キクラゲ・豚肉の餡がアツアツトロトロ!
薄手の皮に包まれてパリッと揚げられています。



「鎮江(ちんこう)の黒酢に付けて…」と上海出身のママさんに言われるけど、
私はそのまま何も付けないのが好き。そのままがおいしいー

そして、瓶出しの9年熟成の紹興酒(400円)



夏でもないのにロックなのは、室温上昇中だから(笑)

上海わんたん(椎茸・海老ミックス:600円)



豚骨ベースのスープにぷりぷりワンタンが8個。

椎茸わんたん:550円、海老わんたん:650円、わんたんについて詳しくは過去記事で~



■過去記事
≫ 蒲田「上海わんたん 食彩厨房」の上海わんたん

上海わんたん 食彩厨房
大田区蒲田1-13-7

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2010/11/06 23:00] | 城南)中華・中国料理 | page top
蒲田「上海わんたん 食彩厨房」の上海わんたん


JR蒲田駅東口を出て左方向、呑川に架かる御成橋。



御成橋を渡ると住宅街を貫く御成橋通り商成会、そこにある「上海わんたん 食彩厨房」



店内は4席だけのカウンター。持ち帰りのわんたんを買い求める近所のお客さん中心。
買いに来たお客さんとのやり取りから、ここが地域密着系のお店だと確信できます。



ワタシは飲むんですけどね(笑)

青島ビール(420円)



飲む人にウレシイのは、小皿のおつまみがどれも180円!

ピータン(180円)



小皿といってもひとりでつまむには丁度いい量。

紹興酒(400円)



瓶出しの9年熟成の紹興酒、暑い日にはロックで。

海老わんたん(650円)



上海というと小籠包(ショーロンポー)のイメージが強いけど、
一般市民にとってはワンタンもポピュラーなのだそうです。

初回はスタンダードにスープスタイルの海老わんたん。



豚骨ベースのスープにぷりぷりワンタンが8個。
おいしー、そして一つ一つが大きいので意外とボリュームあり。

椎茸わんたん(550円)



こちらは常連向け、釜揚げ風の椎茸わんたん。



カウンターに座っていると、ワンタンを包むところを眺めているわけですが、
その出来上がりをはっきり見ることができるのもこのスタイルの楽しみ。



酒を飲む人に好評な食べ方、水餃子好きな私にも好評。
それとスープは調味料が少し多いのでこの方が好き。
黒酢の他に辛いソースもあるそうですが、このままがおいしい。

椎茸・海老ミックス(600円)



ミックスは椎茸わんたんと海老のわんたんが4個ずつ。

蒲田の台湾”の次は“蒲田の上海”というカンジかな?



桜新道~沢田通り~東邦医大通りという補助27号線とJR京浜東北線の間を走る通り。



大森から駅の雑踏を避けるなら、
京急バス森50系統蒲田駅行きで蒲田一丁目バス停から徒歩というアクセスもあります。


上海わんたん 食彩厨房
大田区蒲田1-13-7

上海の想い出は
続きを読む

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2010/09/26 23:00] | 城南)中華・中国料理 | page top
蒲田「喜来楽(シーライルー)」竹の子煮


蒲田駅西口、隣の大森に比べるとパワフルなイメージ



夏以上秋未満なこの季節、どこで食べようかなと思案しながら蒲田東急駅前通りを歩きます。



ゆっくりゆっくりなこちらを思い出して、バーボンロードをまっすぐに行くと、
飲食店の連なりも途切れる東急線の踏切の向こうに明りが見えてきます。



台湾家庭料理「喜来楽(シーライルー)」



お店の前で様子を窺っていたら…

…どこから戻ってきた風の女性に「どうぞ~空いていますよー」と声を掛けられました。

この人がウワサのまりさんか!と思って一緒にお店に入ると…実はお客さんだった!笑



お通しの炒りピーナッツでビールを飲み、「竹の子煮にしようかな」とつぶやいたら、

常連さんが「それおいしいよー」ということで…竹の子煮(500円)



麺料理のようなルックスをこちらで見て、気になっていたんですよー



そぼろに軟らかく煮た肉にプルプルなコラーゲン的な部位も混じっています。

水餃子(300円)



〆には麺類か?400円程度なのでそんなにボリュームはないかな?と思ったけど、
ホンモノのまりさんが「麺は意外と多いから、そぼろご飯を少し食べる?」とのこと。



少なめのそぼろご飯に味玉のせ。ウマイねぇ~




もっと色々食べたかったけど、ひとりだったのでこれだけ。



これはディープなトコが好きな城南メンバーで来なくっちゃ!(><)

二階はお座敷になっているしね(笑)



台湾家庭料理 喜来楽(シーライルー)
大田区西蒲田7-60-9

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2010/09/21 23:00] | 城南)中華・中国料理 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>