大森「AtoD Stand」新店オープン&焼き魚介類
atodstand01.jpg

2018年7月2日オープン「AtoD Stand(アトデスタンド)」

atodstand02.jpg

6月23日まで「Phra Arthit(プラアーティット)」があった場所

atodstand03.jpg

ここもワインカフェカンパニーの直営店…業態変更ですね

ヒューガルデン ホワイト(900円/税別、以下同じ)

atodstand04.jpg

あやさんのマカロニサラダ(380円)

atodstand05.jpg

ホントはフジッリサラダだけどわかりにくいので・・・マカロニサラダ

ソルクバーノ

atodstand07.jpg

ワインカフェのお店だけど、ここはワインが主力ではない
同じ立ち飲みでワインだと「グランボア」と社内競合しちゃうしね

atodstand06.jpg

“A to D”はAperitifからDigestifという意味だそうで、
食べる前の一杯、食べた後の一杯にどうぞとのこと

もちろん食べながら飲むのもOK、カセットガス炉ばた焼器がスタンバイ

atodstand08.jpg

魚介類はその日の入荷次第

この日のオススメ

穴子(680円)

atodstand09.jpg

身厚で脂のノッた穴子

atodstand10.jpg

自分で焼いて、その後カットしてくれます。

ハマグリは1個でもOK

atodstand11.jpg

ワインカフェカンパニー直営では久しぶりの新店、これからどうなっていくのかな~

atodstand12.jpg


AtoD Stand(アトデスタンド)
大田区大森北1-7-2

プラアーティットの思い出は
続きを読む

テーマ:バー - ジャンル:グルメ

[2018/07/08 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | コメント(3) | page top
大森「728麺飯酒場チャオチャオ」リオープン&あっさり鶏そば
chaochao01.jpg

「728(なにわ)麺飯酒場チャオチャオ」2018年6月7日オープン
「浪花ひとくち餃子 餃々(チャオチャオ)」から業態変更してのリオープン

chaochao02.jpg

前のお店に来たのはだいぶ前のことで覚えていないけど、
新店は各種餃子の他に串カツ、ラーメン、その他のある居酒屋

chaochao03.jpg

あっさり鶏そば+味玉(650円+100円)

chaochao04.jpg

“あっさり”との名だが私にはこってり、汁そばにしては粘度も高い

chaochao05.jpg

中細麺

chaochao06.jpg

餃子セット(150円)

chaochao08.jpg

焼き餃子は酢だけで食べてみて、おいしかったら酢だけを続けるワタシ、
卓上には酢醤油、らー油、酢味噌とそんな議論の余地ナシ(笑)

chaochao09.jpg

ごはんモノのセットメニューもあり

他には濃厚鶏そばや餃子定食

chaochao07.jpg

大森駅から外に出ると目の前で便利、土日も昼営業あり、
ランチのセットメニューはないけどラーメンや餃子も食べられるとのこと

chaochao10.jpg


728(なにわ)麺飯酒場チャオチャオ
大田区大森北1-4-10

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2018/06/19 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | コメント(0) | page top
大森「肉寿司」新店オープン&赤身四種盛り合わせ
※追記:2018年11月30日をもって閉店しました。

nikusushi01.jpg

「肉寿司 大森」2017年10月オープン

「萬作」の角を入った路地、「ハチロー」の隣、「座れる晩杯屋」の手前

nikusushi02.jpg

以前パチンコ交換所があった場所だけどすっかり新しくなったカンジ

一階はカウンター席

nikusushi03.jpg

二階にはテーブル席

生ビール/中(555円)

nikusushi04.jpg

お通しは青森の蕪

nikusushi05.jpg

ユッケ(780円)

nikusushi06.jpg

馬肉のユッケ。ここは牛・豚・鴨もあるけど馬肉がウリみたい

塩生姜サワー(450円)

nikusushi07.jpg

「男前(辛口)とべっぴん(甘口)があります」と言われたらべっぴん(笑)

初めてなのと300円以下の物は二個からの注文なので
肉寿司は盛り合わせメニューから注文

赤身四種盛り合わせ(900円)

nikusushi08.jpg

ローストビーフ・青森赤身・赤身・鴨とろ

普通の赤身はカナダ産、青森赤身の方がおいしい

nikusushi09.jpg

保守的なワタシにはお寿司というと違和感あるけど、
ひとりでもお肉いろいろ食べられるのは良いところ

上稲荷(350円)

nikusushi10.jpg

トッピングされているのはフォアグラ

肉ツナ胡瓜(180円)

nikusushi11.jpg

手巻き寿司は一本から注文可

私は蒲田で見掛けたことがある程度だったけど、
通り掛かった人が「恵比寿の肉寿司?」と確認して、
それならと入店していたので知られているみたい

調べてみると30店舗近くあり、2017年8月にガーデンがスパイスワークスから
肉寿司の全株式を取得してグループ企業化したようです。

nikusushi12.jpg


肉寿司 大森
大田区大森北1-3-1

大森駅周辺情報は
続きを読む

テーマ:肉料理 - ジャンル:グルメ

[2017/11/03 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | page top
大森「Vector Beer」新店オープン&ロティサリーチキン
openvector01.jpg

Vector Beer(ベクター ビア) 大森店
2017年9月2日オープン

以前は「とりやき源氣」だった場所

openvector02.jpg

当初は㈱ダイナックが「とりやき源氣」を展開し大森店を2016年8月まで運営
事業売却されて、その後ライナ㈱が運営していましたが業態変更

実はたまたま覘いたら8月25日からプレオープン営業

openvector11.jpg

クラフトビールとロティサリーチキンのお店

openvector04.jpg

この日は10種類のビールがあり、どれも値段は同じ
グラス:450円、パイント:750円、アマゾンパイント:2,000円(税別、以下同じ)
3種飲み比べメニュー(1,000円)もあり

サンクトガーレン 湘南ゴールド

openvector05.jpg

神奈川県産オレンジを使った軽快で飲みやすいフルーツビール

お通しはポルペッティーネ

openvector06.jpg

城端麦酒 ブラッドオレンジ

openvector07.jpg

ロゼワインのような色、スプモーニとカンパリオレンジの間のような味
フルーツビールでここまで特徴的なのは初めてだけど好きな味

ロティサリーチキンは焼き上がりに時間がかかるので最初に注文してあります。
(ハーフ40分、フル50分が目安とのこと)

openvector10.jpg

ぐるぐる回っているのがお店の外からも見えます。

盛り盛り春菊爆弾/ハーフ(650円)

openvector08.jpg

おつまみサラダってカンジの濃いめのドレッシング

ヤッホーブルーイング よなよなエール

openvector09.jpg

今回ビールはすべてグラスで注文、ハーフパイント位の量かな?

ロティサリーチキン/ハーフ(980円)

openvector12.jpg

焼かれている時に脂が落ちているのが見えたチキン

openvector13.jpg

写真を撮ったらいったん舞台から引っ込むチキン

ワイン(480円)

openvector14.jpg

ビール以外の飲み物もいろいろ

カットされて再び登場したチキン

openvector15.jpg

ビールに合うスパイシーなロティサリーチキン
皮パリで胸肉の部分もパサパサせずしっとり

openvector16.jpg

いろんなビールが飲めるお店が少ない大森
ここはクラフトビールにしては手頃な値段だし入れ替わる楽しみもあり

次にお目見えするビールの予告

openvector18.jpg

プレオープンと言っても営業時間が違うくらいで、
内容は通常営業と同じとのことだったのでチョット早いけどアップ

openvector17.jpg


Vector Beer(ベクター ビア) 大森店
大田区大森北1-12-1 大森北一ハイツ105

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

[2017/09/01 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | page top
大森「蔦八」ロールキャベツ&煮込(小)
cabbagetsuta01.jpg

賑やかになったミルパのアーケードの入口
呼び込みの人も立ち位置に戸惑うカンジ?

アーケードと直角な路地の先にある「蔦八」

cabbagetsuta12.jpg

再開後の「蔦八」では「じゃのめ」繋がりで増えている日本酒

寫樂 初搾り 純米(580円)

cabbagetsuta03.jpg

福島県会津若松市の宮泉銘醸

「じゃのめ」繋がりで増えているのは日本酒だけではなく魚介類メニュー

塩水ウニ(480円)

cabbagetsuta04.jpg

塩水パックの雲丹

南 特別純米(580円)

cabbagetsuta05.jpg

高知県の南酒造場

ロール“春”キャベツ(580円)

cabbagetsuta06.jpg

これは先月のことだったので“春”

ひとつにはわさび、もうひとつにはからし

cabbagetsuta07.jpg

これは「蔦八」らしいメニュー

こなき純米(580円)

cabbagetsuta08.jpg

漫画家 水木しげる氏の出身地である鳥取県境港市の千代むすび酒造

煮込(小)380円

cabbagetsuta09.jpg

スモールサイズの煮込み

cabbagetsuta10.jpg

新しくなった「蔦八」ではフードメニューが増えて、
それでお腹がいっぱいになるので(小)の要望が少なくなかったそう

cabbagetsuta11.jpg

かつてに比べると明るくカジュアルになり賑やかな日が増えている気がする「蔦八」

cabbagetsuta02.jpg


■過去記事
≫ 大森「蔦八」新玉ネギ串揚げや日本酒
≫ 大森「蔦八」湯豆腐や鯨刺身など新メニュー
≫ 大森「蔦八」リオープン&煮込み
■元過去記事
≫ 大森「蔦八」煮込どうふ
≫ 大森「蔦八」煮込玉子入
≫ 大森「蔦八」とうふの煮込
≫ 大森「蔦八」の煮込

蔦八(つたはち)
大田区大森北1-35-8

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

[2016/06/23 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | page top
| ホーム | 次のページ>>