大森「清川」お膳(昼のサービス献立)
kiyokawaozen01.jpg

またまた久しぶりシリーズ「うなぎ 清川」

久しぶりになったのは大森駅周辺からはちょっと遠いから
黒田電気や大井の水神社の近くで立会川駅の方が少し近い場所

kiyokawaozen02.jpg

お昼のサービスうな丼(1,375円)もあるけど、その値段では鰻が少しなのは火を見るより明らか
鰻屋さんだけどランチタイムには丼物や唐揚げ定食などのメニューがあるのでその中から選択

お膳(1,100円)

kiyokawaozen03.jpg

お昼の“お膳”は、刺身、天婦羅、小鉢、お椀、新香、ご飯

刺身

kiyokawaozen04.jpg

キハダマグロと蛸

天婦羅

kiyokawaozen05.jpg

海老、烏賊、ピーマン、かぼちゃ、茄子

小鉢

kiyokawaozen06.jpg

お浸しとたまご焼き

kiyokawaozen07.jpg

お椀

kiyokawaozen08.jpg

お揚げとわかめの味噌汁

新香

kiyokawaozen09.jpg

胡瓜とキャベツ

ご飯

kiyokawaozen10.jpg

久しぶりの一回だけだからいつもそうなのかわからないけど、この日は一番人気のメニュー

近隣の勤め人に交じって地元の年配客もちらほら

kiyokawaozen11.jpg

久しぶりに鰻を食べに夜来ようかな~

kiyokawaozen12.jpg


■過去記事
≫ 大森「清川」の鰻重(雪)
≫ 大森「清川」の鰻重

うなぎ清川
品川区南大井5-20-7

周辺情報は
続きを読む

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

[2021/11/04 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | コメント(0) | page top
平和島「はせ川」うな重(上)
hasegawa01.jpg

環七沿いにあるうなぎ蒲焼「はせ川」

hasegawa02.jpg

以前は都営浅草線から京急で特急や急行で乗り換えずに平和島で降りることもあったけど
そういうこともなくなったし、その前に自転車を廃棄して平和島界隈は遠くなっていたので久しぶり

今も変わらず鰻の入った籠あり

hasegawa03.jpg

アド街@京急大森町によると大正十五年(1926年)創業
ある雑誌には昭和元年創業とあったけど昭和元年は12月25日から一週間だけなので、
西暦を単純に置き換えた可能性が高いと思う

hasegawa04.jpg

もともと広いし、お酒の提供を取り止めているお店は空いているのでゆったり
土用の丑の日(7月28日)が近付くとお客さんが増えてくるかな

ノンアルコールビール(500円)

hasegawa05.jpg

この日は肝焼きがあったんだけどお酒ナシで肝焼きは酷なのでスルー

うな重・上(4,300円)

hasegawa06.jpg

久しぶりなので念のため確認すると、上が鰻一尾
メニュー写真を見ると松は3/4尾、特上は1.5尾みたい

hasegawa07.jpg

9年前に比べると高くなっているけど、それは「はせ川」だけではない
炭火で焼いた国産鰻一尾のうな重で肝吸い付きなので標準的な値段

きも吸

hasegawa08.jpg

お新香

hasegawa09.jpg

色鮮やかで香り立つ山椒も変わらず

hasegawa10.jpg

地元民に親しまれているお店だけに、私がお店にいる間に
何組かのお客さんがテイクアウトのうな重を受け取りに来ていました。

hasegawa11.jpg

駐車場は広くなり出し入れしやすくなっていました。

hasegawa12.jpg


■過去記事
≫ 平和島「はせ川」のうな重(上)
≫ 平和島「はせ川」のうな重(松)

うなぎ蒲焼 はせ川
大田区大森西2-4-4

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2021/06/17 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | コメント(0) | page top
大森「山王宮川」鰻重
miyagawa01.jpg

山王二丁目、ジャーマン通り沿いにある「つきじ宮川 山王支店」

miyagawa02.jpg

「築地宮川本廛」からの暖簾分けで“宮川のれん会”の一店

席数を減らして営業、テーブル二卓

miyagawa03.jpg

メニューは鰻重・きも吸と鰻佃煮風・お新香だけの潔さ
鰻重の鰻は一尾、大きさによって3,000円から500円刻み

注文すると「20~30分かかりますがよろしいですか?」と確認されます。
問題ないどころか、これは逆に期待できそう

夕飯だし、飲みながら待ちたいところだけど酒類提供取り止め

miyagawa04.jpg

鰻重(4,500円)

miyagawa05.jpg

もっと大きいのもあったけど、肝吸いを入れて樋口一葉さんで足りるところを注文

蒸されてふんわり、そして焼かれた鰻

miyagawa06.jpg

甘さ抑え目でおいしい東京の鰻重

お新香

miyagawa07.jpg

きも吸(300円)

miyagawa08.jpg

後半には山椒をチョッピリ

miyagawa09.jpg

香りもあってピリっと来る山椒粉

大森界隈で鰻丼・鰻重は久しぶり

miyagawa10.jpg

ここはあまり話題に上らないけど東京スタンダードなおいしさの鰻重

店名の記載が「山王宮川」「つきじ宮川山王店」「つきじ宮川本廛山王支店」といろいろ
最も新しいと思われる感染防止徹底宣言ステッカーには「つきじ宮川 山王支店」

miyagawa11.jpg

客足が途絶えたら早仕舞いすることは個人店ではよくあることで、
特にこのコロナ禍の状況だとここに限らずそういうことも増えるでしょう

miyagawa12.jpg


つきじ宮川 山王支店
大田区山王2-18-1

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2021/05/14 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | コメント(6) | page top
大森「三代目むら上 大森山王店」うな重(特上)
murakamitokujo01.jpg

JR大森駅を出ると目に入る「三代目むら上 大森山王店」

murakamitokujo02.jpg

オープンしてから先月末で2年経過

ビールにサービスのお通し

murakamitokujo03.jpg

ここは鰻の串が人気

鰻ひと通り/3本(750円)

murakamitokujo04.jpg

きも焼き、ひれ焼き、滋鰻つくね
もともと肝焼きとひれ焼きを食べようと思っていたので
メニューを見て注文(単品より50円お得)

おこげ(500円)

murakamitokujo05.jpg

麦焼酎を水割りで~

うな重/特上(3,000円)

murakamitokujo06.jpg

サラダ付き

murakamitokujo07.jpg

もちろんお新香もあります。

murakamitokujo08.jpg

肝吸も付きます。

murakamitokujo09.jpg

この日の鰻は鹿児島県産

murakamitokujo10.jpg

うな重は(上)も一尾、特上は大き目の一尾

murakamitokujo11.jpg

普段は最初から山椒はかけないけど、
これは匂いが気になり早めに投入…

murakamitokujo12.jpg

1階はカウンター席、2階は掘ってあるタイプのお座敷

murakamitokujo13.jpg

食べるのがメインでビールで喉を潤す程度なら
先に登場するサラダをつまみにできます。

murakamitokujo14.jpg

この日は宮崎県産の鰻

murakamitokujo15.jpg

この時は身が崩れるくらい蒸しが強く焼きは浅かったけど鰻は悪くなかった

鰻の個体差があるとはいえ、ここはバラツキが大きい印象
とは言え、一尾のうな重(上)で2,400円、特上で3,000円は
国産の鰻を炭火で焼いたものとしては比較的安いし、
大森界隈ではまずまずの選択肢だと思います。

murakamitokujo16.jpg

持ち帰りで買って行く人も少なくない。
お弁当が多いのか蒲焼だけなのか、どっちでしょうね。。。

murakamitokujo17.jpg


■過去記事
≫ 大森「三代目むら上 大森山王店」オープン&うな重

三代目むら上 大森山王店
大田区山王2-4-4

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2015/07/09 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | コメント(0) | page top
大森「清川」の鰻重(雪)
kiyokawayuki01.jpg

うなぎ「清川」

大井水神公園の端と桜新道の中間あたり

kiyokawayuki02.jpg

創業は大正七年(1918年)
この地で鰻屋さんを開店してからでも60年近く

ビール(550円)

kiyokawayuki03.jpg

小瓶はヱビス

肝焼き(350円)

kiyokawayuki04.jpg

二本注文しようとしたら残り一本、ラッキーではあります。

お酒(500円)

kiyokawayuki05.jpg

ひやでお酒をお願いしたら「常温ですか?」と確認されました。
ここならすーっと出てくると思ったけどそうでもなかった(笑)

青菜びたし(350円)

kiyokawayuki06.jpg

メニューや店内のお知らせには『…史上かつてない仕入価格が高値となり
大変申し分けございませんが蒲焼の量を更に減して営業…』とあります。

値上げするのは心苦しいという気持ちは伝わってきます。。。

鰻の量が期待よりも少ないと印象が良くないので
素直に値上げした方がベターだと私は考えますが、
繁華街でもないこの場所だと難しいのかな・・・


鰻重/雪(3,350円)

kiyokawayuki07.jpg

以前は真ん中の「月」でしたが事情に鑑みてひとつ上の「雪」を選択
「三切れで見た目が悪くてすみません」と恐縮していましたが、それなりのボリュームです。

kiyokawayuki08.jpg

きも吸い

kiyokawayuki09.jpg

香の物

kiyokawayuki10.jpg

口直し

kiyokawayuki11.jpg

スタンダードな味に昔ながらの落ち着いた雰囲気

kiyokawayuki12.jpg

近くにあったらもう少し来るかもしれません。

kiyokawayuki13.jpg

創業時は天ぷら屋さんだったそうで天ぷらも人気のようです。
天ぷらの値段は海老天重1,100円をはじめ、定食や盛り合わせも千円台

kiyokawayuki14.jpg


■過去記事
≫ 大森「清川」の鰻重

うなぎ清川
品川区南大井5-20-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2014/05/04 23:00] | 大森)うなぎ・鰻 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>