大森「八幸」新店オープン&おでん
hachiko01.jpg

「八幸 大森海岸店」2022年9月20日オープン

昭和四十八年(1973年)創業のおでん屋さん、大井町に本店

hachiko02.jpg

大森海岸駅近く、「甲斐そば」の下階、少し前まで「串焼き 勝」だった場所
かつては「幸虎」や「幸丼」、「びっくり焼き亭」、その昔はお寿司屋さん

ここの店内に入るのは8年ぶり、内装は変わっている

hachiko03.jpg

パーティション以外は昔のままの構造のカウンターに着席

瓶ビール(650円)

hachiko04.jpg

サッポロラガー、いわゆる赤星

お通し

hachiko05.jpg

おでんは一人前のおまかせ盛り合わせもあり(750円)、でも単品で注文

ちくわぶ、だいこん、東京揚げ(170円、190円、350円)

hachiko06.jpg

おでん汁しみしみ東京のおでん
東京揚げは厚揚げと蒲鉾の中間、調べてみると平成生まれの比較的新しいおでん種

こうなると日本酒かな

hachiko07.jpg

こんちきちん 純米吟醸 原酒 ひやおろし(850円/180ml)

hachiko08.jpg

京都の京姫酒造

地養鶏の岩塩焼き(750円)

hachiko09.jpg

鳥料理もおでんと並ぶ柱のようです。
この皮パリの鶏肉には柚子胡椒が合う

たまご、焼きちくわ、おとうふ(190円、230円、290円)

hachiko10.jpg

最近は関西風が多くて、久しぶりに東京のおでんを食べた気がする
お店の人に聞いたところでは初代が修業した「お多幸」から“幸”を取った店名とか
そういえば昔は移転前の新橋「お多幸」で食べてたけど、そこまで真っ黒ではない

hachiko11.jpg


八幸 大森海岸店
品川区南大井3-33-6

テーマ:おでん - ジャンル:グルメ

[2022/09/25 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | コメント(0) | page top
大森「蔦八&蔦八はなれ」煮込み&煮豆腐
doubletsutahachi01.jpg

コの字型のカウンターが賑わう「蔦八」

doubletsutahachi02.jpg

蔦八はおとうさん(先代)が亡くなって休業、いったんはおかあさん(女将)が営業を再開したものの
やはりひとりでは無理があって2015年3月で閉店
でも、新しい経営に引き継がれ2015年9月にリオープン、そこからもうすぐ七年、早いですね~

サッポロラガー中瓶(560円)

doubletsutahachi03.jpg

大瓶や生ビールもあり

お通し

doubletsutahachi04.jpg

本鮪赤身(790円)

doubletsutahachi05.jpg

今のお店になってお刺身の種類は増えました。

煮込み(小)玉子入り(590円)

doubletsutahachi06.jpg

「蔦八」と言えば煮込み

明るい居酒屋という雰囲気になり客層も変わりグループ客も増えて賑やかになりました。

doubletsutahachi07.jpg

同じ路地には「蔦八 はなれ」

doubletsutahachi08.jpg

今は「こうちゃん」がある場所に2019年オープンし、同じ大森飲食街ビル内で移転

最近は「はなれ」に寄ることが多い

doubletsutahachi09.jpg

蔦八系列には珍しく乙女な店員さんがいることもある(汗、
それより本店だと昔を思い出しちゃって違いが気になることが時々あるから
(そう思うのはいつもじゃないし、今のお店の良さもあり)

doubletsutahachi10.jpg

にんにく丸揚げ(390円)

doubletsutahachi11.jpg

鳥天(690円)

doubletsutahachi12.jpg

居酒屋的なメニューが多い

以前は“清酒”というメニューだったけど今の経営になって日本酒いろいろ~

doubletsutahachi13.jpg

しかも590円と安い

煮豆腐(390円)

doubletsutahachi14.jpg

煮込みを食べたい気がするけど少しヘビーかなと思った時に注文

ディープな雰囲気の大森飲食街ビル、「蔦八はなれ」は明るくて入りやすいカンジ

doubletsutahachi15.jpg


■関連記事(本店)
≫ 大森「蔦八」ロールキャベツ&煮込(小)
≫ 大森「蔦八」新玉ネギ串揚げや日本酒
≫ 大森「蔦八」湯豆腐や鯨刺身など新メニュー
≫ 大森「蔦八」リオープン&煮込み
■関連記事(旧本店)
≫ 大森「蔦八」煮込どうふ
≫ 大森「蔦八」とうふ煮込玉子入
≫ 大森「蔦八」煮込玉子入
≫ 大森「蔦八」とうふの煮込
≫ 大森「蔦八」の煮込
■過去記事(はなれ)
≫ 大森「蔦八 はなれ」移転リオープン&煮込
≫ 大森「蔦八 はなれ」新店オープン&煮込

蔦八(つたはち)
大田区大森北1-35-8
蔦八(つたはち) はなれ
大田区大森北1-38-1 大森飲食街ビル1F

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

[2022/08/01 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | コメント(0) | page top
大森「炭火焼 こうちゃん」牛串&ラムステーキ
kouchanlamb01.jpg

大森飲食街ビルにある「炭火焼 こうちゃん」

山王のガード(新井道架道橋)のそば

kouchanlamb02.jpg

「蔦八 はなれ」が現在の場所に移転し、その後に2020年11月オープン

kouchanlamb03.jpg

レイアウトは「蔦八 はなれ」のまま、ここも「蔦八」と同じ会社なので業態変更

ビール・中瓶(560円)

kouchanlamb04.jpg

サッポロラガービール、いわゆる“赤星”

お通し

kouchanlamb05.jpg

ハチノス串(210円)と牛ハラミ串(210円)

kouchanlamb06.jpg

ハチノスはトリッパのトマト煮込みやペルーのカウカウなど煮込んで食べるイメージ
焼肉屋さんでも食べたことはあるけど印象に残っていない…
どうやらこれは焼いただけではなく下拵えが上手いようでおいしい

ラムももステーキ(690円)

kouchanlamb07.jpg

牛串焼きなど牛肉の料理がメニューに多い「こうちゃん」だけど、
「銀座羊屋」や「銀座羊屋はなれ」と同じ会社なのでラムのメニューもいろいろ

バイスサワー(490円)

kouchanlamb08.jpg

「シン・ゴジラ」でゴジラが遡上した呑川の近くにあるコダマ飲料

チリビーンズ(490円)

kouchanlamb09.jpg

アメリカンなメニュー、実は好きなんです

ラム串と室蘭やきとり

kouchanlamb10.jpg

“室蘭やきとり”は豚肉と玉ねぎのやきとん

お勘定は「蔦八」と同じスタイル

kouchanlamb11.jpg

大森飲食街ビル、不動産情報を見ると1966年3月築
みね子が「すずふり亭」で働き始めて少し仕事に慣れた頃
そしてひなたが一歳の誕生日を迎える前の月

kouchanlamb12.jpg


炭火焼 こうちゃん
大田区大森北1-38-1 大森飲食街ビル1F

テーマ:串焼・串揚げ - ジャンル:グルメ

[2022/04/01 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | コメント(2) | page top
大森「鍛冶屋 文蔵」刺身&鶏唐揚げ定食
bunzo01.jpg

大森ベルポートのD館にある「鍛冶屋 文蔵」

bunzo02.jpg

首都圏に数十店舗、そういえば会社の宴会で東銀座店を利用したことあったっけ

bunzo03.jpg

女性客が多かった「66キッチン」とは逆にここは男性客が多い

bunzo04.jpg

お座敷席の窓の外を見て「牛傳」があったことを思い出しました。

bunzo05.jpg

刺身&鶏唐揚げ定食(1,000円)

bunzo06.jpg

刺身

bunzo07.jpg

マグロ、甘海老、サーモンという居酒屋らしい内容に鯵(アジ)を加えた構成

他のお客さんの鶏唐揚げ定食を見ると唐揚げを少なめにしたボリューム

bunzo08.jpg

焼鳥や鶏ももの文蔵焼きがメインのお店みたいで唐揚げの方がおいしい

味噌汁

bunzo10.jpg

ごはん

bunzo09.jpg

お米は宮城県産のひとめぼれ特別栽培米なのがグッド

小鉢と香の物は気持ち程度

bunzo11.jpg

無料のコーヒーあり

bunzo12.jpg

セルフサービス

bunzo13.jpg

定番の生姜焼きや鶏唐揚げの他、週替わりの煮魚定食やカツカレーの注文も多し

ランチ営業は平日のみ、まん防期間中は日曜日お休み

bunzo14.jpg


鍛冶屋 文蔵 大森ベルポート店
品川区南大井6-26-3 大森ベルポートD館 2F

大森ベルポートの飲食店や周辺情報は
続きを読む

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

[2022/02/23 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | コメント(2) | page top
大森「ごっつ」チキン南蛮ランチ
gottsu01.jpg

気まぐれ厨房「ごっつ」 大森店

大森ベルポートや日立さんのビルに囲まれ、オフィスワーカーのランチエリア

gottsu02.jpg

焼肉の「山王苑」のある日建ビルの地下
ちなみに「山王苑」では牛丼を500円でランチ対応していました。

掘ってあるお座敷を囲むようにテーブル席とカウンター

gottsu03.jpg

たまたまかもしれませんが早い時間は女性客ばかりでテーブルとカウンターが埋まり、
その後はワイシャツを着て社員証をぶら下げた男性客が何組もお座敷席へ着席

チキン南蛮(800円)

gottsu04.jpg

本日のランチは三種、その中からチキン南蛮を選択

甘酢あんかけスタイルのチキン南蛮

gottsu05.jpg

サラダ

gottsu06.jpg

小鉢

gottsu07.jpg

味噌汁

gottsu08.jpg

ごはん

gottsu09.jpg

居酒屋ランチの定番、鳥唐揚げに近いのもあってチキン南蛮を選択

gottsu10.jpg

12時前または13時以降の入店でドリンクサービス

gottsu11.jpg

この界隈は緊急事態宣言に伴って酒類を提供できない間は休業あるいは夜休業のお店が多い
「ごっつ」も平日ランチタイムのみ営業

gottsu12.jpg


気まぐれ厨房 ごっつ 大森店
品川区南大井6-25-12 日建ビルB1F

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

[2021/08/09 23:00] | 大森)居酒屋・大衆酒場 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>