銀座「麺屋優光」銀黒竹
ginkurochiku01.jpg

この夏いろいろと変化のあった「麺屋優光 銀座店」

入口脇に食券の自動販売機を設置

ginkurochiku02.jpg

でも、キャッシュレス決済の場合は今まで通り口頭での注文みたい
そしてドン・ペリニヨン(44,000円)のボタンは自動券売機にはない(笑)

ginkurochiku03.jpg

サッポロ黒ラベル小瓶(550円)

ginkurochiku04.jpg

鶏餃子ハーフ(350円)

ginkurochiku05.jpg

醤油ではなく、ねぎ生姜油と塩が添えられている鶏餃子
餃子はしっかり味が付いているので塩だと塩からい、ねぎ生姜油かそのままがいい

ginkurochiku06.jpg

実は得意ではない低温調理のレアチャーシューの存在感が強くてここは再訪を躊躇
ところが、何かでチャーシューが違うラーメンの写真を見て気になり、
調べると8月から銀座店限定メニューが登場し、その新メニューのひとつが銀黒竹

銀黒竹(1,050円)

ginkurochiku07.jpg

煮玉子はデフォルトでトッピング

目を引くのは黒いスープ

ginkurochiku08.jpg

出汁は豚骨+鶏ガラあたりを予想していたけど醤油の主張が強くてわからない(汗
醤油の主張が強いと言っても塩っぽいとか辛いわけではなく濃い、甘酸っぱさが少々

黒く染まる麺

ginkurochiku09.jpg

全粒粉でもちもちした中太ストレート麺

チャーシューはとろとろに煮込まれた煮豚タイプ

ginkurochiku10.jpg

このチャーシューはトッピングメニューにある“限定炙り焼豚”らしい

筍の食感を残した姫竹は変わらず

ginkurochiku11.jpg

追加ではなく銀淡竹や銀真竹でもこのチャーシューを選べるといいんだけどなぁ

ginkurochiku12.jpg


■過去記事
≫ 銀座「麺屋優光」新店オープン&淡竹

麺屋優光 銀座店
中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル1号館 1階

周辺情報は
続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2022/08/30 23:00] | ラーメン | コメント(2) | page top
銀座「麺処 銀笹」白醤油らーめん
ginzasafishball01.jpg

再開園した浜離宮恩賜庭園で菜の花

昨シーズンは新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため菜の花の見頃には休園

ginzasafishball02.jpg

今年もこの後から臨時休園で今年はどうなるか気を揉んでいましたが3月22日から再開園

そんな浜離宮から銀座へ戻る途中に位置する「麺処 銀笹」

ginzasafishball03.jpg

ランチには遅い時間にもかかわらず賑わってタイミングによっては入店待ちも発生

アサヒ ドライゼロ(400円)

ginzasafishball04.jpg

緊急事態宣言とかではなく運転のためノンアルコールビール

白醤油らーめん+味玉+鯛つみれ(880円+120円+200円)

ginzasafishball05.jpg

遅めの時間だったので鯛飯を注文せず、代わりにトッピング追加

ginzasafishball06.jpg

炙ったチャーシュー・鯛つみれ・メンマ・水菜・白髪ねぎ・糸唐辛子

薬味は海苔と香味野菜を揚げたもの

ginzasafishball07.jpg

いつもは鯛飯のお茶漬けに使用するワタシ

スープ

ginzasafishball08.jpg

昆布・鰹節・煮干などでとった出汁に鶏ガラ・豚骨を合わせたスープ

中細の縮れ麺

ginzasafishball09.jpg

三河屋製麺

鯛つみれ増量(+200円)

ginzasafishball10.jpg

季節によって使い分ける蓮根や筍の食感がアクセント

味玉(+120円)

ginzasafishball11.jpg

半熟系

ginzasafishball12.jpg

銀座で好きなラーメンのひとつなのに昭和通りを渡るのが億劫でついつい間が空いてしまう…

一部で盛りを過ぎたエリアがあったものの、全体的には見頃だったお花畑の菜の花

ginzasafishball13.jpg

梅は終わり桜はまだ。。。

ginzasafishball14.jpg

どこかで桜も咲いていたのかもしれないけど見当たらなかった

その代りというワケでもないけど「銀笹」に寄った後で通った采女橋の袂に咲いていました。

ginzasafishball15.jpg

なにはともあれ、菜の花の見頃に間に合ってヨカッタ~

ginzasafishball16.jpg


■過去記事
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(白醤油) と半鯛飯
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(塩) と半鯛飯
≫ 銀座「麺処 銀笹」焦がし味噌ポタ
≫ 銀座「麺処 銀笹」白醤油らーめんと半鯛飯(昼)
≫ 銀座「麺処 銀笹」塩らーめんと半鯛飯(昼)
≫ 銀座「麺処 銀笹」おつまみと塩らーめん
≫ 銀座「麺処 銀笹」白醤油らーめん(昼)
≫ 銀座「麺処 銀笹」の銀笹らーめんなどなど
≫ 銀座「麺処 銀笹」の鯛飯
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(白醤油)
≫ 銀座「麺処 銀笹」おつまみ3品
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(塩)
≫ 銀座「麺処 銀笹」新店オープン

麺処 銀笹
中央区銀座8-15-2 藤ビル1F

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2022/03/28 19:00] | ラーメン | コメント(0) | page top
銀座「麺屋優光」新店オープン&淡竹
hachikuyuko01.jpg

「麺屋優光 銀座店」2022年2月19日オープン
京都のラーメン店がフランチャイズで関東初出店

銀座七丁目、「銀座ウエスト」と同じブロックで裏の通り
「銀座ウエスト」に寄った時に祝い花が飾られているのを見て気が付き、
その時は入店待ちの人もいたけど、今は落ち着いたようで待ちなし入店

hachikuyuko02.jpg

明るい雰囲気の店内にはカウンターが2つ、テーブル席もあり

注文は自動券売機ではなく口頭で、食後に会計

hachikuyuko03.jpg

初めてだし“当店一番人気”という貝系ラーメンを注文

淡竹+煮玉子(850円+50円)

hachikuyuko04.jpg

“淡竹”は貝出汁をベースにした醤油ラーメン

hachikuyuko05.jpg

牡蠣・あさり・しじみを使用しているあっさりだけど旨味のあるスープ

全粒粉でもちもちした中太ストレート麺

hachikuyuko06.jpg

姫竹なのか筍の食感を残したメンマが印象的

hachikuyuko07.jpg

半熟で味の染みた煮玉子が50円とは安い

目を引くのは表面を覆うチャーシュー、でも好みではない低温調理の豚肉なのが残念

hachikuyuko08.jpg

雰囲気も味も接客も尖っていなくてやわらかい感じ
次回はメンマと鶏餃子でビール、“真竹”か“黒竹”で〆てみようかな~

hachikuyuko09.jpg


麺屋優光 銀座店
中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル1号館 1階

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2022/03/14 23:00] | ラーメン | コメント(0) | page top
銀座「共楽」ワンタンメン
kyouraku01.jpg

銀座で久しぶりに「共楽」

kyouraku02.jpg

おいしい飲食店が多い銀座、かつてラーメンは他に比べてイマイチ弱かった
(変わったのは2010年に「朧月」「銀笹」がオープンした頃だと思う)
そんな時代から、そして今でも銀座で人気のあるラーメンと言えば「共楽」

私も訪れたことはあったけど、アップはしていない…

kyouraku03.jpg

まだ使い慣れていなかったデジカメ、それなりに撮れたのがほとんどなかった…

ビルの建て替えで3年間休業し、2019年に営業再開

kyouraku04.jpg

袖看板は変わったけど暖簾は変わっていないみたい

L字型のカウンターとテーブル席

kyouraku05.jpg

ワンタンメン(1,000円)

kyouraku06.jpg

昔ながらのあっさり…ではなく、意外とスープは濃厚で複雑な味

kyouraku07.jpg

出汁は煮干しと豚かな?醤油ダレもしっかり主張

再開後は自家製麺に変えたらしい

kyouraku08.jpg

前のを覚えていないので違いはわからないけど麺もおいしい

ワンタンは肉の餡たっぷり

kyouraku09.jpg

“竹の子”と呼ばれるメンマも人気で追加する人も多い

kyouraku10.jpg

トッピングに生卵もあり、追加すれば“月見ワンタンメン”になる…

kyouraku11.jpg

昭和三十一年(1956年)創業ということは今年で66年

kyouraku12.jpg


中華そば 共楽
中央区銀座2-10-12

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2022/01/28 23:00] | ラーメン | コメント(0) | page top
銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(白醤油) と半鯛飯
ginzasashiroshoyu01.jpg

菜の花が咲いている浜離宮恩賜庭園のお花畑

梅の花も咲いています。

ginzasashiroshoyu02.jpg

銀座だけどそんな浜離宮にも近い「麺処 銀笹」

ginzasashiroshoyu03.jpg

十年前まではラーメン不毛地帯だと私が思っていた銀座が変わるきっかけとなったお店
(人によっては「朧月」がそうと思っているでしょうけど私はあまり縁がなかった)

ginzasashiroshoyu04.jpg

ごぶさたしちゃったけど、おしぼりや薬味は変わらず

ginzasashiroshoyu05.jpg

銀笹らーめん・白醤油(880円)

ginzasashiroshoyu06.jpg

具材は炙ったチャーシュー・鯛つみれ・メンマ・水菜・ねぎ・糸唐辛子

昆布・鰹節・煮干などでとった出汁に鶏ガラ・豚骨を合わせたスープ

ginzasashiroshoyu07.jpg

たまたまなのか変わったのか、ちょっと塩気が強くなったかな

中細の少し縮れた麺

ginzasashiroshoyu08.jpg

麺の量は150g

銀笹と言えばの鯛つみれ

ginzasashiroshoyu09.jpg

海老や蓮根(季節によっては筍)なども入った鯛つみれ

半鯛飯(220円)

ginzasashiroshoyu10.jpg

ラーメン屋さんでのお茶漬けスタイルも銀笹から始まったと思います。

この近くの鯛茶漬けでも有名な和食店で働いた経験のある店主、
ただ残ったスープをかけたらおいしそうというのではなく
最初からお茶漬けを意識しているのは鯛めしや丼の形状からも明らか

ginzasashiroshoyu11.jpg

薬味はお茶漬け用に温存

ginzasashiroshoyu12.jpg

相変わらずの人気だけど、人も増えて回転が早くなった気がします。

ginzasashiroshoyu13.jpg

「銀笹」から浜離宮へ向かうと途中で見える合流する環状二号線の暫定開通区間

ginzasashiroshoyu14.jpg

豊洲からのの上り線の終点

遅蒔きの種もあるので三月も楽しめる浜離宮の菜の花

ginzasashiroshoyu15.jpg


■過去記事
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(塩) と半鯛飯
≫ 銀座「麺処 銀笹」焦がし味噌ポタ
≫ 銀座「麺処 銀笹」白醤油らーめんと半鯛飯(昼)
≫ 銀座「麺処 銀笹」塩らーめんと半鯛飯(昼)
≫ 銀座「麺処 銀笹」おつまみと塩らーめん
≫ 銀座「麺処 銀笹」白醤油らーめん(昼)
≫ 銀座「麺処 銀笹」の銀笹らーめんなどなど
≫ 銀座「麺処 銀笹」の鯛飯
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(白醤油)
≫ 銀座「麺処 銀笹」おつまみ3品
≫ 銀座「麺処 銀笹」銀笹らーめん(塩)
≫ 銀座「麺処 銀笹」新店オープン

麺処 銀笹
中央区銀座8-15-2 藤ビル1F

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2019/02/25 23:00] | ラーメン | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>