田園調布本町「食堂廣田」のカキタベナイト
東急池上線。品川区と大田区しか通らない、これぞ城南電車



そんな池上線の雪が谷大塚駅を出て、中原街道を南下すると・・・



・・・カキタベナイト!の会場、食堂「廣田」


 この日のメンバー(春は築地の順)
 『ひるどき日本ランチ日記』のtakapuさん
 『ゴージャスカレー姉妹』の華麗叫子さん
 『東京のむのむ』ののむのむさん、てくてくさん  
 『Tokyo Diary』のromyさん 
 『馳走に屋号に意匠あり』のまさぴ。さん 
 『色々だらだら』の魯さん
 ちはやまことさん
 『春は築地で朝ごはん』のつきじろうさん
 ロレンス

メニューはカキタベナイト用に委員長が
予約したこの日限りのものだとか・・・

 


この会に誘ってくれたカキタベ委員長から事前に店内は暗い、
三脚を携帯するようにとの指令があり多くのメンバーは重装備。



私もミニ三脚を持参したものの、根が無精者なので使わずに一部ブレちゃいました(汗

まずは生牡蠣



クマモト、ペンコープ、ファニーベイの三種。ていうことは北米産かな。もっと欲しいぃ~
でも、フレッシュな生ガキのおいしさもいいけど、牡蠣は熱を加えると旨味を増す、
定説ではあるけどそれが今回の趣旨とのことで先に進みます。

牡蠣のグラタン



今度は大き目のカキが2個。隣のテーブルで“グラタン”の定義について論争が・・・結論は?笑

こちらの名物、カキフライ



何個入っているのでしょうかぁぁぁ!という写真にはまさぴ。さんの補助光源を借りました。



そしてワインぐびぐび

牡蠣と大根の炊き合わせ



炊き合わせといっても牡蠣はオーブンで焼いたとか。上手に焼いてますねぇ~
カキの旨味が凝縮されていて、この日最もおいしいと思った料理でした。

牡蠣のクリームソースがのったトリュフ入りミートソースのスパゲッティ



ミートソースといっても肉そのものではなく、コンソメで作ったようなソース

お店の方が説明してくれたのですがこの方とは別の理由で記憶が…(汗
もっと詳しく書くと予想される皆さんのレポを待ちましょう(笑)

コーヒーを飲みながらまったり



そしてtakapuさんから青森りんごのフリーズドライをおみやげにいただきました!



いろんな種類のりんごのミックスで、少しずつ味が違うのが楽しい。ありがとうございます!

takapuさん、みなさん、ありがとうございました。またよろしくお願いします!


田園調布 食堂廣田
大田区田園調布本町49-1 1F

テーマ:オイスター - ジャンル:グルメ

[2008/02/03 23:00] | 城南)その他飲食店 | page top
| ホーム |