大森「喜楽」営業再開&餃子・ラーメン
kirakugyoza01.jpg

先々週から営業を再開した「喜楽」

営業再開を待っていた人も多いようで、外で入店待ちする人も発生する状況
しかも二階では宴会、持ち帰り(電話でのテイクアウト注文は受けていなかった)もあって大忙し

ビール・中瓶(580円)

kirakugyoza02.jpg

サッポロを選択、BS-TBS「町中華で飲ろうぜ」に出た「喜楽」だけど633ではなく500

とり肉の正油煮(370円)

kirakugyoza03.jpg

まずはコレ

餃子(400円)

kirakugyoza04.jpg

この日はシューマイではなく餃子の気分

kirakugyoza05.jpg

酢でさっぱり焼き餃子

ラーメン(650円)

kirakugyoza06.jpg

鶏がらメインのスープにチャーシュ・もやし・玉子の醤油ラーメン

そしてラードで揚げた焦がしネギ

kirakugyoza07.jpg

置いてあったカメリアラードの缶を見たらカツ丼刑事は興奮しそうだけどカツ丼はメニューにない…

昭和二十七年(1952年)創業、ということは来年70周年の「喜楽」

kirakugyoza08.jpg


■過去記事
≫ 大森「喜楽」営業再開&ラーメン
≫ 大森「喜楽」営業再開&チャーハン
≫ 大森「喜楽」豚肉玉葱の唐辛子炒め
≫ 大森「喜楽」餃子&天津丼
≫ 大森「喜楽」もやしそば&ワンタンメン
≫ 大森「喜楽」ラーメンとチャーハン
≫ 大森「喜楽」の肉野菜炒め
≫ 大森「喜楽」の玉子ラーメン
≫ 大森「喜楽」のチャーハン
≫ 大森「喜楽」の冷し中華
≫ 大森「喜楽」のラーメン

喜楽
大田区大森北1-7-4

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2021/10/19 23:00] | 大森)中華・中国料理 | コメント(2) | page top
大森「百菜」営業再開&五目あんかけ焼きそば
ankakehyakusai01.jpg

10月5日から営業を再開した「百菜」

久しぶりになると“とり唐揚げの黒酢あんかけ”を注文しがちなワタシ
でも、この日は五目あんかけ焼きそば(850円)

ankakehyakusai02.jpg

たっぷり野菜に豚肉、海老、イカ

ankakehyakusai03.jpg

キクラゲも存在感あり

ankakehyakusai04.jpg

かた焼きそばではないけど、一部はナチュラルに揚がったような麺

デザートには杏仁豆腐

ankakehyakusai05.jpg

再開を待ち兼ねていた人も多いようで入れ替り立ち替りで満卓状態
諦めて回れ右する人もいれば外で入店を待つ人もいました。

ankakehyakusai06.jpg


■過去記事
≫ 大森「百菜」営業再開⇒臨時休業/とり唐揚げの黒酢あんかけ
≫ 大森「百菜」営業再開&とり唐揚げの黒酢あんかけ
≫ 大森「百菜」週替りランチ&とり唐揚げの黒酢あんかけ
≫ 大森「百菜」冷やし中華
≫ 大森「百菜」チャーハン&タンメン
≫ 大森「百菜」とり唐揚げの黒酢あんかけ&週替りランチ

広東料理 百菜
大田区大森北1-12-7-102

周辺情報は
続きを読む

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2021/10/07 23:00] | 大森)中華・中国料理 | コメント(0) | page top
大森「龍翔」麻婆豆腐
maboryusho01.jpg

池上通り沿いにある「龍翔」

maboryusho02.jpg

入口脇に食券自動販売機

maboryusho03.jpg

人手の問題や酒類提供できないのとでオープン直後に比べるとメニューが絞られ、
おつまみ系のメニューが少なくなっています・・・10月になったら少しは復活するかな?

ビアリー(250円)

maboryusho04.jpg

炭酸飲料(微アルコール飲料)、お店にしてはかなり安い

提灯にも“麻婆”とあるように麻婆豆腐がお店の代表メニュー
辛さを選べるのは珍しくないけど“痺れ”も選択可(花椒かな)

maboryusho05.jpg

辛さは5段階でお店の標準は2、ワタシの選択はもちろん“1”

麻婆豆腐(780円)

maboryusho06.jpg

単品だと土鍋で登場

1は私でも食べられる辛さ、でも他店だと普通の辛さか?汗ばむ~

maboryusho07.jpg

汗ばむけど、カウンター上にはお冷が置かれているので安心

maboryusho08.jpg

現在はセットメニューを注文するお客さんがほとんど
夜でもランチのような手頃な値段(880円~1,000円)

麻婆豆腐セット(880円)

maboryusho09.jpg

もちろん一辛(笑)

スープ

maboryusho10.jpg

ミニサラダ

maboryusho11.jpg

ごはん

maboryusho12.jpg

スープとごはんはオカワリ可

肉味噌がおいしい麻婆豆腐

maboryusho13.jpg

マンゴープリン

maboryusho14.jpg

乙女な店員さんによるとデザートがマンゴープリンはラッキーとか(^^)/

お酒が飲めるようになりおつまみ系メニューも増えるといいな~

maboryusho15.jpg


■過去記事
≫ 大森「龍翔」新店オープン/豚肉焼売&鶏もも肉とカシューナッツ炒め

龍翔
大田区山王2-2-13 1F

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2021/09/29 23:00] | 大森)中華・中国料理 | コメント(0) | page top
大森「台湾カフェバー」鶏排定食
jipaitaiwan01.jpg

大森東口駅前にある「癒しスペース 台湾カフェバー」

「ワインカフェ大森本店」のある森央ビルの6階

jipaitaiwan02.jpg

エレベーターには「本場台湾小料理カフェバー.」とあったけど、
壁の看板やコロナ対策ステッカーの名称は「癒しスペース 台湾カフェバー」

エレベーター着いて扉が開くと店内なのは「ワインカフェ」もそうなので想定内

オールフリー・缶(275円)

jipaitaiwan03.jpg

定食には前菜が付くとのことなのでノンアルコールビールを注文

鶏排定食(968円)

前菜

jipaitaiwan04.jpg

たまご焼き、厚揚げに見えて中はがんもどきみたいなの、お漬物

揚げている音がして間もなく登場

jipaitaiwan05.jpg

鶏胸肉を平たくのばした唐揚げ、鶏排(ジーパイ)

jipaitaiwan06.jpg

路上の看板には“台湾スパイシー唐揚定食”と書かれています。

スープ

jipaitaiwan07.jpg

ごはん

jipaitaiwan08.jpg

スパイシーだけど辛くはない

jipaitaiwan09.jpg

赤いホットなヤツは別添なのが私にはグッド(笑)

ボリュームあるけど胸肉なのもあって油っこくなく意外と食べられちゃう

jipaitaiwan10.jpg

階下のマッサージ店の店員と思しき小姐が勉強していたので同じ系列なのかな?と調べてみると
やはり「癒癒堂」が経営、入口脇に置かれている台湾コスメのネット販売も運営しているようです。

jipaitaiwan11.jpg

大森にも増えている台湾料理の中でもここが本場っぽいのかもしれない、行ったことないけど(汗
昨年の春、休みが取れるので旅行先の候補だったんだけど、旅行そのものを諦める状況に…

見せてくれた夜のメニューには一皿385円の滷味やら小吃がたくさんあるので、
お酒が飲めるようになったら来たい…あるいはその前に本格的なお茶で食べるか?

jipaitaiwan12.jpg


癒しスペース 台湾カフェバー
大田区大森北1-4-8 森央ビル6F

テーマ:台湾料理 - ジャンル:グルメ

[2021/09/12 23:00] | 大森)中華・中国料理 | コメント(0) | page top
大森「da pai dang 105」新店オープン&台北セット
dapaidang01.jpg

台灣大徘襠 da pai dang(ダパイダン) 105 大森東口店

2021年8月12日オープン

dapaidang02.jpg

できそう、という看板のない段階から書いたように気になっていたお店
9月2日からオープンセールとポスターがあったので、まだ先だと思っていたらオープン
ドリンク半額のオープンセールは酒類が出せるようになったら、という予定のようです。

dapaidang03.jpg

でも、緊急事態宣言の延長でオープンセールも延期かもしれません…

大森駅東口を出てすぐ、「728麺飯酒場チャオチャオ」があった場所

dapaidang04.jpg

「くいもの屋わん」などを運営するオーイズミフーズのグループ会社O&Mプロジェクトのお店
点心と台湾料理の「da pai dang(ダパイダン) 105」は大阪・神戸と首都圏で10店ほど

セットメニューのポールポジション、台北セット(900円)を注文

台北セットは焼小龍包と麺のセット

dapaidang05.jpg

“当店名物”と謳う焼小龍包3個



dapaidang06.jpg

炒米粉(焼きビーフン)を選択

店内セットドリンクは8月31日まで一杯無料(通常セット価格は1,050円)

dapaidang07.jpg

黒烏龍茶を選択

搾菜

dapaidang08.jpg

久しぶりのビーフン

dapaidang09.jpg

焼きビーフンは新橋の台湾料理店「ビーフン東」以来かな、味付けはそれより濃い

待っている間に卓上に置かれた“食べ方のコツ”をチェック

dapaidang10.jpg

「スープが飛ぶので」と紙エプロンを渡されました。

dapaidang11.jpg

“食べ方のコツ”オススメは、香酢2、中国醤油1、豆鼓辣油少々

dapaidang12.jpg

でも、もともと味が付いているので、そのまま何もナシ、あるいは香酢少々がいいかな

そして“食べ方のコツ”には『…スープがこぼれないように上部に穴をあける』

dapaidang13.jpg

焼小龍包も小龍包なのでスープ入り、特に最初の1個はアツアツなので慎重に~

底面はカリカリの焼小龍包3個、搾菜添え

dapaidang14.jpg

焼きビーフンも焼き小龍包も味が濃いので黒烏龍茶を注文して正解
でも、ホントはビールを飲みたくなる味

それは先になりそうなので、その前に焼売と魯肉飯の新竹セットかな?

dapaidang15.jpg


da pai dang(ダパイダン) 105 大森東口店
大田区大森北1-4-10大森駅前共同ビル 1F

周辺情報は
続きを読む

テーマ:台湾料理 - ジャンル:グルメ

[2021/08/17 23:00] | 大森)中華・中国料理 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>