銀座「ぎんざ三日月亭」のさんがら定食
追記:2008年6月19日をもって閉店しました。

房総半島に展開するホテル三日月グループのお店



この界隈では和食ランチの定番店




コストパフォーマンスの良いおたのしみ定食やサービスデーの丼もいいのですが、
この日は時間に余裕がある時しか注文できない房総なメニューを選択

予想どおり「20分ほどかかりますけど、よろしいですか?」と念を押されます。
もちろん「はい」と答えます。(今日みたいな日じゃないと注文できないからね)

「では、先に用意させていただきます」と小鍋をセット。



そして予告どおり、20分ほどできました。

さんがら定食(1,200円)



さんがら焼きとは鯵を中心とした青魚をたたき、
玉ねぎ・生姜・しそ・味噌などと合わせて焼いたもの。
房総地方の料理だそうです。

茶碗蒸しもおいしいです。中には、海老、鶏肉、銀杏、三つ葉、しいたけ。




つみれ小鍋もできてきました。つみれは鰯(イワシ)



豆乳かコーヒーがつきます。



メニューは1,000円のおたのしみ定食など、いろいろあります。
この日のおたのしみ定食は、あら煮とまぐろぶつの定食でした。



ゆったりと落ち着いた空間と旅館らしい接客が居心地のよいお店です。


■過去記事
≫ 銀座「ぎんざ三日月亭」の鉄火丼

ぎんざ 三日月亭
中央区銀座8-10-10 8丁目10番ビル

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

[2008/01/15 23:00] | 和食・割烹 | page top
| ホーム |