札幌「鮨なか」の酒肴(夏)
nakasummer01.jpg

八月に七周年を迎えた「鮨なか」

札幌市営地下鉄さっぽろ駅から8駅
澄川にあるカウンター8席のお寿司屋さん

nakasummer02.jpg

ずっと来たいと思っていて、ようやく来ることができましたー

店主と女将さんの二人で営む居心地の良いお店

nakasummer03.jpg

北海道らしい鮨ダネとオーソドックスなお鮨のバランスも良い。

蛸の頭(胴体)

nakasummer04.jpg

見栄えが悪いのでお店ではあまり使われない頭(胴体)
ゼラチン質でやわらかでおいしいんですよね。

「三井の寿 秋純吟 ポルチーニ」

nakasummer05.jpg

華やかな香り、福岡県のお酒

平目(ヒラメ)

nakasummer06.jpg

スルメイカ

nakasummer07.jpg

旬のスルメイカ。新鮮なのか程よい歯応え、糸づくりで食べやすい

北海道らしく薬味は山わさびと葱

nakasummer08.jpg

わさびをおろすようにホースラディッシュを摺る姿を見るのは北海道ならでは

「陸奥八仙」

nakasummer09.jpg

これは大森でも見掛ける青森県八戸市のお酒

網走のミゾガイ

nakasummer10.jpg

北寄貝と鳥貝の中間?どちらかというと上品な旨味があっておいしい

秋刀魚(サンマ)

nakasummer11.jpg

程よい脂と瑞々しさが刺身にするには丁度いい塩梅

握り鮨へ移行する前にもう一品をリクエスト

唐墨(カラスミ)

nakasummer12.jpg

この時期だからハードタイプかと思いきや意外にもしっとり

最初にお酒を頼んだとき「道内のお酒にしますか?」と訊かれて
「それにはこだわらない」と答えたけど、やっぱりひとつは飲みたい。

nakasummer13.jpg

「国士無双」北海道旭川市のお酒

ここの“ツマ”は、つま・けん・からみというオーソドックスな構成
つま=若布(ワカメ)、けん=大根、からみ=わさび

nakasummer14.jpg

握り鮨へ移行すると決めたら残ったツマを食べる私、
ここでは海苔で巻いてくれるのも嬉しい。

そしておいしい糠漬け

nakasummer15.jpg

糠床も八年目に突入~


■過去記事
≫ 札幌「鮨なか」の握り鮨(春)
≫ 札幌「鮨なか」の酒肴(春)
≫ 札幌「鮨なか」の握り鮨
≫ 札幌「鮨 なか」の酒肴など

鮨なか
札幌市南区澄川6条3-5-21

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2014/09/05 23:00] | 北海道 | コメント(0) | page top
<<札幌「鮨なか」の握り鮨(夏) | ホーム | 銀座「むぎとオリーブ」濃厚卵のまぜSOBA>>
コメント
コメントの投稿
| ホーム |