静岡「丁子屋」丸子(とろろ汁)
chojiya01.jpg

東海道丸子宿 とろろ汁 元祖 丁子屋

chojiya02.jpg

創業は慶長元年(1596年)

ということは、大河ドラマ「どうする家康」だと10月頃のこと

chojiya03.jpg

静岡市中心部からは離れていて近くに駅もない

所用で静岡へ、いつもは新幹線で来るけどこの日は荷物があって車
しかも夕方からは予定ナシ、なのでここに来るしかないタイミング

ノンアルコールビール(418円)

chojiya04.jpg

キリン グリーンズフリー…車なので

むかごの唐揚げ(440円)

chojiya05.jpg

むかごたっぷり、お酒を飲みたくなるおいしさ…でも、飲めない

黒はんぺんフライ・2枚(440円)

chojiya06.jpg

黒はんぺんを買って焼いたり煮たりは自分でもできるけどフライはお店で食べたい

丸子(1,630円)

chojiya07.jpg

定番のメニュー、他にも名物料理のついた定食もあるけど、
迷っているお客さんに、盛りだくさんの(高い)メニューから勧めるのではなく
まずこの定番メニューから説明していたところもイイ感じ

とろろ汁

chojiya08.jpg

静岡県産の在来自然薯を使用、粘り気の強いとろろ汁

麦めし

chojiya09.jpg

おかわりもできる、でもこれで十分

味噌汁

chojiya10.jpg

香物

chojiya11.jpg

薬味

chojiya12.jpg

ごはんが溺れるくらいたっぷりとろろ汁をかけるのがオススメとのこと

chojiya13.jpg

粘り気とともに香りも強いけど、白味噌・鰹節出汁・卵で味はまろやか

お茶

chojiya14.jpg

土瓶の中にはティーバッグではなくお茶っ葉、さすが静岡

chojiya15.jpg

通されたのは“弥次さんの部屋”

chojiya16.jpg

十返舎一九の「東海道中膝栗毛」には、丁子屋の主人と女将が夫婦喧嘩を始めたため、
弥次さん喜多さんがとろろ汁を食べ損ねたというシーンが描かれているのだとか

ここは昭和三十五年(1960年)に建てられたとのこと

chojiya17.jpg

この建物は『江戸・明治・大正・昭和と時代を重ねた幾つかの古民家の集合体です』とのこと

chojiya18.jpg

なので入り組んでいて、私もトイレへ行って戻る際に厨房に入りそうになった(汗

資料室もあり

chojiya19.jpg

久しぶりの遠出…遠出というほど遠くないけど
コロナ禍だけがその理由ではないけど東京都神奈川県から出るのは数年ぶり
ここだけではなく途中でもいろんな経験ができて、たまには出掛けないとなぁ~

chojiya20.jpg


元祖 丁子屋
静岡市駿河区丸子7-10-10

テーマ:郷土料理 - ジャンル:グルメ

[2023/12/05 23:00] | 静岡 | コメント(4) | page top
静岡「三笑亭」ビーフステーキ会席
sanshousteak01.jpg

新幹線に乗って静岡へ~

車窓からは頂上付近しか見えなかった富士山

sanshousteak02.jpg

三笑亭本店

sanshousteak03.jpg

明治二十七年(1894年)創業の老舗

テーブル個室やお座敷などお部屋いろいろ

sanshousteak04.jpg

前菜

sanshousteak05.jpg

静岡なので正雪の純米酒を選択

sanshousteak06.jpg

お造り

sanshousteak07.jpg

サラダ

sanshousteak08.jpg

ステーキ

sanshousteak09.jpg

事前に仲居さんが焼き方を訊いてまわります。

sanshousteak10.jpg

レアもあればウエルダンの人もいて好みがバラバラでおもしろい
私は良い肉ならミディアムレアが好み(挽肉系ならミディアム)

赤ワインをグラスで

sanshousteak11.jpg

黒毛和牛のヒレ肉

sanshousteak12.jpg

そして、ここはステーキが食事前のラスト・・・ではない

sanshousteak13.jpg

炊き合わせが登場

食事はごはんと味噌汁、ガーリックライス、のり茶漬けの三択

sanshousteak14.jpg

ガーリックライスが人気だったけど、ステーキから間が空くのでお茶漬けを選択

デザート

sanshousteak15.jpg

静岡ではすきやき発祥のお店らしい「三笑亭本店 」

sanshousteak16.jpg


■過去記事
≫ 静岡「三笑亭」の会席料理
≫ 静岡「三笑亭」のステーキ
≫ 静岡「三笑亭」のおまかせ会席

三笑亭本店
静岡市葵区両替町2-2-2

テーマ:ステーキ - ジャンル:グルメ

[2019/06/07 23:00] | 静岡 | コメント(0) | page top
静岡「清見そば 本店」カツ丼
katsudonkiyomi01.jpg

静岡駅南口エリアにある「清見そば 本店」

katsudonkiyomi02.jpg

おそば屋さんなのにラーメンを注文する人が多いので有名なお店

katsudonkiyomi03.jpg

お店の外ではごはん物アピール

katsudonkiyomi04.jpg

お昼時はにっきりなしにお客さんが出入り

カウンター席に着席

katsudonkiyomi05.jpg

この日はラーメンの大盛はナシ
前には大盛の注文を受けていた日もあったけど、どういう法則なのか?
わかりませんが、この日は注文する品が決まっていたので問題ナシ

カツ丼(700円)

katsudonkiyomi06.jpg

蓋を取ると、意表を突くソースの香り

katsudonkiyomi07.jpg

でも、ソースかつ丼ではなく卵とじのカツ丼

彩りを添えているのはグリーンピース

katsudonkiyomi08.jpg

そういえばカレー丼にもグリーンピースだった

お新香付き

katsudonkiyomi09.jpg

でも、味噌汁は付いていない
ごはん物とラーメンを注文する人が多いのはラーメンを汁物の代わりにしているのかな?

katsudonkiyomi10.jpg

衣はあっさりで下味もない感じでそばつゆを吸わせたとんかつ

食べたことのない不思議な感覚

katsudonkiyomi11.jpg

卵とじのカツ丼にソースがかかっているお店は他にもあるようだけど、
静岡のカツ丼は…というほどではないみたい。カツ丼も色々ありますね~

冷やし中華もはじまっていましたー
でも、この日はおろしそばの方が注文多かった

katsudonkiyomi12.jpg


■過去記事
≫ 静岡「清見そば 本店」の冷やし中華
≫ 静岡「清見そば 本店」のカレー丼
≫ 静岡「清見そば 本店」のラーメン

清見そば 本店
静岡市駿河区南町1-6

テーマ:カツ丼 - ジャンル:グルメ

[2019/06/05 23:00] | 静岡 | コメント(2) | page top
静岡「清見そば 本店」の冷やし中華
hiyashikiyomi01.jpg

再開発が進んだ静岡駅南口

hiyashikiyomi02.jpg

ずいぶん変わっていてちょっと不安になったけど、看板が見えてホッ

hiyashikiyomi03.jpg

「清見そば 本店」

創業八十年近くになるそば店

hiyashikiyomi04.jpg

でも、老舗というよりも昔ながらの町場のおそば屋さん

hiyashikiyomi05.jpg

店内にも『冷し中華はじめました』のPOP

おそば屋さんだけどここではラーメンが一番人気
そして気になるのはほんのチョット変わっているらしいかつ丼

hiyashikiyomi06.jpg

でも、暑い日だったので…

冷やし中華(650円)

hiyashikiyomi07.jpg

清見そば本店らしい細麺

hiyashikiyomi08.jpg

酸味は弱く甘さが強いのでからしが合います

放射状ではなく、きゅうり、錦糸玉子、紅生姜をトッピング
頂上にはグリーンピース、麓にはチャーシューとわかめ

hiyashikiyomi09.jpg

この日も相変わらずラーメンが一番人気

hiyashikiyomi10.jpg

いつになるかわからないけど次はかつ丼かな

hiyashikiyomi11.jpg


■過去記事
≫ 静岡「清見そば 本店」のカレー丼
≫ 静岡「清見そば 本店」のラーメン

清見そば 本店
静岡市駿河区南町1-6

テーマ:冷し中華 - ジャンル:グルメ

[2018/07/31 23:00] | 静岡 | コメント(2) | page top
三島「むさし」の鰻重
musashiunagi01.jpg

お正月らしく富士山

musashiunagi02.jpg

富士山が見える三島駅

musashiunagi03.jpg

三島駅前の交差点を渡ると商店街

musashiunagi04.jpg

“うなぎ横町”の幟が見えた「和食処 むさし」

musashiunagi05.jpg

鰻重・竹(3,300円)

musashiunagi06.jpg

鰻一尾分と確認して竹を注文

musashiunagi07.jpg

梅は3/4尾、松は1.5尾

きも吸いとお新香付き

musashiunagi08.jpg

カウンターと小上がり、奥にお座敷

musashiunagi09.jpg

中畑元横浜DeNAベイスターズ監督や中田元横浜市長などのサイン色紙

musashiunagi11.jpg

タレはやや甘め、といっても西方のような甘さではなく東の範囲内

musashiunagi10.jpg

ここは“地魚 天ぷら うなぎ”とあるように鰻専門店ではない
なので炭火焼ではなさそうな焼き加減と香りだけど、
鰻専門店ではないにしてはスタンダードなおいしさ

musashiunagi12.jpg

三島駅から近いので新幹線が到着する度にお客さんが入るお店
桜海老かき揚げ定食も気になります。

musashiunagi13.jpg


和食処 むさし
三島市一番町12-19

その他の情報は
続きを読む

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2017/01/03 23:00] | 静岡 | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>