銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼BとA&うざく
bauzakuchikuyo01.jpg

もうすぐ土用の丑の日、今年は7月28日

江戸末期創業の「竹葉亭」木挽町本店

bauzakuchikuyo02.jpg

営業時間は東京都の要請に応じて変更

bauzakuchikuyo03.jpg

現在は再び酒類提供中止

うなぎお丼・B(3,520円)

bauzakuchikuyo04.jpg

丁寧に蒸されて焼かれた鰻一尾

bauzakuchikuyo05.jpg

小吸物

bauzakuchikuyo06.jpg

肝吸いがデフォルトになって7年くらいか…

香の物

bauzakuchikuyo07.jpg

東京の鰻丼らしく甘さを抑えたタレ

bauzakuchikuyo08.jpg

本店では炭火で焼いているのもあっておいしい

樽生ビール(660円)

bauzakuchikuyo09.jpg

今はノンアルコール営業

なまこ酢(770円)

bauzakuchikuyo10.jpg

なまこがメニューにあった寒い頃

お酒(660円)

bauzakuchikuyo11.jpg

白鷹・山丹正宗 竹葉亭オリジナルブレンド

うざく(1,870円)

bauzakuchikuyo12.jpg

下には胡瓜の酢の物、蕪の甘酢漬け、はしがみ

うなぎお丼・A(2,970円)

bauzakuchikuyo13.jpg

うなぎお丼(A)は(B)より鰻は小さめ、でも一尾

bauzakuchikuyo14.jpg

鰻屋さんを親戚にもつ知人が「串の穴だ」と竹葉亭で妙に喜んでいたのを思い出す

bauzakuchikuyo15.jpg

この竹葉亭本店と「ひょうたん屋 六丁目店」は炭火で焼いた鰻が相場よりも安い
銀座なのに両店とも鰻一尾で3,000円を切る鰻丼メニューあり、大きめでも三千円台半ば
そしておいしいのでこの二店で代わり番こに食べている鰻

bauzakuchikuyo16.jpg


■過去記事
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼AとB&ふろふき大根
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼AとB&じゅんさい
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」うざく&鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」うまき&鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の定食
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」じゅんさいと鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼のA&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼A&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼A
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け(新)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭」木挽町本店の鰻お丼
■関連記事
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」うなぎ丼
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鮪茶漬け

竹葉亭 木挽町本店
中央区銀座8-14-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2021/07/24 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(0) | page top
大森「鳥久」閉店
lasttorikyu01.jpg

「大森 鳥久」2021年7月17日をもって閉店

事前のお知らせはなく、いきなり閉店の貼紙。突然閉店したという可能性もありますが、
前もって告知したら駆け込み需要ですごいことになる、それを避けたのだと推測します。
メニューを増やしたり出店したりせず、宣伝もせず、ストイックとかマイペースという感じですし

lasttorikyu02.jpg

お知らせを立ち止まって見る人やスマホで写真を撮る人が絶えず

鳥久のお弁当はオオモリアンのソウルフード

lasttorikyu04.jpg

クリスマスにもお祭りの時にも「鳥久」

lasttorikyu05.jpg

アド街に登場したら第3位くらいか?でも2014年にも2002年にも登場していない
前にdancyuの編集部にいた人から聞いたところではメディアの取材お断りのお店とのこと
たしかにテレビはもちろん、飲食系雑誌や情報誌などでも見掛けません。

そんなこともあって詳しい情報がなく、調べたり聞いたりした過去記事の情報をまとめると…
昭和三年(1928年)、鶴見にて「都鳥」の名で創業した「鳥久」
いつの時代にどういう経緯でかはわかりませんが蒲田と大森に分かれたと思われます。
大森鳥久の箱にある製造者の名前を見ると創業者と同じ名字なので系譜は続いているようです。
(その名字は名字情報サイトで調べても全国で100人以下のレア名字なので偶然ではなさそう)
以前は入新井第一小学校の前にあり、その頃はお弁当専門ではなく焼鳥屋さん、
店内でお弁当を売っていたのが、現在の店舗でお弁当専門店になったようです。

先月食べた5号が私にとって最後

lasttorikyu06.jpg

折詰4号・5号・7号についてはこちら

lasttorikyu07.jpg

少なくともブログ開設時から値段は変わらず、その間に消費税が上がっているので実質値下げ
さらに食材の価格や人件費も上がっている中、頑張っていたとは思いますが、
その分、中身が減っていた…値上げして以前のレベルを維持して欲しかったのが正直なところ

昨年の7月からはプラスチック製買物袋有料化

lasttorikyu08.jpg

7月に入ってすぐのこと、それをイメージできていなくてこの時は袋を購入

前回記事以降の購入は5号がほとんど、折詰料理が一回

lasttorikyu09.jpg

折詰料理・そぼろ・単品のから揚についてはこちら

lasttorikyu10.jpg

そういえば、ひとつアップしていないのがあった

から揚とチキンカツ

lasttorikyu11.jpg

10年前のことなので値段は覚えていない…

lasttorikyu12.jpg

閉店の理由は不明ですが、いつも完売していたので売上不振が閉店の理由ではないはず
お弁当専門なのでコロナ禍での影響は小さいと思います(昨年から逆に需要が増えたかも)

2021年1月下旬、緊急事態宣言中
lasttorikyu13.jpg

楽屋弁当で有名なのは蒲田鳥久なので、撮影が減った影響もあまりなさそう
(「ルアン」で撮影していたロケ隊が大森鳥久のお弁当を買い込んでいたのを見たことはある)

また、ビルは1989年築で上の法律事務所にも動きはなく建物の取り壊しでもなさそう

2011年3月 17:30頃
lasttorikyu14.jpg
この頃は最近より遅くまで販売、雨天だったので夕方まで残っていたんでしょうね

以前は木曜日定休だったけど、数年前から水曜日と木曜日の二日定休になり、
最近は「九時から販売」という札を立てている日が増えていたりしていました。
以前より早く昼頃には売り切れちゃうのは、作っている数が減ったからかな?
五年前には『募集』の貼紙も出して従業員を募集していましたが最近は見掛けません。

もろもろの状況から思い付く閉店の理由は、
人手不足、高齢化、設備の老朽化、複数の従業員の退職、店主の引退
もっと複雑な事情があるのかもしれませんが情報がなくわかりません…

2019年12月中旬、7時半頃(昔の早朝の画像があれば良かったんですが…)
lasttorikyu03.jpg
もともと「九時から販売」は例外、ネット情報には間違いが多かった。

大森を代表するお店である前に子供の頃から親しんでいた人も多いお店
そこにあるのが当たり前だった存在がなくなるのはさびしい。。。

lasttorikyu15.jpg


■過去記事
≫ 大森「鳥久」お弁当
≫ 大森「鳥久」から揚弁当
■関連記事
≫ 蒲田「鳥久」お弁当

大森 鳥久
大田区大森北1-9-2

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

[2021/07/22 23:00] | 大森)焼鳥・鳥料理 | コメント(6) | page top
大森「龍翔」新店オープン/豚肉焼売&鶏もも肉とカシューナッツ炒め
openryusho01.jpg

「龍翔」2021年7月8日オープン

大森駅西口近く、池上通り沿い、「鶏屋 明日丸」の下階、「狛龍」があった場所

openryusho02.jpg

先月の時点では7月1日オープン予定がちょっと延びた開店
大企業のチェーン以外では開店が延びることは珍しくない

ラーメン屋さんではない中華料理屋さんだけど食券自動券売機

openryusho03.jpg

L字のカウンター

openryusho04.jpg

前の「狛龍」と同じように地下にテーブルが2卓あるけど、
何も置かれていないのを見ると今のところは使用していない模様

ノンアルコールビール(250円)

openryusho05.jpg

通常はビール・紹興酒・ハイボール・サワー類もラインアップ

皮蛋の冷菜(400円)

openryusho06.jpg

豚肉焼売(300円)

openryusho07.jpg

肉々しいシューマイ

openryusho08.jpg

おいしいけど蒸すので多少時間がかかります。

ラム肉焼餃子(580円)

openryusho09.jpg

ラム肉らしい風味しっかりの餃子

水餃子は“水餃子”ではなくスープ餃子だったので好みではなかった…

自家製3種の漬物(500円)

openryusho10.jpg

ピリ辛大根・ガーリックソース胡瓜・搾菜、辛めの三種

黒酢豚(1,000円)

openryusho11.jpg

黒酢に米酢・りんご酢・穀物酢をブレンドしてマイルド酢

openryusho12.jpg

鶏もも肉とカシューナッツ炒め(880円)

openryusho13.jpg

U.S.A.生まれの中華料理という説もある料理だけど、
アメリカンなチキンwithカシューナッツと違って味付けは濃くない

openryusho14.jpg

ランチセットは1,000円以内で10種類ほどあるようです。麺類も気になります~

openryusho15.jpg


龍翔
大田区山王2-2-13 1F

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2021/07/20 23:00] | 大森)中華・中国料理 | コメント(0) | page top
大森「京穂 蘭州ラーメン」蘭州牛肉ラーメン(にら麺)
chisuiniramen01.jpg

来月には一周年を迎える「京穂(チィスィ)蘭州ラーメン」

chisuiniramen02.jpg

牛肉蘭州ラーメン(880円)

chisuiniramen03.jpg

“にら麺”は細麺と寛麺の間の太さでニラのように平打ち

chisuiniramen04.jpg

“にら麺”はニラを練り込んだ麺…ではないことは常連さんから聞いていたので違和感ナシ

箸休めの豆腐皮

chisuiniramen05.jpg

麺もおいしいけど牛骨や牛肉で取ったスープもおいしい

chisuiniramen06.jpg

しみじみ味わいたかったのに今回はラー油抜きと言うのを忘れた…

chisuiniramen07.jpg

今、飲食店では酒類の提供ができないけど、ここはハラール認証店でもともと酒類はない

chisuiniramen08.jpg


■過去記事
≫ 大森「京穂 蘭州ラーメン」蘭州牛肉ラーメン(寛麺)
≫ 大森「京穂 蘭州ラーメン」牛バララーメン(三角麺)
≫ 大森「京穂 蘭州ラーメン」新店オープン&蘭州牛肉ラーメン

京穂(チィスィ)蘭州ラーメン
大田区大森北1-8-11 紅屋ビル1階B号室

周辺情報は
続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2021/07/18 23:00] | 大森)麺・ラーメン | コメント(4) | page top
銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の梅&竹
hyotanumetake01.jpg

今年の土用の丑の日は7月28日

でも、緊急事態宣言中で盛り上がりはどうなるのかな…

「ひょうたん屋」でも前回の宣言中は、酒類のメニューはひっくり返されて白紙

hyotanumetake02.jpg

今はまたこの状態に戻っていることでしょう

飲めなかったので肝焼きは注文せず

hyotanumetake03.jpg

鰻重・梅(2,800円)

hyotanumetake04.jpg

国産鰻一尾を炭火で焼いた鰻重が3,000円未満

hyotanumetake05.jpg

お吸い物

hyotanumetake06.jpg

捌いた鰻の肝は肝焼きに使うのでここはあっさりめのお吸い物

お新香

hyotanumetake07.jpg

蒸さずに地焼きした鰻、でもそれ以外は東京の鰻重

hyotanumetake08.jpg

平日の昼はうな丼(1,850円)もあるけどランチタイム中に売り切れる日も多い

プレミアムモルツ(500円)

hyotanumetake09.jpg

そしてビールが飲めるなら…

肝焼き(480円)

hyotanumetake10.jpg

自店で捌いた鰻の肝

鰻重・竹(3,500円)

hyotanumetake11.jpg

“竹”は“梅”のより大きめの鰻一尾

でも、お重が横長に大きいから写真を見ると梅より余白が多い(笑)

hyotanumetake12.jpg

「ひょうたん屋」はごはんもおいしい

蒸さずに地焼きでもやわらかい鰻を仕入れているとのこと

hyotanumetake13.jpg

“土用の丑の日”前の営業予定
7月22日23日は祝日で通常はお休みですが営業とのこと

hyotanumetake14.jpg

コロナ禍前は多かったアジア系外国人旅行客は店内にいない…
でも、昔に比べると「ひょうたん屋」も女性客が増えている気がします。

hyotanumetake15.jpg


■過去記事
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹と梅&肝焼き
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」肝焼きと鰻重(梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」肝焼きと鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな重(梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻丼&鰻重
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&肝焼き
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&梅
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(松竹梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼(お昼)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」お昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋」の鰻重(松)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重とお知らせ
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな丼

ひょうたん屋 六丁目店
中央区銀座6-12-15 いちご銀座612ビル 1F

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2021/07/16 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>