銀座「朧月」の中華そば
oboroduki01.jpg

西銀座通りの銀座5丁目プロジェクト

反対側は数寄屋通り

oboroduki02.jpg

今は看板が撤去されています。

oboroduki03.jpg

そんな数寄屋通りを進むと見える「朧月」

oboroduki04.jpg

かつて銀座はラーメン不毛地帯、今では激戦区と呼ばれています。
その流れを作ったのが2010年にオープンした「朧月」と「銀笹」だと思います。

「銀笹」がオープンしてから私もラーメンを食べる頻度が高くなりましたが
「朧月」は遠いのと臨時休業や連休の読み違いがあったり、
長い行列を見て断念したりで食べる機会がありませんでした。

たまたま通り掛かったこの時は行列がなかったので入店
でも、店内に入ると一人待っていました。。。

中華そば+味玉(780円+100円)

oboroduki05.jpg

なるとが“中華そば”らしい

魚介系が強く見た目よりも濃いスープ

oboroduki06.jpg

中華そばのイメージよりも魚介系が突出

縮れた太麺はもちもち

oboroduki07.jpg

端正な並び、5枚のチャーシュー

oboroduki08.jpg

葱だけではなく玉ねぎのみじん切りの食感が楽しい

デフォルトでうずらの玉子、オプションで味玉

oboroduki09.jpg

親子みたい・・・どっちも親ではないけど(笑)

oboroduki10.jpg

汁麺を食べているのは私だけ・・・他は皆つけ麺
でも、(その筋では基本らしい)食券販売機の左上は中華そば

oboroduki11.jpg

もともと好みがラーメン>つけ麺ということもあるし
寒いときは更科でも汁麺を食べることの多い私

カウンター7席のこぢんまりしたお店なので
人気があると行列になってしまいますね。

oboroduki12.jpg


朧月(おぼろづき)
中央区銀座6-3-5

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2015/03/03 23:00] | ラーメン | page top
銀座「むぎとオリーブ」の特製トリプルSOBA
mugiolitokutri01.jpg

来週には開店一周年を迎える「むぎとオリーブ」

mugiolitokutri02.jpg

ミシュランガイドに掲載されてから欧米系の外国人客が増えた気がします。

特製 鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA(1,180円)

mugiolitokutri03.jpg

デフォルトでも具材が多いので特製にする必要はないなぁと思い
特製はどれも注文したことはなかったんです。

ラーメンだけだと物足りないし、ごはんを追加すると多いかな、
そんな日にポチッとしてみました。

mugiolitokutri04.jpg

特製は低温鶏チャーシュー・国産豚チャーシュー・海苔増量に味付玉子

トリプルSOBAは鶏・煮干・蛤のスープをブレンドした醤油ラーメン

mugiolitokutri05.jpg

その筋では有名らしい京都の製麺会社「麺屋 棣鄂(ていがく)」の麺

mugiolitokutri06.jpg

歯切れが良くスモーキーな香りのおいしい麺

鶏・煮干・蛤をブレンドしたスープはおいしい

mugiolitokutri07.jpg

ここでは蛤SOBAかトリプルSOBAが好きだなぁ~

ここのウリのひとつ、エシャロットオリーブオイル…
もとが十分に油を感じるので私は使わないことが多い(笑)

mugiolitokutri08.jpg

昨年12月頃から素揚げの長芋がじゃがいもに変わっています。

mugiolitokutri09.jpg

ここはちょこちょこ変わります。ハンガー掛けを取り付けたりという改善もあれば、
鶏SOBAと蛤SOBAの値段はいつの間にかちょっぴりアップしていたりとか。
そして食券の自動販売機も変わりました。なぜか理由はわかりません。。。

mugiolitokutri10.jpg


■過去記事
≫ 銀座「むぎとオリーブ」鶏と蛤の濃厚つけ麺
≫ 銀座「むぎとオリーブ」濃厚卵のまぜSOBA
≫ 銀座「むぎとオリーブ」のトリプルSOBA
≫ 銀座「むぎとオリーブ」蛤SOBA
≫ 銀座「むぎとオリーブ」新店オープン&鶏SOBA

Ginza Noodles むぎとオリーブ
中央区銀座6-12-12 銀座ステラビル1F

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2015/01/27 23:00] | ラーメン | page top
銀座「むぎとオリーブ」鶏と蛤の濃厚つけ麺
mugiolitsukemen01.jpg

「Ginza Noodles むぎとオリーブ 」もクリスマス

12月9日にはマーチエキュート神田万世橋店がオープン

mugiolitsukemen02.jpg

ここに限らずラーメン(汁そば)の方が好きな私、
それでも暑い日にはまぜSOBAやつけ麺も何回か食べたんです。

mugiolitsukemen03.jpg

鶏と蛤の濃厚つけ麺(980円)

mugiolitsukemen04.jpg

具材たっぷり、彩りも鮮やかなのがむぎオリらしい~

鶏と蛤のスープに刻みネギ

mugiolitsukemen05.jpg

「麺屋 棣鄂(ていがく)」の中太麺、ラーメンの麺に比べると太め

mugiolitsukemen06.jpg

並:200gと大:300gが同じ値段なのでガッツリ食べたい人にはいいかも

mugiolitsukemen07.jpg

蛤やチャーシュー、海苔などの具材に隠れて少ししか見えないけど、
貝エキスとオリーブオイルのドレッシングで和えられたサラダ野菜もたっぷり

野菜不足の昼食という後ろめたさは緩和
ただ食べにくいので先に食べちゃいます(笑)

mugiolitsukemen08.jpg

ポットで出される割りスープ

mugiolitsukemen09.jpg

割りスープは蛤と昆布の薄い出汁地ってカンジ
濃厚なつけ汁を割って合うようになっているのでしょう。

mugiolitsukemen10.jpg

やっぱり汁そばの方が好きだな~
次につけ麺を食べるのは来年の春か夏?笑

ここは今までも改善や小さな変化がときどき見られました。
最近もハンガーを付けたり(←グッド!)、
汁そばの具のお芋が変わったりしています。

mugiolitsukemen11.jpg

女性にも人気のお店、最近は外国人客も増えてきました。

mugiolitsukemen12.jpg


■過去記事
≫ 銀座「むぎとオリーブ」濃厚卵のまぜSOBA
≫ 銀座「むぎとオリーブ」のトリプルSOBA
≫ 銀座「むぎとオリーブ」蛤SOBA
≫ 銀座「むぎとオリーブ」新店オープン&鶏SOBA

Ginza Noodles むぎとオリーブ
中央区銀座6-12-12 銀座ステラビル1F

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2014/12/16 23:00] | ラーメン | page top
銀座「東京油組総本店」の油そば
aburasoba01.jpg

銀座三原通り、六丁目再開発地区の向かいにある
油そば「東京油組総本店 銀座組」

今年になってこのブロックはラーメン街のようになり、
私もラーメンを食べる頻度が増えました。

aburasoba02.jpg

「東京油組総本店 銀座組」2010年2月オープン
「九州じゃんがら 銀座店」2010年7月(かつては七丁目で営業)
「自家製麺 伊藤 銀座店」2014年1月(裏側の通り)
「むぎとオリーブ」2014年2月(近い内に“本店”という呼称が付くでしょう)
「銀座 鴨そば 九代目けいすけ」2014年8月

実はこの「東京油組総本店」がこのブロック最初なのに未訪問
“油そば”というネーミングに恐れをなした…
“まぜそば”には馴染みがなかったから…
ランチタイムは行列が絶えないから…

お店の口上によると『カロリーはラーメンのほぼ三分の二。塩分は約半分。』
「むぎオリ」でまぜそばも悪くないと思った近頃、行列がない時に入ってみました。

aburasoba03.jpg

紙エプロンあります。

油そば+半熟たまご(720円+100円)

aburasoba04.jpg

大盛り(240g)、W盛り(320g)も同じ料金だけど、初めてなので並盛り(160g)

底にたまったタレがまわるように混ぜます。

aburasoba05.jpg

もっちりした麺

卓上には刻み玉ねぎが用意されています。

aburasoba06.jpg

お店おすすめの食べ方は、酢とラー油を回し入れてかき混ぜること。

aburasoba07.jpg

半熟たまごもつぶれてまろやかなカンジ

aburasoba08.jpg

大盛りでも食べられそうだったけど単調なのでこれ以上だと飽きそうかな…
書いてある“美味しい食べ方”では『熱いうちに、酢とラー油を回しいれて下さい。』とありますが
その通りにしてたら飽きたと思います。やっぱり最初はそのままで、途中から味変かな。

aburasoba09.jpg

ネーミングから受ける印象に比べるとインパクトはそれほど強くない。
ここは日常ランチとして食べに来る勤め人も多い場所なので、
インパクトほどほどの方が逆に続くのかもしれません。

aburasoba10.jpg


油そば 東京油組総本店 銀座組
中央区銀座6-12-16

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2014/11/22 23:00] | ラーメン | page top
銀座「麺処 銀笹」白醤油らーめんと半鯛飯(昼)
ginzasashoyulunch01.jpg

お昼に来る機会があったので「麺処 銀笹」でランチ~

銀笹らーめん/白醤油(850円)+半鯛飯(200円)

ginzasashoyulunch02.jpg

スープは、昆布・鰹節・煮干などの魚介でとった出汁をベースに鶏ガラ・豚骨を合わせたもの

ginzasashoyulunch04.jpg

でも、何かが突出して主張するのではなく、まとまっていてバランスが良い

ginzasashoyulunch05.jpg

最近のおいしいと評判になるラーメン、
私には味が強い・タレが濃いと思うことが多々あるんです。

ラーメンを食べ歩くように同じお店で食べるのがたまに(あるいは一回だけ)なら
インパクトの強いのがいいかもしれない。
でも、ランチとして同じお店で同じメニューを食べるとなるとちょっとシンドくなることも・・・

ginzasashoyulunch03.jpg

ここは繰り返しでも食べたくなるんです。
和食のお椀も出汁が濃ければいいというものではない
そんな和食の料理人だった店主らしいのかも。

ginzasashoyulunch06.jpg

いつもの鯛つみれ、蓮根の食感が楽しい

ginzasashoyulunch07.jpg

海苔と香味野菜を揚げた薬味は温存してあります。

ginzasashoyulunch08.jpg

半鯛飯をそのままで少し食べてから
薬味をのせていつものようにお茶漬けスタイル~

ginzasashoyulunch09.jpg

お昼は従業員も多く対応し、思ったよりも待たずに済みました。

ginzasashoyulunch10.jpg


■過去記事
≫ 銀座「麺処 銀笹」塩らーめんと半鯛飯(昼)
≫ 銀座「麺処 銀笹」おつまみと塩らーめん
≫ 銀座「麺処 銀笹」白醤油らーめん(昼)
≫ 銀座「麺処 銀笹」の銀笹らーめんなどなど
≫ 銀座「麺処 銀笹」の鯛飯
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(白醤油)
≫ 銀座「麺処 銀笹」おつまみ3品
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(塩)
≫ 銀座「麺処 銀笹」新店オープン

麺処 銀笹
中央区銀座8-15-2 藤ビル1F

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2014/11/08 23:00] | ラーメン | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>