上海「Home's 私房菜」
JALPAKのツアーAVA(アヴァ)第一弾のお店は、上海家庭料理のお店「Home's (私房菜)」



「私房菜」というのは、香港で流行している隠れ家的プライベート・レストランとのこと。
マンションなどの一室をリニューアルした、こぢんまりしたレストランが増えているそうです。
ここは普通の店舗ですが、そういう隠れ家レストラン風の料理をコンセプトにしているのかな。



乾杯の後、まずは前菜。

馬蘭頭(マーラントウ)と干豆腐のようなものを和えた前菜



こういう見たことのない料理が出てくると 道をゆく方ひるどきな方 は色めき立ちます。
“マーラントウ”。。。何回も料理名をガイドさんに訊きますが、なかなか頭に入りません。
春菊のようなほろ苦さが胡麻油と合ってなかなかおいしく、かつ、印象に残る料理でした。

水晶豚のゼリー寄せもおいしい。



冷たいスープに浸された枝豆とよくわからないものは変わった味




上海風スペアリブと棗(ナツメ)で餅を包んだものは、甘めの味付けだけどおいしい。

旅行は異文化コミュニケーション。1本目はガイドさんが注文してくれましたが、次は自分で!



『中国簡単会話本』を取り出してビールを頼みます。Déjà vu?ここは大井町



「チン ゲイ ウォ ビン ピージュウ」(冷たいビールをください)

通じたようです ヽ( ´ー`)ノ

しかし、続けて小姐(シャオジエ)が「*☆×#◎■?」と!ひ~~、何にもわかりませーん!
人差し指を立てて首をかしげています。“一本でいいですか?”ということのようです。。。ホッ



青島(チンタオ)ビールですが、日本で見るものとは違いますね。

ところで言い忘れてました。まだ前菜が終わっただけなんですよヾ(^o^;)

前菜が終わったと思ったらいきなり本日のメイン・ディッシュ!

なにかなぁ?



私房紅焼肉(特製豚の角煮)



黒酢を使った甘辛酸っぱい味、日本の角煮とは違ったおいしさ。

料理が多いから駆け足で。。。ビール入りの焼き蝦と魚の醤油煮




蟹と豆腐の煮込みと牛肉と玉葱の炒め物

やっぱり中華料理には老酒でしょ!



辣子鶏(鶏肉と唐辛子の揚げ物)



すごい唐辛子の量!辛いからやめておきたいだけど、おいしいから手が出てしまいます。

潮州風味魚のすり身入り揚げ麩と中国枝豆と金華ハムの炒め




Home's炒飯と青菜炒め

酸辣湯(スーラータン)はもともと好きでないので、温かいデザートをいただきます。



甘めの料理も多いのにデザートはなぜか甘くない(笑)

最後には季節のフルーツ。



現地でしか食べられないような食材や料理が多くて楽しくておいしいお店です。
ウェイトレスさんは一見、みんな愛想がなさそうだけど実は親切なのも印象的。

こちらは通常のツアーで提供されるものと同じ料理だそうです。
好みで個人の評価が分かれるところはあるけど、どれも良い料理だと思います。
とても満足できた、来た甲斐のあるお店でしたヽ( ´ー`)ノ



料理の名前、正確な名称は一部で、私がメモを参考に付けたものが多いことはご容赦ください。
う~ん、これは記事が先行すると大変だから、誰かがアップするのを待とうかな(笑)


Home's 私房菜
上海市巨鹿路791号(富民路口)

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/10/31 23:30] | 上海 | page top
上海「上海新世界麗笙大酒店」のVita Spa
いよいよ上海です!



宿泊先は、上海新世界麗笙大酒店(Radisson Hotel Shanghai New World)



上海屈指の繁華街、南京東路のすぐ近く。目の前は人民公園です。

さて、夕食へ向かう集合時間までは自由です。私が向かった先は・・・



・・・ホテルの中にある「Vita Spa(“源”水療中心)」でマッサージ。



受付の小姐は英語が通じます。
コースの説明を聞いているところを、通りがかったJolie nanaさんに見つかってしまいました。

「いきなりマッサージ?。。。( ̄ロ ̄;) 」 「・・・はい(汗」

こんなところを通って・・・




・・・お茶を飲んでからフットバス。

足部反射神経按摩(280RMB・サ別/45min.)



マッサージしてくれた小姐の英語はカタコト。単語レベルでなんとか会話します。

280RMB+サービス料15%=322RMB≒5,120円

ホテル内はやはり安くないですね、日本と同程度の値段でしょう。
こちらの現地スタッフに訊くと、オプショナルツアーとして案内しているマッサージは、
ガイド/送迎付き+マッサージ(約1時間半)のコースで、240RMB~300RMBだそうです。

う~む、そっちにすればよかったかな。まぁ、何事も経験ということで。。。



上海新世界麗笙大酒店(Radisson Hotel Shanghai New World)
上海南京西路88号

ホテルの様子は
続きを読む

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/10/31 09:00] | 上海 | page top
行っチャイナ!食べチャイナ!☆中国ウマウマ食い倒れツアー☆



中国オフ会!

このたび縁あって、
『行っチャイナ!食べチャイナ!中国ウマウマ食い倒れツアー』に
参加してきましたー!


その記事はこちら

上海「上海新世界麗笙大酒店」のVita Spa 
上海「HOME'S 私房菜」 
上海「班波果賓鍋貼」の皮蛋痩肉粥
上海「南京路」でお買い物
上海「豫園&豫園商城」
上海「阿一鮑魚」の点心ランチ 
上海「新天地 Ven-Ice」のイタリアンヌードル
上海「唐韻茶坊 衡山路店」で芸茶体験
上海「小橋流水 精菜房」の上海蟹」
上海「New Heigts(ニューハイツ)」のボリンジャー
上海「上海雑技団・上海博物館・外灘・その他」
北京「四合軒」のランチ
北京「全聚徳 鴻坤店」の北京ダック・ディナー
北京「北京港澳中心瑞士酒店」の健身中心
北京「秀水街・瑠璃廠・天安門・その他」
北京「美味珍」の皇家佛跳牆五羊鮑翅套餐」
北京「北京空港休閑中心」の足底按摩と桔香普洱
中国オフ「機中(747-400)」のBloody Mary


今回の中国オフ会メンバーは、

今日のいっぴん』のabuyasuさん
『食い道をゆく』のヒロキエさん
くにろく東京食べある記』のくにさん
じぶん日記』の55aiaiさん
ひるどき日本ランチ日記』のtakapuさん
ナポリタン×ナポリタン』のeatnapoさん
My Secret Code』のJolie nanaさん
『バンド・オブ・トーキョー☆』のロレンス

それぞれ異なる切り口での記事、是非ご覧になってください。



私、中国本土は初めての訪問です。香港は返還前に訪れたことがある程度。
全くの初心者ですのでトンチンカンなこともあるかもしれません。
パック形式の旅行は・・・記憶にありません。修学旅行とか社員旅行くらいかな。
中国語はまったくわかりません。英語はブランク長いけど多少できます。
このあたりも旅行の参考になるかもしれませんので書いておきますね。

店名や地名に日本にはない漢字がありますので、日本の漢字で代用しております。



よろしくお願いします!

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

[2007/10/31 08:59] | 中国 | page top
銀座「蘭州」の牡蠣そば
※追記:2020年9月19日をもって閉店しました。

どどんと蘭州ですっ!ヽ( ´ー`)ノ



今夜こんなことしている場合か?
じゃあ蘭州といえば市場通りチーム!そのパクリで乗り切ろう!

ワタクシの食べた物はもちろん!昨シーズンの訪問時、売り切れで食べ損ねた
牡蠣そば(1,210円)




デカイ!
大きな 洗面器 お皿になみなみ入ってて、完食できるかとっても不安。。。

他の方に出されるものを見ても、ボリュームは満点以上ですね
向こうに見えている麻婆ナス定食は異国(中国?)の乙女のもの。一人はおかず完食で
ごはんはほとんど手付かず、もうひとりはおかずとごはんを少しずつ残していました。。。



お味は、中華料理屋さんの五目そばを濃厚にしたカンジ。
具だくさん!プリプリの牡蠣はもちろんのこと、玉子、豚肉も入っています。
野菜も白菜、キャベツ、にんじん、ねぎ、きくらげなど意外とヘルシーかも。

なかなかおいしいですよヾ(^o^;)
中身(具と麺)は食べ切りました。

ただ惜しむらくはアトムの力が多い。
これだけ味が濃いのだから減らしても問題ないと思うんですけど・・・




ランチも2階も数年ぶり。12:10には満席になっていましたよヾ(^o^;)
それも6人テーブルには3人組+2人組+おひとり様の相席状態
このボリュームと格闘している時にギチギチの相席はちょっとツライ

ボリューム的には本日の麺定食?というのが一番無難に見えました。



蘭州
中央区銀座6-16-6

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2007/10/30 23:00] | 中国料理・中華料理 | page top
中国オフ会!
銀座「ボルドー」で打ち合わせ』の続き・・・



《 いつもこのブログを見に来ていただいている方へ 》

こちらの方からの超弩級オフ会のお誘いとは、

中国オフ会!



なんとなんと!しかし、面白そうではあります。それに私、中国には潜入したことがありません。
だけど、仕事を休まなければならないし、チャイナシンドロームが起きたら帰国できないし(笑)、
チャイニーズシンドロームに侵されている中華料理屋ばかりだったら記事を書けないし・・・

それとブロガーとしてここで悩んでいた理由のひとつは(ありがたいことなのですが)、
こちらの方がどこでどう交渉したのかスポンサーがついていること。(明日になるとわかります)

のほほーんブロガーにも、それなりの矜持はあります。

このブログでは、もう行く気のないお店は(今のところ)記事にしていません。
おいしくないモノはおいしいとは書いていません。
マスメディアと違って利害やしがらみのない感想がブログの良いところ。

そのことについて事務局に問うと、

「いつものタッチで書いてくれて構わないです」

それなら行くかー



それにしても・・・
お膳立てしてくれたのに仕事の都合で行けなくなったGingerさん、なんと言っていいやら。。。
続きを読む

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

[2007/10/30 20:30] | 中国 | page top
| ホーム | 次のページ>>