銀座「タマリンド」ミールスランチ
mealstamarind01.jpg

GINZA SIX 6階にある銀座「タマリンド」

mealstamarind02.jpg

中央部分にあるので外からは見えない

「イル カルディナーレ」の向かい

mealstamarind03.jpg

彼の国出身と思しき店員さんと話してうっかり入店(笑)
辛いインド料理は嫌いではないけど弱いので平日の昼は避けることが多い

ミールスランチ(平日1,350円・休日1,650円/税別、以下同じ)

mealstamarind04.jpg

ここは北インド料理と南インド料理、両方をカバーしているお店
大森で「ケララの風」へ行ったりして知ったのは日本では北インド料理のお店が多いこと
なので、南インド料理の定食ってカンジのミールスを注文

mealstamarind05.jpg

カレーは3種を選択できるミールスランチ
カレーの選択肢は4つ(北インド系×2、南インド系×2)なのでどれか外すだけ

mealstamarind06.jpg

南インド風 魚カレー、北インド風シュリンプバターマサラ、南インド風 チキンカレー
(選択しなかったひとつは北インド風ベジタブル)

ラッサムとサンバル

mealstamarind07.jpg

どちらも辛さと酸味を感じるスパイシーなスープ

バスマティライス

mealstamarind08.jpg

プーリー

mealstamarind09.jpg

それとパパド

ピクルスのような箸休め的なもの

mealstamarind10.jpg

ミールスランチの中で最も辛かったのはサンバル

mealstamarind11.jpg

お水がボトルで置かれるのは助かる~

mealstamarind12.jpg

全体的に洗練された味だと思うけど私には汗をかく辛さ
でも、たぶんカライモンジャーにはどうってことない辛さ
隣の女性二人組はライスやナンにかけたりつけたりせずにカレー完食

フルーツライタ

mealstamarind13.jpg

ここのCランチは平日920円/休日1,100円、平日ランチではGINZA SIX 6階の最廉価
(休日だと「EMIT FISHBAR」のカキフライ1,000円かな)

mealstamarind14.jpg

C/Bランチなら手頃だし提供も早いので日常ランチでも利用できそう
実際に近隣の勤め人と思しきお客さんが何組もいました。
南エレベーターの運行体系も変わってGINZA SIXも使いやすくなりつつあるかも

mealstamarind15.jpg


インドレストラン タマリンド
中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F

テーマ:インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ - ジャンル:グルメ

[2017/10/11 23:00] | 各国料理・その他飲食店 | page top
銀座「ソルト グリル アンド タパス バー」ハンバーガー(3コースウィークエンドランチ)
burgersalt01.jpg

Salt grill & tapas bar(ソルト グリル アンド タパス バー)

burgersalt02.jpg

GINZA SIX 6階の南西角

burgersalt03.jpg

ビヤホールライオン、フェラガモ、アバクロのある銀座六丁目交差点

窓際に沿って配置されたソファ席やテーブル席が人気
最近は落ち着いてきたとは言うものの誰かがテーブル席が空くのを待っている状況

burgersalt04.jpg

すんなり着席できたカウンターも皆さん出足が遅かったのか後で満席に

BICYCLE FRESH ALE(1,400円)

burgersalt05.jpg

バイシクル フレッシュエール

3コースウィークエンドランチ(2,800円)

アミューズ

burgersalt06.jpg

タスマニア産オーシャントラウトをアボカド等で和えたもの

前菜は本日のスープを選択

burgersalt07.jpg

砂嘴のようにガスパチョに突き出したクスクスとあさり

burgersalt08.jpg

Shaw & Smith(1,200円)

burgersalt09.jpg

ショウ アンド スミス ソーヴィニヨンブラン

パン

burgersalt10.jpg

選択したメインを考えると要らないけどワインのつまみ

Bellvale Pinot Noir Quercus Vineyard (1,400円)

burgersalt11.jpg

ベルヴェール ピノ ノワール クエルクス ヴィンヤード 2013

“Salt grill” ビーフバーガー

burgersalt12.jpg

チェダーを使ったチーズバーガー

burgersalt13.jpg

たっぷりフレンチフライ

burgersalt14.jpg

以前、他のお客さんが注文したのを見て、大きなお皿とフレンチフライで
ハンバーガーは小さく見えたんだけど、しっかりとしたパテで実はボリュームあり

burgersalt15.jpg

顔をのぞかせている赤紫はビーツ、オーストラリアではポピュラーらしい

デザート

burgersalt16.jpg

チーズケーキ シャンパンゼリー フルーツトマト

burgersalt17.jpg

Bun Coffee (+300円)

burgersalt18.jpg

オーストラリア発フェアトレードオーガニックコーヒー

バンコーヒーやフライングカンガルーを注文するとカンガルー添え

burgersalt19.jpg

賑わう時間の長い休日のランチ

バーカウンター限定のランチメニューも始まったのでその内に~

burgersalt20.jpg


■過去記事
≫ 銀座「ソルト グリル アンド タパス バー」フライングカンガルー
≫ 銀座「ソルト グリル アンド タパス バー」ピナクルのリブアイ(3コースランチセット)

Salt grill & tapas bar(ソルト グリル アンド タパス バー)
中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階

テーマ:オーストラリアリアン料理 - ジャンル:グルメ

[2017/09/23 23:00] | 各国料理・その他飲食店 | page top
銀座「EMIT FISHBAR」ミネラルオイスタープレート
emitfishbar01.jpg

EMIT FISHBAR(エミット フィッシュバー)

GINZA SIX 6階、北エレベーターの前

emitfishbar02.jpg

外には面していないので銀座通りからは見えない

オイスターテーブルやガンボ&オイスターバーのゼネラル・オイスターのお店

emitfishbar03.jpg

カウンターとテーブル席

emitfishbar04.jpg

平日夜というのもあってテーブル席

スパークリングワイン(580円/税別、以下同じ)

emitfishbar05.jpg

お通しはチーズと牡蠣

emitfishbar06.jpg

真牡蠣4ピース(1,780円)

emitfishbar07.jpg

大きくてクリーミーな釜石湾産

emitfishbar08.jpg

レモンにトマト系と醤油系のソース

emitfishbar09.jpg

もうひとつは大船渡産

emitfishbar10.jpg

釜石湾産が大きいので小さく見えるけどそれなりの大きさ

この記事中では最も潮の香りが強い牡蠣

emitfishbar11.jpg

ペルジェ・バロン・ブラン(590円)

emitfishbar12.jpg

グラスワインは白とスパークリング主体

真牡蠣2ピース

emitfishbar13.jpg

この時はまだ岩牡蠣オシだったけど、これからは真牡蠣だよねとスルー
この時は五島列島産と愛媛産の岩牡蠣がありました。

emitfishbar14.jpg

あっさりつるんと広島の牡蠣小町

emitfishbar15.jpg

牡蠣のバターソテー(450円×2個)

emitfishbar16.jpg

生ガキはもちろんおいしい
加熱されて旨みが活性化した牡蠣もおいしい

emitfishbar17.jpg

「食後のサービスです」と登場したコーヒーサイフォン

emitfishbar18.jpg

上部に入っているのはコーヒーではなく鰹節、フラスコには牡蠣出汁

そして、オイスタースープのできあがり

emitfishbar19.jpg

GINZA SIXの中では手頃な価格設定のランチも人気
次はカキフライランチを食べに来よう~

emitfishbar20.jpg


EMIT FISHBAR(エミット フィッシュバー)
中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階

テーマ:オイスター - ジャンル:グルメ

[2017/09/21 23:00] | 各国料理・その他飲食店 | page top
銀座「ソルト グリル アンド タパス バー」フライングカンガルー
arancinisalt01.jpg

Salt grill & tapas bar (ソルト グリル&タパス バー)

GINZA SIXの銀座六丁目交差点角

arancinisalt02.jpg

銀座通りから“Dior”の上方に見える白い点がソルトの照明

ランチには二度来て、夜は初めて。店頭で入ろうかどうしようかと思案していたら、
乙女な店員さんに「ランチにいらしてくださいましたよね」と声を掛けられ、入店決定

arancinisalt03.jpg

このブログを見てくださっている方はわかっていることですが飲食店に関しては農耕型
こういうことは私にとって大事(覚えてくれていたことがです・・・乙女も否定しませんが)

カウンターに着席

ANYTIME Pale Ale Draft(1,500円/税込みサ別、以下同じ)

arancinisalt04.jpg

オーストラリアのエニータイムペールエール

マッシュルームアランチーニ(600円)

arancinisalt05.jpg

ライスコロッケ、下にはゴッデスドレッシング上にはパルメザンチーズ

ティレルズ セミヨン(900円)

arancinisalt06.jpg

オーストラリアのワイン、グラスも白赤数種類ずつ

プローンタコス(900円)

arancinisalt07.jpg

海老のタコス、パイナップルサルサとチポレマヨ

フライングカンガルー(1,500円)

arancinisalt08.jpg

ブラッドオレンジジュースの存在感あるカクテル

ウォッカやコアントローブラッドオレンジなどを使用

arancinisalt09.jpg

ブラッドオレンジジュースは愛媛県宇和島産とのこと

“Flying Kangaroo”だけどカンガルーは足元

arancinisalt10.jpg

ディナーのコースやアラカルトのお客さんの方が多いけど、
“・・・& タパス バー”という名の通りバー利用もOK

arancinisalt11.jpg

昨年末に「ボルドー」が閉店して寄るところがなくなったワタシ
タイプは全く違うけど同じところを求めてもあるはずないし、また来ると思う。

arancinisalt12.jpg


■過去記事
≫ 銀座「ソルト グリル アンド タパス バー」ピナクルのリブアイ(3コースランチセット)

Salt grill & tapas bar(ソルト グリル アンド タパス バー)
中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階

テーマ:バー - ジャンル:グルメ

[2017/09/05 23:00] | 各国料理・その他飲食店 | page top
銀座「ソルト グリル アンド タパス バー」ピナクルのリブアイ(3コースランチセット)
pinnaclesalt01.jpg

Salt grill & tapas bar by Luke Mangan
ソルト グリル&タパス バー バイ ルーク・マンガン

pinnaclesalt02.jpg

Luke Mangan(ルーク・マンガン)はオーストラリアの有名シェフだそう
Luke Mangan & Company系としては、丸の内のSaltやW.W World Wineがあり、
運営はそれらの他にArossa(アロッサ)など展開するPJ パートナーズ

GINZA SIXの6階、アバクロの向かい

pinnaclesalt03.jpg

外から見ると"Dior"の文字の上あたり

店内は意外と広く、窓際に沿ってソファ席やテーブル席

pinnaclesalt04.jpg

お昼はいつも入店待ちになる人気店みたい
平日に休みを取って来た時にもテーブル席待ちの人はいたけど、
この時はカウンターなら入れるということですんなり着席

グラスの白ワインを注文

pinnaclesalt05.jpg

オーストラリア料理の店だけに、もちろんオーストラリアのワイン
Dog Ridge(ドッグ リッジ) ザ パップ ソーヴィニヨンブラン(1,200円)

3コースランチセット(2,500円)

自家製テリーヌ

pinnaclesalt06.jpg

前菜は5種類の中からこれを選択
豚肉のテリーヌにピクルスとマスタードソース添え

パンとオリーブオイル

pinnaclesalt07.jpg

そしてメインに備えて赤ワインをグラスで注文

pinnaclesalt08.jpg

Bannockburn(バノックバーン) 1314 a.d ピノノワール(1,700円)

南オーストラリア産パスチャーフェッドビーフ ピナクル リブアイ(+1,000円)

pinnaclesalt09.jpg

メインは7種類、その中でもウリとしているメニューを選択

「パスチャーフェッドビーフ」というのは栄養価の高い植物で飼育した牧草牛で、
「Pinnacle(ピナクル)」は最上級のオーストラリア産牧草飼育牛とのこと。

pinnaclesalt10.jpg

噛むと旨味とともに野性味を感じる赤身肉

pinnaclesalt11.jpg

肉を食べていると実感する噛み応えのある厚さ

オージー パブロバ

pinnaclesalt12.jpg

デザートはチーズを含め6種類

“パブロバ”はメレンゲを焼いたデザートでオーストラリアではポピュラーみたい

pinnaclesalt13.jpg

パッションフルーツやベリー添え

ダブルエスプレッソ

pinnaclesalt14.jpg

GINZA SIXのランチは全体的にそうだけど、ここも圧倒的に女性客が多い
税込なのでスタイリッシュなお店のわりにGINZA SIXのランチでは意外と手頃

pinnaclesalt15.jpg

テーブル席かソファ席で食べてみたいし、夜も来てみたい~

pinnaclesalt16.jpg


Salt grill & tapas bar(ソルト グリル アンド タパス バー)
中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階

テーマ:オーストラリアリアン料理 - ジャンル:グルメ

[2017/08/20 23:00] | 各国料理・その他飲食店 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>