「Cloverleaf Tarvern」のランチ


Caldwell一番の老舗 “Cloverleaf Tarvern”

ぉ天気の良い日にはテラス席が人気でした。



だけど、この Caldwell の街はもう秋なんです!



でも、大丈夫!店内でもガラス張りの天井から陽光が降り注ぎます。



そして、乙女系のランチメニューもあるのがここの良いところ
日本人の胃袋にはその乙女ボリュームでちょうどいいかも(笑)



それは“Pick two”と我々が呼んでいる“2 for $6.95”ランチメニュー
スープやサラダ、サンドイッチから好きなものを2つを選びます。

French Onion Soup はレギュラーメニュー



10月は寒い日が多かったので、こういう温まるものはうれしい



“Soup of the day” はロブスター・ビスクやクラムチャウダー



サンドイッチの一例は、½ Cloverleaf Reuben



ここのルーベン・サンドはパストラミとチーズやコールスローなどのライ麦パンサンドイッチ



½ Tuna Salad Melt もあります。



Open-Faced Hot Roast Beef



“Open-Faced” というよりも、ほとんど肉料理だと思うんですけど・・・おいしいからいいけどね(笑)



オープンサンドなんですよー、と主張しているかのようにパンがチラッと見えます(笑)

1933年(昭和八年)創業の老舗、雰囲気もあって料理もおいしくて、お気に入りのぉ店です。



■過去記事
≫ 「Cloverleaf Tarvern」のハンバーガー

Cloverleaf Tavern
395 Bloomfied Ave. Caldwell, NJ 07006

その他のランチ情報は
ちょっと物足りなさそうなときには “$1.50 SLIDERS” を追加できます。



これは Maine Lobster Salad のSlider(ミニ・バーガー)



ロブスター・サラダがたっぷり入っています。

½ ではない通常のサンドイッチもあります。サンドイッチにもピクルスとポテトチップが付きます。
Leaf Corned Beef with melted Swiss(ランチタイムは$7.95/税・チップ別)



“with melted Swiss” Swiss Cheeseといえばエメンタールのようなチーズのこと。



コーン・ビーフ(Corned Beef)には二つの意味があって難しいんです。
日本でも一般的な缶詰のコーンビーフと、調味料を加えた塩水に牛肉を漬けたもの。



Caldwell界隈は古い町、18世紀初頭に形成されたということは独立前ですね。



第22代&24代アメリカ合衆国大統領グロバー・クリーブランド
(Stephen Grover Cleveland)はCaldwell 生まれだそうです。




明日はHalloween!

テーマ:ニュージャージー州 - ジャンル:海外情報

[2009/10/30 23:00] | NJ | コメント(2) | page top
<<銀座「二葉鮨・ボルドー」 | ホーム | NYC「マディソン・スクエア・パーク」ホットアップルサイダー>>
コメント
>faites-meilleurさん
来ればいいのにぃ!
でも、正確にはNYではなくNJなんですよヾ(^o^;)
NYの方がカッコイイんだけどね(笑)
二ヶ月以上経過、復帰できるかなぁ・・・
[2009/11/02 13:57] URL | ロレンス #79D/WHSg [ 編集 ]
NYはもう秋ですねーーー!
ワタシがバトンタッチして行きたいくらいです♪
落ち葉がロレンスさんの心のように哀愁を・・・笑
頑張って下さいネ!
[2009/10/31 23:35] URL | faites-meilleur #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
| ホーム |