銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)(B)
chikuyoteidonburi01.jpg

「竹葉亭 木挽町本店」で鰻お丼を食べに椅子席の入口から入店

chikuyoteidonburi02.jpg

銀座八丁目の昭和通りを越えて銀座でも静かなエリア

chikuyoteidonburi03.jpg

店内も落ち着いた雰囲気

鰻お丼(B)(2,900円/税別、以下同じ)

chikuyoteidonburi04.jpg

(A)も(B)も鰻一尾、(B)の方が大きめ

chikuyoteidonburi05.jpg

小吸物付き

chikuyoteidonburi06.jpg

以前はリクエストすると肝吸いになったけど、今はデフォルトで肝吸い
初めて来る人が増えたからかな?デフォルトになってもう五年くらい

お新香付き

chikuyoteidonburi07.jpg

丁寧に蒸されて上手に焼かれた東京の鰻丼らしいおいしさ

chikuyoteidonburi08.jpg

本店では炭火で焼いているのもあって、やっぱりウマイ~

休日ランチにはビール

chikuyoteidonburi09.jpg

樽生ビール(600円)

冷やし茄子(800円)

chikuyoteidonburi10.jpg

鰻お丼(A)(2,400円)

chikuyoteidonburi11.jpg

鰻お丼(A)は磁器の丼

chikuyoteidonburi12.jpg

そして鰻お丼(A)の鰻は(B)より小ぶり

chikuyoteidonburi13.jpg

飲んでつまんだので、この日は(A)を選択

炭火で焼いた国産鰻の丼が2,000円台とは安い、しかも銀座の老舗

chikuyoteidonburi14.jpg

江戸時代末期創業の「竹葉亭」
木挽町本店は大正十三年(1924年)に建てられ離れの茶室と座敷は当時のままとのこと

chikuyoteidonburi15.jpg


■過去記事
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」うざく&鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」うまき&鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の定食
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」じゅんさいと鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼のA&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼A&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼A
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け(新)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭」木挽町本店の鰻お丼
■関連記事
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」うなぎ丼
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鮪茶漬け

竹葉亭 木挽町本店
中央区銀座8-14-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2020/01/07 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(4) | page top
銀座「竹葉亭 銀座店」うなぎ丼
donburichikugin01.jpg

竹葉亭 銀座店

木挽町本店は定期的に訪問しているけど銀座店は久しぶり

donburichikugin02.jpg

いつもなら竹葉亭で鰻を食べるなら木挽町本店へ行くんだけど暑くて歩くのがイヤ(汗

二階のお座敷席、窓際席だと四丁目交差点付近を眺められる

donburichikugin04.jpg

奥に着席、窓の外は遠景になるけど寄りかかることもできて楽(笑)

donburichikugin03.jpg

うなぎ丼(3,000円/税別、以下同じ)

donburichikugin05.jpg

5年前にA丼がなくなって飯物の選択肢は“うなぎお重”と“うなぎ丼”

銀座店は久しぶり、ここで鰻を食べるのはもっと久しぶりなので確認すると、
“お重”と“丼”の内容の違いは鰻の大きさで、約20gの差とのこと

donburichikugin06.jpg

20gの差なら好きな“丼”を注文

donburichikugin07.jpg

お新香付き

donburichikugin08.jpg

お吸い物は別

きも吸い(300円)

donburichikugin09.jpg

5年前の値上げから本店より高くなり、お吸い物を入れるとさらに差あり
それでも他に比べて高くない値段ではある。本店が安いということですね。

それに店の先にある銀座四丁目交差点を曲がると路線価日本一の土地(笑)
昭和通りの向こうにある木挽町本店付近の路線価とは桁が違う

donburichikugin10.jpg

東京メトロ銀座駅、A5出口の階段を上ると目の前にある銀座店

donburichikugin11.jpg

標準的においしい東京の鰻
でも、本店に比べると蒸し焼きももう一歩、鰻そのものが違うのかと思うくらい
それはあくまでも本店との比較で、一般的にはおいしいうな丼ではあると思う

donburichikugin12.jpg

そんなワケで銀座店にくると鮪茶漬か鯛茶漬、あるいはアップしていないけど幕ノ内弁当

丼が広く鰻が小さく見えるけどちゃんとした大きさ

donburichikugin13.jpg

そして丼が深くないので見た目ほどごはんは多くない

donburichikugin14.jpg

近年は外国人旅行客が増えて、入店待ちの列ができることも多い
こんな便利な場所だから混雑しているのも当然かもしれない

donburichikugin15.jpg


■過去記事
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鮪茶漬け
■関連記事
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」うざく&鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」うまき&鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の定食
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」じゅんさいと鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼のA&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼A&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼A
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け(新)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭」木挽町本店の鰻お丼

竹葉亭 銀座店
中央区銀座5-8-3

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2019/08/30 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(2) | page top
銀座「ひょうたん屋 六丁目店」肝焼きと鰻重(梅)
hyotanumekimo01.jpg

2019年は7月27日が夏の土用の丑の日

hyotanumekimo02.jpg

そんな混雑する時期の前に「ひょうたん屋 六丁目店」へ

hyotanumekimo03.jpg

ヱビスビール・中瓶(650円)

hyotanumekimo05.jpg

ビールと肝焼き、お休みランチの楽しみ~

肝焼き(480円)

hyotanumekimo06.jpg

肝を鰻と別に仕入れることはせず自店で捌いた鰻の肝のみ使用
その分しかなく少ないので、すぐに売り切れてしまうのが要注意

hyotanumekimo07.jpg

先行登場するお新香

hyotanumekimo08.jpg

昆布はつまみに食べてお漬物は箸休めに温存

鰻重・梅(2,600円)

hyotanumekimo09.jpg

国産の鰻を炭火で蒸さずに地焼きした一尾分の鰻
梅だと竹より小さめだけど、最近はこれで十分な日も多い

hyotanumekimo10.jpg

お吸い物は鰻重登場の直前に登場

hyotanumekimo11.jpg

肝を鰻と別に仕入れることはせず、自店で捌いた鰻の肝は肝焼きにするので、
お吸い物は肝吸いではない。

蒸さずに地焼きした鰻、弾力はあるけどやわらかい

hyotanumekimo12.jpg

蒸さずに焼く以外は関東風で、関西風ではないひょうたん屋の鰻

hyotanumekimo04.jpg

ごはんもおいしい、米どころの実家から送ってもらうお米

hyotanumekimo13.jpg

お昼限定の丼が売り切れるとこの「梅」から

hyotanumekimo14.jpg

混雑が落ち着くのは例年だとお盆休み明けだそう

hyotanumekimo15.jpg


■過去記事
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」肝焼きと鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな重(梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻丼&鰻重
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&肝焼き
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹&梅
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重の竹
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重(松竹梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼(お昼)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」うな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」お昼のうな丼
≫ 銀座「ひょうたん屋」の鰻重(松)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」の鰻重とお知らせ
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(竹)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな重(梅)
≫ 銀座「ひょうたん屋 六丁目店」のうな丼

ひょうたん屋 六丁目店
中央区銀座6-12-15 いちご銀座612ビル 1F

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2019/07/24 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(0) | page top
銀座「竹葉亭 木挽町本店」うざく&鰻お丼B
bdonburiuzaku01.jpg

銀座柳まつりゴールデンパレードに参加した東をどりの隊列

この時期、東をどりの提灯が飾られている新橋演舞場界隈

bdonburiuzaku02.jpg

「竹葉亭 木挽町本店」の前にも東をどりの提灯

bdonburiuzaku03.jpg

創業は江戸時代末期

bdonburiuzaku04.jpg

休日ランチで訪問

ビール小瓶(550円/税別、以下同じ)

bdonburiuzaku05.jpg

ヱビスビール

うざく(1,500円)

bdonburiuzaku06.jpg

焼かれた鰻の下にはきゅうり・蕪・蓮根・茗荷

bdonburiuzaku07.jpg

鰻お丼・B(2,900円)

bdonburiuzaku08.jpg

鰻お丼(A)も(B)も鰻一尾で、(B)の方が大きめ

丁寧に蒸されて上手に焼かれてふんわり

bdonburiuzaku09.jpg

安心安定、東京スタンダードのおいしさ。臭みや小骨がないのは当然

小吸い物付き

bdonburiuzaku10.jpg

数年前から何も言わずに肝吸い、やはり肝吸いがデフォルトみたい

香の物

bdonburiuzaku11.jpg

前にも書いたように、「よっぽどのことがない限りウチは値上げしません」と
女将さんが言ってように、っそのよっぽどのことで2012年から値段据え置き

bdonburiuzaku12.jpg

老舗の鰻丼、炭火で焼いた国産鰻一尾の鰻丼でA:2,400円、B:2,900円
支店である銀座店よりも安く、かつては安さをウリにしていた「登亭」(3,426円)や
低価格だったひょうたん屋六丁目店(3,250円/税込)よりも今では安い

bdonburiuzaku13.jpg

以前はよく見かけた築地帰り外国人旅行客の姿はこの日ナシ
訊いてみると今でも団体で訪れる外国人旅行客は多いとのこと。
市場が移転して一人二人で寄るような人は減ったんでしょうね。

bdonburiuzaku14.jpg

第九十五回 「東をどり」は2019年 5月23日〜 5月26日

bdonburiuzaku15.jpg


■過去記事
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」うまき&鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の定食
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」じゅんさいと鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼のA&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼A&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼A
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け(新)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭」木挽町本店の鰻お丼
■関連記事
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鮪茶漬け

竹葉亭 木挽町本店
中央区銀座8-14-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2019/05/22 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(0) | page top
銀座「竹葉亭 木挽町本店」うまき&鰻お丼
chikuyoumaki01.jpg

竹葉亭 木挽町本店

chikuyoumaki02.jpg

江戸時代末期創業の老舗

chikuyoumaki03.jpg

この日もお昼時には一階の椅子席は満席、二階へ通されていたお客さんも多し
風情ある通路からのお座敷、通常はコース料理の席なので、
畳に座るのが苦手でなければそれはそれでラッキー

ビール 小瓶(550円/税別、以下同じ)

chikuyoumaki04.jpg

休日ランチなのでビールと肝焼きと思っていたら、
いつの間にか肝焼きがメニューから消えていた。。。

うまき(1,500円)

chikuyoumaki05.jpg

鰻の蒲焼を包んだ玉子焼き

chikuyoumaki06.jpg

当然ながら肝焼きと違って優しいテイスト

鰻お丼 B(2,900円)

chikuyoumaki07.jpg

ここの食事はお重ではなくお丼(どんぶり)

小吸物付き

chikuyoumaki08.jpg

数年前から何も言わずに肝吸い、やはり肝吸いがデフォルトみたい
肝焼きが売り切れていたりメニューから消えたのもこれと関係しているのかな?

香の物

chikuyoumaki09.jpg

鰻を白焼きにして蒸し上げタレをつけて焼く東京の蒲焼

chikuyoumaki10.jpg

丁寧に蒸されて上手に焼かれてふんわり

後半には山椒を少々

chikuyoumaki11.jpg

鰻お丼は大きさの違うA(2,400円)とB

chikuyoumaki12.jpg

2012年に値上げしたものの、その後は鰻価格上昇にもかかわらず価格を据え置き
数年前に銀座店が値上げして本店の方が安くなり、今年は「ひょうたん屋」も値上げ
なんと今では「ひょうたん屋」よりも安くなっているんです

chikuyoumaki13.jpg

銀座だけど昭和通りの向こう側ということもあり落ち着いた雰囲気

chikuyoumaki14.jpg

そういえば、この日は珍しく外国人旅行客がゼロ

chikuyoumaki15.jpg

竹葉亭本店は旧築地市場正門から銀座へ向かう中央市場通りをチョット入ったところ

chikuyoumaki16.jpg

たまたまかもしれないけど、市場移転の影響かなぁ…と推測

chikuyoumaki17.jpg


■過去記事
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の定食
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」じゅんさいと鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼のA&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼A&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼A
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け(新)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭」木挽町本店の鰻お丼
■関連記事
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鮪茶漬け

竹葉亭 木挽町本店
中央区銀座8-14-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2018/12/02 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(4) | page top
| ホーム | 次のページ>>