大森「丹」お昼のお刺身&焼もの
burisashitan01.jpg

大森駅東口駐輪場の近くにある共和七番館ビルの地下

burisashitan02.jpg

「四季の味 丹」

burisashitan03.jpg

お昼の基本は刺身・焼魚・煮魚・揚物などの定食
それに季節物の定食や丼物があったりなかったり

お刺身(1,100円)

burisashitan04.jpg

この日は寒ぶり刺

burisashitan05.jpg

煮物

burisashitan06.jpg

温かい煮物の具材は鶏肉・厚揚げ・大根・にんじん・こんにゃく・いんげん

小鉢

burisashitan07.jpg

菜の花のお浸し

香の物

burisashitan08.jpg

お味噌汁

burisashitan09.jpg

珍しく味噌汁

ごはん

burisashitan10.jpg

焼もの(1,100円)

burisashitan21.jpg

この日はサバ塩焼

burisashitan22.jpg

この界隈でお刺身を選びたくなるおいしいランチが他に思い付かないこともあって、
ここでは刺身定食を選ぶ確率が高い。煮物も付くし

burisashitan11.jpg

ネクタイにスーツ姿が多そうなイメージだけど、いつも女性客が多いランチ
でも、鯖塩を注文していたのは男性ばかり

burisashitan12.jpg


■過去記事
≫ 大森「丹」お昼の献立
≫ 大森「丹」お刺身定食

四季の味 丹
大田区大森北1-15-5 共和七番館ビルB1

周辺情報は
続きを読む

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

[2020/02/28 23:00] | 大森)和食・小料理 | コメント(4) | page top
大森「丹」お昼の献立
hirukondatetan01.jpg

共和七番館ビルの地下にある「四季の味 丹」

hirukondatetan02.jpg

お昼の献立は、お刺身定食・焼魚(煮魚)定食・揚物定食が基本
以前はお店に入ってみないと具体的にはわからなかったけど
今は入口の脇に張り出されています。

hirukondatetan03.jpg

実際には3つだけではなく、丼物があったり焼魚と煮魚の両方があったりします。

hirukondatetan04.jpg

ということで、50周年を迎えた昨年春以降に食べた定食

お刺身定食のメイン

hirukondatetan05.jpg

かつお刺身、脂のノリではなく瑞々しい感じの鰹

煮魚定食

hirukondatetan06.jpg

定番のぶり大根

揚物定食

hirukondatetan07.jpg

ししゃも天、これはお酒を飲みたいカンジ~

定食には煮物が付きます。

hirukondatetan08.jpg

別の日は茄子とピーマンの焼き浸し

hirukondatetan09.jpg

小鉢も付きます。

hirukondatetan10.jpg

別の日は冷奴の上に山芋の千切り

hirukondatetan11.jpg

ごはん

hirukondatetan12.jpg

汁物

hirukondatetan13.jpg

汁物はすまし汁

香物

hirukondatetan14.jpg

全体像はこんな感じ(揚物定食:1,000円)

hirukondatetan15.jpg

手をかけたカンジの和食ランチ

地下へは三方向からの出入口に二つの階段(もっとあったりして…)

hirukondatetan16.jpg


■過去記事
≫ 大森「丹」お刺身定食

四季の味 丹
大田区大森北1-15-5 共和七番館ビルB1

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

[2019/09/08 23:00] | 大森)和食・小料理 | コメント(0) | page top
大森「花さやか」おばん菜料理
hanasayakaobanzai01.jpg

旬菜・おばん菜料理「花さやか」

カウンターにはおばん菜料理

hanasayakaobanzai02.jpg

10種類位あって、500円~1,200円

いつものようにおいしい前菜

hanasayakaobanzai03.jpg

銀盤 純米吟醸

hanasayakaobanzai04.jpg

一合飲み切りボトルが数種類、各800円

鱧と京水菜のあっさり煮

hanasayakaobanzai05.jpg

床ぶし柔らか煮

hanasayakaobanzai06.jpg

やわらかで食べやすく、貝らしい甘みと旨味

京生麩とフルーツトマトの揚げ出し

hanasayakaobanzai07.jpg

出汁を吸った麩が好き、トマトは熱いので要注意(笑)

食後にフルーツのサービス

hanasayakaobanzai08.jpg

次は涼しくなった頃かな~

hanasayakaobanzai09.jpg


■過去記事
≫ 大森「花さやか」大山鶏の唐揚げ葱おろしポン酢
≫ 大森「花さやか」えび芋饅頭&おばん菜料理
≫ 大森「花さやか」オレンジグラタン
≫ 大森「花さやか」あつあつ胡麻豆腐
≫ 大森「花さやか」とまとトマトとまとサラダ
≫ 大森「花さやか」おばんざい料理&ねぎま鍋
≫ 大森「花さやか」のおばん菜料理
≫ 大森「花さやか」の松茸土瓶蒸し
≫ 大森「花さやか」の米茄子うま煮
≫ 大森「花さやか」の鱧すき小鍋

旬彩・おばん菜料理 花さやか
大田区大森北1-29-12 三喜ビル1F

近隣情報は
続きを読む

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

[2019/05/26 23:00] | 大森)和食・小料理 | コメント(2) | page top
大森「丹」お刺身定食
lunchtan01.jpg

大森海岸駅へ向かう通りにある共和七番館ビルの地下にある「四季の味 丹」

lunchtan02.jpg

その地下へは三方向からの出入口

lunchtan03.jpg

店頭には五十周年の祝い花

lunchtan04.jpg

このビルは築32年なので、その前から営業していたということですね

ここは複数の飲食店の人からすすめられて来たのが最初

lunchtan05.jpg

店頭の“お昼の献立”には、お刺身定食、焼魚(煮魚)定食、揚物定食

お刺身定食(1,000円)

lunchtan06.jpg

入店してみると手書きのメニューで選択肢が四つだったり五つだったり
この日はお刺身の他に、焼魚、煮魚、揚物、それに丼物もあって五択

豊後水道のあじ刺

lunchtan07.jpg

身厚で旨味もしっかり、おいしい鯵

定食の構成はお刺身に、煮物、小鉢、香物、汁物、ご飯

lunchtan08.jpg

かぼちゃなどの煮物

小鉢

lunchtan09.jpg

お豆の入ったサラダ

香物

lunchtan10.jpg

ピクルスのように甘いのが意外

汁物

lunchtan11.jpg

昆布出汁の効いたお吸い物

ご飯

lunchtan12.jpg

年配の男性客は想定内の雰囲気だけど女性客も多い

lunchtan13.jpg

割烹など日本料理店でお昼には千円台で手をかけたカンジの和食ランチは、
銀座だとたくさんあるけど、大森には少ない気がするので貴重ですね。
江戸料理な専門系和食や居酒屋の和食ランチはたくさんあるけど・・・

lunchtan14.jpg


四季の味 丹
大田区大森北1-15-5 共和七番館ビルB1

近隣情報は
続きを読む

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

[2018/05/10 23:00] | 大森)和食・小料理 | コメント(4) | page top
大森「花さやか」大山鶏の唐揚げ葱おろしポン酢
daisendorisayaka01.jpg

大森北の路地裏にある「花さやか」

カウンター席と個室が三つ

daisendorisayaka02.jpg

カウンターの上にはおばん菜がスタンバイ

生ビール(550円)

daisendorisayaka03.jpg

前菜

daisendorisayaka04.jpg

新枝豆塩茹で

daisendorisayaka05.jpg

枝豆とビールの後は日本酒

銀盤(富山県)

daisendorisayaka06.jpg

一合サイズの小瓶で750円

焼き穴子胡瓜土佐酢和え

daisendorisayaka07.jpg

おばん菜からの注文

福正宗(石川県)

daisendorisayaka08.jpg

大山鶏の唐揚げ葱おろしポン酢(850円)

daisendorisayaka09.jpg

下味が良い和のテイストの唐揚げ

daisendorisayaka10.jpg

だいぶ間が空いてしまった「花さやか」、次はもっと早めに来なきゃ(><)

daisendorisayaka11.jpg


■過去記事
≫ 大森「花さやか」えび芋饅頭&おばん菜料理
≫ 大森「花さやか」オレンジグラタン
≫ 大森「花さやか」あつあつ胡麻豆腐
≫ 大森「花さやか」とまとトマトとまとサラダ
≫ 大森「花さやか」おばんざい料理&ねぎま鍋
≫ 大森「花さやか」のおばん菜料理
≫ 大森「花さやか」の松茸土瓶蒸し
≫ 大森「花さやか」の米茄子うま煮
≫ 大森「花さやか」の鱧すき小鍋

旬彩・おばん菜料理 花さやか
大田区大森北1-29-12 三喜ビル1F

近隣情報は
続きを読む

テーマ:鶏唐揚・鳥唐揚・からあげ - ジャンル:グルメ

[2018/05/08 23:00] | 大森)和食・小料理 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>