大森「布恒更科」年越し蕎麦は鴨汁
kamojirutoshi01.jpg

たぶん、この時期はてんてこ舞いの忙しさ「布恒更科」

kamojirutoshi02.jpg

“たぶん”と書いたのは、実は年末に入ったことはないから
年越し蕎麦の予約もあるし、特に大晦日は入店待ちの行列

鴨汁(2,220円)

kamojirutoshi03.jpg

今年の年越し蕎麦は鴨汁~

kamojirutoshi04.jpg

たっぷりの鴨肉と葱が入ったつけ汁

kamojirutoshi05.jpg

そういえば今年は酉年でした。

kamojirutoshi06.jpg

30日は15時まで営業、31日はそばがなくなり次第終了
新年は1月6日より営業

kamojirutoshi07.jpg

今年も一年間ありがとうございました。
みなさま良い年をお迎えください。
それでは、また来年(^-^)ノ~~

kamojirutoshi08.jpg


■過去記事
≫ 大森「布恒更科」今年も鴨南はじまりましたー
≫ 大森「布恒更科」更科そばがき
≫ 大森「布恒更科」ぎんぽ天&笹切りそば
≫ 大森「布恒更科」じゅん菜そば&煮穴子
≫ 大森「布恒更科」ごぼう天ぷらそば
≫ 大森「布恒更科」ごぼう汁&鴨
≫ 大森「布恒更科」御前更科蕎麦
≫ 大森「布恒更科」鴨くわ焼き&ゆず切りそば
≫ 大森「布恒更科」の柳川鴨&月見そば
≫ 大森「布恒更科」車海老天もり&そば
≫ 大森「布恒更科」ぎんぽ天種と生粉打ち
≫ 大森「布恒更科」の鴨南
≫ 大森「布恒更科」鴨汁
≫ 大森「布恒更科」の荒挽き
≫ 大森「布恒更科」の鴨南ばん
≫ 大森「布恒更科」かきそば
≫ 大森「布恒更科」三種盛り合わせと冷製じゅん菜そば
≫ 大森「布恒更科」焼き海苔と鴨南ばん
≫ 大森「布恒更科」冷製すだちかけそば
≫ 大森「布恒更科」花まきそば
≫ 大森「布恒更科」鴨南ばん
≫ 大森「布恒更科」紫蘇切りそば
≫ 大森「布恒更科」ぎんぽ天種と桜の葉切り
≫ 大森「布恒更科」の湯豆腐
≫ 大森「布恒更科」ごぼう汁
≫ 大森「布恒更科」玉子とじそば&カレー南蛮
≫ 大森「布恒更科」あられあられあられ
≫ 大森「布恒更科」猪口むし&鴨南ばん
≫ 大森「布恒更科」すだち切りそば
≫ 大森「布恒更科」冷製じゅんさいそば
≫ 大森「布恒更科」はぜ天もり
≫ 大森「布恒更科」かけそば
≫ 大森「布恒更科」の揚げあんかけ
≫ 大森「布恒更科」の雑煮鍋
≫ 大森「布恒更科」の伊予柑切り
≫ 大森「布恒更科」の鴨汁
≫ 大森「布恒更科」蕎麦前、その後
≫ 大森「布恒更科」のもりそば
≫ 大森「布恒更科」の桜海老切りそば
≫ 大森「布恒更科」の生粉打ちそば
≫ 大森「布恒更科」の鴨南蛮そば
≫ 大森「布恒更科」のそば
■関連記事
≫ 築地「築地 布恒更科」冷しすだちそば
≫ 浅草橋「手打そば 更里」もりそば
≫ 築地「布恒更科」のそば
≫ 銀座「きだ」のそば

布恒更科
品川区南大井3-18-8

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

[2017/12/29 23:00] | 大森)そば・蕎麦・うどん | コメント(4) | page top
2017年の振り返り
2017nenmatsu23.jpg

何か年末らしいことしたい・・・と考えて、
今年は“続きで読む”に追記する余裕がなかった時期もあったので、
大森界隈でオープンした新店を主体に振り返ることにしてみました。

もちろん全ては把握していないし、わかっている分だけでも全部だと長くなりそう・・・
ということで、行ったお店や気になったお店、以前あったお店を知っていたところなど


1月
「餃子とワイン屋」

2017nenmatsu02.jpg

第16大協ビルの地下に年明け早々オープン

食べ物は安いけど量が少なく激安という程ではないと思うけど、
飲み物はビール200円チューハイ180円などたしかに安い
ただ“ワイン屋”という名にしてはワインは弱い・・・

2017nenmatsu03.jpg

和とBAR「月の小路」
一部のネット情報では2月20日となっているけど、それはホテルのグランドオープン
「月の小路」は1月16日オープン
ホテルは昨年末から営業(プレオープン)

2月
「蘭免ん」

「中華居酒屋 森盛酒場」

2017nenmatsu04.jpg

以前は「満福」、その昔はアド街@大森第20位の「富貴楼」があった場所

「やよい軒 大森店」

3月
「海鮮居酒屋 魚アツ 大森店」

2017nenmatsu22.jpg

「牡蠣バル」があった場所

4月
鯖の塩焼き専門店「なのに。」

2017nenmatsu05.jpg

以前は「飲み処さな」、その前には「弟子屈ラーメン」があった場所

2017nenmatsu06.jpg

ネットには3月8日オープンという情報が散見されるが実際には延びて4月3日
3月8日は当初のオープン予定日、開店が遅れることは珍しくないので要確認

「丼ぶり屋 幸丼」

2017nenmatsu07.jpg

「つけめん 幸虎」からの業態変更

この頃ちょっとお休み

2017nenmatsu08.jpg

6月
「歓迎(ホアンヨン) 大森店」
「らーめん 惣五郎」があった場所

「Quatre × Quarts(カトル・カール)」
「木田屋」があった場所

7月
「東京シェル石魚」

2017nenmatsu09.jpg

「ラ・カルネ」があった場所

「いきなりステーキ 大森ララ店」

2017nenmatsu10.jpg

8月
「葡萄屋ギャラリー」

2017nenmatsu11.jpg

その理由や期間が記されずに“しばらく休業”というケースは、
今までの経験ではそのまま閉店となる確率が高い…
「葡萄屋」もその通りになってしまいました。

鷲神社脇にあった「Gallery FIRSTLIGHT」がそこへ移転しての「葡萄屋ギャラリー」
喫茶室とギャラリーがあるようです。

2017nenmatsu12.jpg

銀座インズの「葡萄屋 銀座店」は今まで通り営業

9月
「VECTOR BEER(ベクタービア) 大森店」
ここも9月1日オープン予定だったけど実際は9月2日開店
8月下旬にプレオープンして営業していたので気が付きにくい

「Kitchen Rockys(キッチン ロッキーズ)」
こちらも8月下旬プレオープン

「HAGARE(ハガレ) 大森店」

10月
「肉寿司 大森店」
パチンコの交換所があった場所

「龍記」

2017nenmatsu13.jpg

「てんちゃん食堂」があった場所

「古寿茂 大森店」

2017nenmatsu14.jpg

その前は大森でもお店が入れ替わり定着しない場所のひとつ
「いだてん」になって落ち着いていただけに業態変更は意外だった

11月
「インド タイカレーレストラン マサラ 大森店」

2017nenmatsu15.jpg

「Donna Caffè」があったLuz大森3階
ベルポートにある“MASALA”とは関係なさそうです。

12月
「三宅料理店」

2017nenmatsu16.jpg

奇しくも今年の最初と最後は同じ第16大協ビル
続きを読む

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

[2017/12/28 23:00] | 大森 | コメント(0) | page top
大森「じんぺい」自家製からすみ
jinpeikarasumi01.jpg

南大井にある「じんぺい」

生ビール(680円/税別、以下同じ)

jinpeikarasumi02.jpg

お通しは木耳

jinpeikarasumi03.jpg

図らずもミシュランガイドに掲載された「じんぺい」
そんなことで「麦苗」で見せてもらったら、写真ナシ

生牡蠣(500円)

jinpeikarasumi04.jpg

陸前高田産の牡蠣。産地や値段はその時々で異なります。

蒸し牡蠣(500円)

jinpeikarasumi05.jpg

加熱されて旨味活性

じんぺい(600円)

jinpeikarasumi06.jpg

鶴岡市の渡會本店

せこ蟹(1,600円)

jinpeikarasumi07.jpg

この時は兵庫県産、地域によって呼び名が異なるズワイガニの雌

漁が解禁となるのは約二ヶ月間

jinpeikarasumi08.jpg

そろそろ終わりになるセコガニの季節

楯野川(800円)

jinpeikarasumi09.jpg

酒田市の楯の川酒造

からすみ(1,500円)

jinpeikarasumi10.jpg

ブランデーで仕込んだ自家製カラスミ
今までは“生からすみ”などウェットな方向だったけど今回はいいカンジ

jinpeikarasumi11.jpg

一時期、大森で和食店や寿司店以外でもカラスミを出すお店が増えたのは、
「じんぺい」が教えたのもあって流行ったから

俵雪(800円)

jinpeikarasumi12.jpg

鶴岡市の羽根田酒造

牡蠣ピラフ(1,600円)

jinpeikarasumi13.jpg

この時季には間違いないおいしさ

なのに真面目にアップしていなかったかも(汗

jinpeikarasumi14.jpg

三が日も営業する「じんぺい」
予約は15:00~18:00か19:00~22:00の二部構成

jinpeikarasumi15.jpg


■過去記事
≫ 大森「じんぺい」せこ蟹、はじまりました~
≫ 大森「じんぺい」せこがに
≫ 大森「じんぺい」新子と天然あゆ塩焼き
≫ 大森「じんぺい」八角の塩焼き&ときしらず塩焼き
≫ 大森「じんぺい」今年も せこがに はじめましたー
≫ 大森「じんぺい」新子&ゼブラナスのグラタン
≫ 大森「じんぺい」セコガニはじめましたー
≫ 大森「じんぺい」晩夏から秋へ、いくらの出汁漬けなど
≫ 大森「じんぺい」フジツボと夏の味覚
≫ 大森「じんぺい」の新子と初夏のメニュー
≫ 大森「じんぺい」改装工事完了と初夏の味覚
≫ 大森「じんぺい」福興◎福島 大森弾丸ツアー2013
≫ 大森「じんぺい」春の味覚と磐城壽
≫ 大森「じんぺい」冬の味覚カキピなどなど
≫ 大森「じんぺい」秋の味覚せこがになどなど
≫ 大森「じんぺい」くじらの刺身&庄内風芋煮
≫ 大森「じんぺい」いくらの出汁漬け&一周年
≫ 大森「じんぺい」のどぐろの塩焼き&父ちゃんのとろろ飯
≫ 大森「じんぺい」福興◎福島 大森弾丸ツアー2012
≫ 大森「じんぺい」春のお造り盛り合わせと磐城壽
≫ 大森「じんぺい」タカベの塩焼きと穴子の干物
≫ 大森「じんぺい」新鮮生野菜の胡麻バーニャカウダと庄内のお酒

じんぺい
品川区南大井3-19-2 コスモハイツ大森102

テーマ:魚介類 - ジャンル:グルメ

[2017/12/25 23:00] | 大森)大衆割烹・和食系居酒屋 | コメント(4) | page top
銀座「鳥半」フルコース
※追記:2018年10月31日をもって閉店しました。

datedoritorihan01.jpg

ソニー通りもクリスマスモード

そんなソニー通りとみゆき通りが交わる近くの路地裏にある「鳥半」

datedoritorihan02.jpg

ここは銀座の中でもかなり長く、新入社員時代から来ているお店
それだけ長く続いているお店でもあるということ(開業から42年とのこと)
ただ、3年に2回くらいのペースなので、細く長くで常連ではない

予約は受けていなく、メニューは“鳥半のフルコース”一本(多少のオプションあり)

datedoritorihan03.jpg

なので来たら荷物を棚に置いて着席し、飲み物を注文するだけ

サッポロ黒ラベル中瓶(600円/税別、以下同じ)

datedoritorihan04.jpg

銀座らしくサッポロ、キリンラガーもあり

鳥半のフルコース(3,500円)

サラダ

datedoritorihan05.jpg

東京の焼鳥屋さんらしく大根メインのサラダ

つくね(たれ焼き)

datedoritorihan06.jpg

うずらの卵(塩焼き)

datedoritorihan07.jpg

砂ぎも(塩焼き)

datedoritorihan08.jpg

正肉(たれ焼き)

datedoritorihan09.jpg

ずっと変わらないのであまり書くことがない鳥半(汗
今回は大きな変化があって一昨年から伊達鶏(福島県の銘柄鶏)使用

鳥わさ

datedoritorihan10.jpg

こうなると日本酒ですね~

私の中では「鳥半」に来たら枡酒、花の露(500円)

datedoritorihan11.jpg

満席でスペースがなく今回は良い構図で撮れず・・・

野菜焼き

datedoritorihan12.jpg

通常は椎茸

相がも(塩焼き)

datedoritorihan13.jpg

ささみ(味噌焼き)

datedoritorihan14.jpg

赤味噌を薄くまぶして焼いたささみ

冷し玉子

datedoritorihan15.jpg

冷した温泉玉子

手羽先(塩焼き)

datedoritorihan16.jpg

かわ(塩焼き)

datedoritorihan17.jpg

レバー(たれ焼き)

datedoritorihan18.jpg

ぎんなん(塩焼き)

datedoritorihan19.jpg

とりスープ

datedoritorihan20.jpg

コース終了をもってオーダーストップ

datedoritorihan21.jpg

なぜかこの時期になると思い出すことが多い「鳥半」
混雑するので次回は来年の早い時期に来たいなぁ

datedoritorihan22.jpg


■過去記事
≫ 銀座「やきとり 鳥半」のフルコース
≫ 銀座「鳥半」鳥半のフルコース
≫ 銀座「やきとり 鳥半」鳥半のフルコース
≫ 銀座「鳥半」のフルコース

やきとり 鳥半
中央区銀座6-6

テーマ:焼鳥 - ジャンル:グルメ

[2017/12/23 23:00] | 焼鳥・鶏料理 | コメント(0) | page top
田町「威南記海南鶏飯」ローストチキンライス
hontenweenam01.jpg

ニッポンのクリスマスはチキン

シンガポールではどうなのかな?

威南記海南鶏飯(Wee Nam Kee Chicken Rice) 日本本店

hontenweenam02.jpg

田町のオフィスビルの敷地にある日本進出一号店
その後、銀座と中野に出店したシンガポールチキンライスが有名なお店

hontenweenam03.jpg

ローストチキンライス(1,100円)

hontenweenam04.jpg

平日ランチタイムは割安な価格

スープ

hontenweenam05.jpg

チキンスープで炊いたライス

hontenweenam06.jpg

ローストチキン

hontenweenam07.jpg

冷めているのではなく冷ましてあるチキン、そして骨付きなので注意(笑)

卓上にはチリソース、ダークソイソース、ジンジャーソース

hontenweenam08.jpg

おすすめの食べ方『お好みでライスにダークソイソースをたらり、たらりとかける』

hontenweenam09.jpg

でも、ライスにはかけない方が好み

小皿にチリソースとジンジャーソースを入れて混ぜ合わせておいて、
チキンをこれにつけて食べます。

hontenweenam10.jpg

屋外ヒーターが置いてあるテラス席もあり

hontenweenam11.jpg

暖かい季節に来たら少しリゾートな雰囲気かな?
そうしたらオフィス街の中で不思議なカンジかも

hontenweenam12.jpg


■関連記事
≫ 銀座「威南記海南鶏飯」スチームチキンライス
≫ 銀座「威南記海南鶏飯」新店オープン&ローストチキンライス

威南記海南鶏飯(Wee Nam Kee Chicken Rice) 日本本店
港区芝浦3-4-1 田町グランパーク1F

近隣情報は
続きを読む

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

[2017/12/22 23:00] | 三田・田町 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>