保土ヶ谷PA「松屋」肉うどん
matsuyanikuudon01.jpg

松屋 保土ヶ谷PA(下り線)店

昨年12月、第三京浜道路 保土ヶ谷パーキングエリアにオープン

matsuyanikuudon02.jpg

保土ヶ谷PAの場所や走行距離から、普段は高速に乗る前か下りてから食事をするので、
トイレで立ち寄ることはあっても、食べるのは以前のフードコートで夜遅くに食べて以来久しぶり

自動食券販売機で選択

matsuyanikuudon03.jpg

この注文が厨房に通るので食券を出す必要はなく、番号を呼ばれるのを待つ

matsuyanikuudon04.jpg

セルフサービスでお茶を注ぎ着席、番号を呼ばれたら提供口でピックアップ

肉うどん(590円)

matsuyanikuudon05.jpg

牛めしの頭っぽいけど玉ねぎではなく青葱(玉ねぎもチョット入っていたけど)

コシがあるタイプではないけどそれなりの弾力

matsuyanikuudon06.jpg

煮込まれた牛肉の味が染みだして甘めなうどん汁

matsuyanikuudon07.jpg

調味料等は提供口の脇

matsuyanikuudon08.jpg

もちろん牛めしや定食類もあるけど麺類を食べている人も多い
運転の際は満腹にはなりたくないというのもあるでしょう

matsuyanikuudon09.jpg

食後は食器返却口へ

うどんは店舗限定や期間限定で他の松屋にもあるようですが、
ここはラーメンもあるのが珍しい(グループの松軒中華食堂は別として)

matsuyanikuudon10.jpg


松屋 保土ヶ谷PA(下り線)店
横浜市神奈川区羽沢町48

テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

[2022/08/26 23:00] | 横浜 | コメント(0) | page top
東神奈川「日栄軒」穴子天そば&コロッケそば
anagonichiei01.jpg

3月14日から駅名が変更になる“仲木戸駅”

anagonichiei02.jpg

新しい駅名は「京急東神奈川駅」

京浜急行電鉄によると『東日本旅客鉄道(株)の東神奈川駅と隣接していながら、駅名が異なることで乗り換え可能な駅としてお客さまから十分に認知されていないことから、「京急」を冠したうえで同駅名とし、乗り間違いを防ぎつつ利便性を高める。』とのこと

anagonichiei03.jpg

改札を出るとペデストリアンデッキの向こうに見えるJR東神奈川駅

anagonichiei04.jpg

そんな東神奈川駅のホームにある「日栄軒」

anagonichiei05.jpg

今では少なくなった昔ながらの立ち食いそば

anagonichiei06.jpg

食券はそば・うどん共通なのでどちらかを指定して出します。

穴子天そば(550円)

anagonichiei07.jpg

昔からの名物メニューで、昨年テレビでも紹介されたらしい

お寿司屋さんや天ぷら屋さんのような穴子ではないけど、
大きさと立ち食いそばでメニューにあることがなかなか

anagonichiei08.jpg

店内が満杯の時にはハンドヘルド、丼は軽い

でも、最近は店内のスペースが空くまで待つ人が多い

anagonichiei09.jpg

時間帯や風向きによっては反対側のホームまで匂いが漂ってくることもあり

anagonichiei10.jpg

以前と変わっていなければここで鰹節から出汁を取ってそばつゆを作っています。

コロッケそば(400円)

anagonichiei11.jpg

首都圏の立ち食いそば店では普通にあるメニュー
他の地域では別皿でコロッケがあっても真ん中に鎮座しているスタイルは珍しいらしい

anagonichiei12.jpg

お水はセルフサービス

anagonichiei13.jpg

仲木戸駅への乗り換えは改札を出るけど遠くない、ただ雨の際はチト面倒

anagonichiei14.jpg

運転見合わせや大幅な遅延の際に利用しています。

anagonichiei15.jpg


■過去記事
≫ 東神奈川「日栄軒」の天玉そば

日栄軒
横浜市神奈川区東神奈川1 東神奈川駅(3・4番線ホーム)

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

[2020/03/09 23:00] | 横浜 | コメント(2) | page top
上大岡「伊勢定」うな重(梅)
isesadaume01.jpg

すみっコぐらし×けいきゅう
京急沿線のすみからすみまであそびにいこうキャンペーン

ビル入口の駅名看板が“たぴおおおか駅”に~

isesadaume02.jpg

3階改札口には細工がされているようですが、1階の改札口に変わった様子はない

isesadaume03.jpg

そんな上大岡駅直結の京急百貨店10階のレストランフロア

isesadaume04.jpg

「日本橋 鰻 伊勢定 京急上大岡店」

テーブル席が主体

isesadaume05.jpg

お座敷の個室やカウンターもあるようです。

グラスビール

isesadaume06.jpg

誘ってくれた人がサービス券を持っていたので無料

肝焼き(880円)

isesadaume07.jpg

肝たっぷり

うな重・梅(4,290円)

isesadaume08.jpg

うな重は“梅”からが鰻一尾
ここは“松”が最廉価で、上に“桜”と“菊”があるので梅は真ん中

isesadaume09.jpg

味付けはあっさりめ、なのもあって卓上にタレが置かれています。

isesadaume10.jpg

肝吸い付き

isesadaume11.jpg

香物

isesadaume12.jpg

国産鰻でスタンダードな東京の鰻、標準的なおいしさ

isesadaume13.jpg

ラッピング電車“すみっコぐらし号”も走っています。

isesadaume16.jpg

ブルースカイトレインやイエローハッピートレインにもあるようです。

でも、ホームの駅名看板はそのまま

isesadaume14.jpg

京急もそこまでは攻めきれなかったか(笑)

isesadaume15.jpg


■過去記事
≫ 上大岡「伊勢定」梅御膳

日本橋 鰻 伊勢定 京急上大岡店
横浜市港南区上大岡西1-6-1 京急百貨店上大岡店10F

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2019/12/06 23:00] | 横浜 | コメント(0) | page top
上大岡「伊勢定」梅御膳
isesadakeikyu01.jpg

京急上大岡駅直結の京急百貨店

isesadakeikyu02.jpg

その10階にある「日本橋 伊勢定 京急上大岡店」

isesadakeikyu03.jpg

日本橋三越の向かいの路地にある伊勢定本店はだいぶ前に訪れたことがあるけど、
上大岡にもあるとは知らなかった。

isesadakeikyu04.jpg

ピークも過ぎた時間でゆっくり食事をしようということになって入店

生ビール/中(648円)

isesadakeikyu05.jpg

肝焼き(648円)

isesadakeikyu06.jpg

ボリュームのある肝焼き

梅御膳(3,564円)

isesadakeikyu07.jpg

いろんな御膳があったけど鰻重点で鰻重を食べたいので、
うな重の「梅」を注文したら「今は同じ値段で梅御膳になります」とのこと

isesadakeikyu08.jpg

味付けはあっさりめ、卓上には山椒とともにタレ

isesadakeikyu09.jpg

東京のスタンダードな鰻ってカンジ

肝吸い

isesadakeikyu10.jpg

香物

isesadakeikyu11.jpg

梅御膳はサラダ付き

isesadakeikyu12.jpg

それに水菓子としてメロン

isesadakeikyu13.jpg

まあまあだけど気になるのは匂い、鰻そのものではなさそうで、
デパートの中で仕方ないけど炭火焼きでないからと思われる…

isesadakeikyu14.jpg

今まで上大岡は縁がなかったけど思ってたよりも賑やか
京急の乗降客数では横浜、品川についで3位なんですね(2015年度 駅別1日平均乗降人員)

isesadakeikyu15.jpg


日本橋 鰻 伊勢定 京急上大岡店
横浜市港南区上大岡西1-6-1 京急百貨店上大岡店10F

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2017/11/13 23:00] | 横浜 | コメント(0) | page top
横浜「バルデビノス」スコッチエッグ&シェリー
bardevinos01.jpg

青木橋の近くにある「Bar De Vinos(バル デ ビノス)」

bardevinos02.jpg

ここはこの頃まで「ワインカフェ大森 本店」にいた、
ルイージのお兄さんが2015年5月に開店したお店

bardevinos03.jpg

カウンターとテーブルで20席くらい

ミカエラ マンサニージャ(780円/税別、以下同じ)

bardevinos04.jpg

レギュラーのシェリーはハーフ(50cc)480円、フル(100cc)780円

お通しは豚タンのグリル

bardevinos05.jpg

ぷりっぷりのにしんの酢漬け(680円)

bardevinos06.jpg

シェリーいろいろ~

パサダ マンサニージャ

bardevinos07.jpg

ワンランク上のシェリーはフル980円

イベリコサラミとタケノコ クレソンのさっぱりガーリックソテー(780円)

bardevinos08.jpg

店内が暗くて全体的に写真イマイチ(汗

ハーフ(50cc)は580円

bardevinos09.jpg

特製スコッチエッグ(980円)

bardevinos10.jpg

おっと、予想外のルックス~
カットしていないのは私への挑戦ですね(笑)

たぶん普通はカットされて出てくると思う・・・

bardevinos11.jpg

スコッチエッグを直訳すると『スコットランドのたまご』だけどイギリス料理
ロンドンのデパート、紅茶で有名な「フォートナム&メイソン」が1738年に作ったのだそう。

「フォートナム&メイソン」のホームページには歴史商品が載っています。
YouTubeにはダチョウの卵を使った世界最大のスコッチエッグ作りの動画もあります。
(Fortnum & Mason Scotch Egg World Record)

bardevinos12.jpg

来月には一周年を迎えるバルデビノス

bardevinos13.jpg


Bar De Vinos(バル デ ビノス)
横浜市神奈川区台町1-4 ライオンズマンション第2 1F

アクセス情報は
続きを読む

テーマ:スペインバル - ジャンル:グルメ

[2016/04/11 23:00] | 横浜 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>