上海「阿一鮑魚酒家」の点心ランチ
ウマウマ食い倒れツアー第二弾は「阿一鮑魚酒家 (AH YAT ABALONE RESTAURANT)」





二日目のお昼は点心ランチです。

酥皮蛋塔(エッグタルト)と春巻。春巻はサクサクしておいしかったですよー




鮮蝦雲呑(海老ワンタン)と季節野菜の炒め。日本で見る豆苗とはちょっと違うようですね。

なんとかの一つ覚えで「チン ゲイ ウォ ビン ピー ジュウ」



この中国簡単会話本、なぜわざわざ「冷たいビールをください」と書いてあるのか?
現地のTさんに訊いたところ、

『実はビールを注文するときに、この「冷たい」の一言を言わないと、
 常温のビールが出てくる可能性が高いのです。レストランによっては、
 冷たいビールかどうかを聞かれるときもありますが、聞かないケースもあります。』

訊かれてもわかりませんが(笑)

『もともと中国では冷たい飲み物を飲む習慣があまりありません。
 中国人はビールでも常温で飲む人が多いようです。』

今考えるとネタとして1回くらい常温を出されてもよかったか(笑)

そして上海といえば、

どどんと南翔小籠包ですっ!ヽ( ´ー`)ノ



アツアツだけど、やっぱり小籠包は一口で食べなきゃね。でも熱い!
それにスープがなきゃ小籠包じゃないですよねヾ(^o^;)



小籠包はもともと上海市近郊の南翔という町(現在は上海市)が発祥だそうです。

湯餃(スープ餃子)。水餃子と称しているわけではないから私も暴れません。



湯餃・・・スープ餃子
水餃・・・水餃子
鍋貼・・・焼餃子

焼売(シュウマイ)もありました。

又焼包(中華チャーシュー饅頭)



甘辛く味付されたチャーシューがおいしい。

甜品(デザート)はタピオカ。



少し紫色がかっているのは紫芋。

後で知ったことですが、阿一鮑魚酒家は鮑・ふかひれ料理がウリのお店。
そういう先入観なく行ったこともあり、なかなかおいしい点心ランチでした。
特に春巻、南翔小籠包、チャーシュー饅頭がおいしかったですよヾ(^o^;)



阿一鮑魚酒家 黄浦店
上海市黄浦区福佑路8号埃力生国際ビル5F

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/06 22:00] | 上海 | page top
| ホーム |